虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月17日・94戦目・●千葉ロッテ0-9北海道日本ハム○(QVCマリンフィールド)

日|010 006 200 9
ロ|000 000 000 0
日|H:15 E:1
ロ|H:4 E:0

【勝利投手】糸数 2勝 0敗 0S
【敗戦投手】大谷 3勝 6敗 0S

◆バッテリー
日:○糸数=鶴岡
ロ:●大谷、中郷、古谷、川越、吉見=里崎、的場

◆戦評
3連勝を懸けた今日の試合。試合前半は接戦となるも、中盤から相手の猛攻にあい0対9で敗戦を喫しました。

投手戦となった試合前半では捕手・里崎が大谷をしっかりリードし、試合を作りました。初回に1死2塁とされたバッテリー。ここで迎えた首位打者・糸井に対し、4球すべて直球を要求して空振り三振に仕留めると、続く中田にはカーブを3球投げさせ、カウントを1-2として追い込みます。ここで里崎は直球を要求し、相手のタイミングを外して空振り三振。相手の意表を突く好リードで先制を許しません。

里崎はリードだけでなく、守備でも大谷を援護。4回に小谷野の打ち上げた打球は後方へ。バックネットまで追い掛ける里崎は、打球がバックネットに触れる前にジャンピングキャッチ。粘投を続ける大谷をもり立てました。

また、大量リードを許す中でも、8月12日のイーグルス戦以来の登板となる4番手・川越がベテランらしい集中力を発揮して好救援。7回途中、2死2,3塁の場面で登板した川越は後続を打ち取ると、続く8回にもマウンドへ。この回から守備に就いた捕手・的場とバッテリーを組み、相手中軸に対峙します。不運な当たりの安打を1つ許すも、ベテランらしい打たせて取る投球でこの回を無失点。猛攻を続けていた相手打線の流れを止めました。

悔しい完封負けとなりましたが、カスティーヨが4試合ぶりの安打を放ち、復調の兆しを見せました。明るい材料を生かし、明日こそ勝って今カード勝ち越しを決めましょう。

◆私評
スポンサーサイト
  1. 2011/08/18(木) 13:03:45|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月17日・91戦目 ●阪神4-5広島○(京セラドーム大阪) | ホーム | 8月16日・90戦目 ●阪神1-3広島(京セラドーム大阪)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/584-90bd75ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。