虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月24日・98戦目 ○福岡ソフトバンク6-0千葉ロッテ●(福岡Yahoo!Japanドーム)

ロ|000 000 000 0
ソ|060 000 00X 6
ロ|H:9 E:1
ソ|H:9 E:1

【勝利投手】和田 11勝 4敗 0S
【敗戦投手】大谷 3勝 7敗 0S

◆バッテリー
ロ:●大谷、木村、山本徹=里崎
ソ:○和田、金澤、ブラゾバン=細川

◆本塁打
ロ:なし
ソ:松田19号ソロ(2回・大谷)、松中11号3ラン(2回・大谷)

◆戦評
敵地6連戦の初戦を取りこぼし、勢いを盛り返すためには勝ちたいホークスとの一戦でしたが、2回の大量失点が響き0対6。悔しい連敗を喫しました。

しかし劣勢を強いられる展開の中、木村と山本徹が試合終盤にそれぞれプロ初登板を飾り、ファンの大声援に応える投球を見せてくれました。

今日1軍登録されたばかりの木村は、6回を投げた先発・大谷に代わり、2番手として7回からマウンドへ。プロ3年目を迎えた期待の左腕が初めて1軍の舞台に上がります。木村は最初の打者・本多を左飛に打ち取ると、続く好打者・内川にはカウント1-2から外角への直球で見逃し三振に仕留め、プロ初奪三振。松中にはしぶとい当たりの安打を許しますが、続くカブレラは切れのあるチェンジアップでスイングを誘い、空振り三振に。球界屈指の破壊力を誇る相手の中軸に対し、1イニングを投げて2つの三振を奪う素晴らしい1軍デビューを飾りました。

また、8回には木村と同じく3年目でプロ初登板となる3番手・山本徹が1軍のマウンドへ。最初の打者・オーティズの打球は一塁手・カスティーヨの好守で打ち取ると、勢いに乗った山本徹は続く松田を低めの落ちる球で空振り三振に仕留め、こちらもプロ初奪三振を記録。長谷川も難なく打ち取って1回を3者凡退に抑え、最高の形でプロ初マウンドを終えました。

新戦力の2人が次々と結果を残す初登板を果たし、連敗となったチームを大いに刺激しました。明日は2人の活躍に乗って勢いを付け、悪い雰囲気を吹き飛ばすような快勝をしましょう。

◆私評
スポンサーサイト
  1. 2011/08/28(日) 09:35:28|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月24日・95戦目 ●巨人1-2阪神○(東京ドーム) | ホーム | 8月23日・94戦目 ○巨人5-2阪神●(東京ドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/594-67445c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。