虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月27日・101戦目 ●オリックス(近鉄バファローズ)1-3千葉ロッテ○(京セラドーム大阪)

ロ|200 010 000 3
オ|000 100 000 1
ロ|H:8 E:0
オ|H:10 E:1

【勝利投手】渡辺俊 6勝 6敗 0S
【セーブ】薮田 1勝 2敗 25S
【敗戦投手】寺原 10勝 7敗 0S

◆バッテリー
ロ:○渡辺俊、伊藤、カルロス・ロサ、S薮田=田中雅
オ:●寺原=伊藤

◆本塁打
ロ:なし
オ:バルディリス10号ソロ(4回・渡辺俊)

◆戦評
終盤に手痛いミスから失点を重ねてバファローズとのカード初戦を落としたマリーンズ。今日はバースデー登板となった渡辺俊を先発に送ります。

初回、バファローズの先発・寺原に対し2番・早坂が左翼手の前に落とす安打で出塁すると、盗塁と悪送球の間に3塁へ進みます。すると3番・井口が右前適時打を放ち、1点を先制。さらに4番・カスティーヨが安打で続き1死1,3塁とし、5番・今江が中犠飛をはじき返し、2対0と寺原の立ち上がりを攻め立てます。

ところがその裏、渡辺俊は2本の安打で2死1,3塁とピンチを背負います。さらにバルディリスに四球を与えて満塁となり、李スンヨプに鋭い当たりを打ち返されますが、中堅手・岡田が駆け寄って捕球。無失点で切り抜けます。

2回以降も走者を出しながらも無失点に抑え込んできた渡辺俊でしたが、4回、先頭のバルディリスに甘く浮いた球を左翼席に運ばれる10号ソロ本塁打を放たれ、2対1と点差を詰められてしまいます。

しかし、直後の5回表。先頭の1番・岡田が内野安打で出塁して犠打で2塁に進むと、井口が右翼線際に落とす技ありの適時打。「点を取られた直後に取り返すことができたのがうれしい。チャンスを作ってくれた前のバッターに感謝だね」と語る一打で3対1とリードを広げます。

渡辺俊は6回まで毎回安打を放たれながらも粘りの投球で踏ん張り、後を救援陣に託します。7回は2番手・伊藤が、8回は3番手・カルロス・ロサがそれぞれ安打を放たれますが、生還は許しません。

9回まで完投した寺原の前にダメ押し点こそ奪えませんでしたが、最終回を任された守護神・薮田が3者凡退で反撃を封じ込んで試合終了。連敗ストップの瞬間を迎えました。

6回まで110球、被安打7、奪三振2、与四死球2、失点1の投球内容で「雅彦(田中)とのバッテリーも久しぶりだったので、二人で話しながらいいモノを出せた」と好投を振り返った渡辺俊は7月30日以来となる6勝目。チームは寺原から奪い取った3得点と、盤石の投手リレーで、素晴らしい誕生日プレゼントを贈りました。

これで4位に再浮上。上位進出に向け、明日も連勝して球団創設4,000勝に王手をかけましょう!!

◆戦評
スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 09:51:18|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月27日・98戦目 阪神-東京ヤクルト 雨天中止 (甲子園球場) | ホーム | 8月26日・97戦目 ○阪神9-4東京ヤクルト●(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/600-c506c244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。