虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月14日・92戦目 ●東北楽天3-4千葉ロッテ○(クリネックススタジアム宮城)

ロ|120 001 000 4
楽|010 010 010 3
ロ|H:9 E:0
楽|H:11 E:2

【勝利投手】小野 4勝 2敗 0S
【セーブ】薮田 1勝 2敗 23S
【敗戦投手】塩見 4勝 7敗 0S

◆バッテリー
ロ:○小野、古谷、伊藤、カルロス・ロサ、S薮田=里崎
楽:●塩見、山村、有銘、小山、片山、青山=嶋

◆本塁打
ロ:清田2号2ラン(2回・塩見)
楽:なし

◆戦評
昨夜は終盤に救援投手陣が打たれ悔しい3連敗。なんとか仙台で勝利をつかみたい一戦です。

イーグルスの先発・塩見と3ヶ月ぶりの対戦となった打線は初回、内野安打の1番・伊志嶺を2番・岡田が犠打で進めると、3番・井口が中前適時打を運んで1対0。2回には1死2塁から8番・清田が「初球から打てるボールが来たら積極的にいこうと思っていた」というその初球を左翼席へ放り込む、5月4日以来の2号2点本塁打で3対0とリードを広げます。

しかしその裏、マリーンズの先発・小野が2死1,3塁から嶋に中前適時打を放たれ3対1とされます。さらに2死満塁となった場面で松井稼が放った大飛球はあわやフェンスオーバーかという当たりでしたが、フェンス際まで下がった右翼手・清田が好捕。最少失点で食い止めます。

3回は3者凡退に封じるも、4回に3本の安打で1死満塁とされた小野。しかし、俊足の聖澤を併殺打に仕留める投球術で切り抜けます。5回には1死2塁から岩村に適時二塁打をはじき返され3対2と1点差に詰め寄られた小野でしたが、続く2死1,3塁の場面でガルシアを空振り三振。踏ん張りを見せます。

すると6回、2番手・山村に対し1死から6番・里崎が自身2009年以来となる三塁打を放つと、7番・福浦が3番手・有銘から中犠飛を放ち、4対2と点差を広げます。

6回裏からは継投策へ。2番手・古谷が1死1,2塁とされたところで3番手・伊藤が登場して後続を二ゴロ2本に仕留めると、続く7回は4番手・カルロス・ロサ。2死1塁からガルシアに痛烈な打球を放たれますが、三塁手・今江が反応良く好捕して反撃を断ちきります。

8回、続投となったカルロス・ロサが無死2,3塁とされ、守護神・薮田が登場。聖澤は三振に仕留めますが、松井稼に中犠飛を放たれ4対3と再び1点差に迫られます。

最終回に代打・工藤の二塁打などで生み出した無死2,3塁の得点機を逸し、迎えた9回裏。2イニング目となった薮田が気迫の投球で3者凡退に抑え、渾身のガッツポーズで試合を締めくくりました。

壮絶なブルペン勝負を制し、球団創設4,000勝まであと5勝となりました。16日からの本拠地6連戦で一気に達成しましょう!

◆私評
スポンサーサイト
  1. 2011/08/15(月) 07:55:01|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月14日・89戦目 ●東京ヤクルト7-8阪神○(神宮球場) | ホーム | 8月13日・88戦目 ○東京ヤクルト8-2阪神●(神宮球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/580-eb1c3b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。