虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月7日・86戦目 ●千葉ロッテ2-7オリックス○(QVCマリンフィールド)

オ|040 001 020 7
ロ|000 011 000 2
オ|H:10 E:1
ロ|H:6 E:3

【勝利投手】フィガロ 6勝 4敗 0S
【敗戦投手】小野 3勝 2敗 0S

◆バッテリー
オ:○フィガロ、比嘉、岸田=鈴木
ロ:●小野、服部、伊藤、中郷=里崎

◆本塁打
オ:なし
ロ:今江7号ソロ(6回・フィガロ)

◆戦評
6連戦最後の試合はビジターユニフォームを着て戦うブラックブラックナイト。しかし黒く染まったQVCマリンで白星を飾ることができず、2対7で敗戦を喫しました。

相手先発・フィガロの繰り出す150キロ超の速球をなかなか打ち返せなかった打線の中で、4番・カスティーヨが最後まで諦めない姿勢を打ち出します。

カスティーヨは4回裏の第2打席。直球を引っ掛けてボテボテのゴロとします。相手三塁手に拾われ1塁へ送球されますが、1塁へ気迫のヘッドスライディングを敢行しセーフ。3日ぶりの安打としました。

来日以来好調を維持し、19試合連続安打を記録していたカスティーヨは、一昨日の8月5日に記録がストップ。続く試合でも無安打に終わっており、本来の打撃をなかなか出せない中でこの闘志溢れるプレー。劣勢にあるチームを鼓舞しました。

カスティーヨは迎えた6回表の守備中、1塁へ駆け込んできた相手打者と交錯し、しばらくの間足を押さえながら倒れ込んでしまいます。守備が終わった後にもベンチで治療を受けますが、そのまま6回裏の打席へ。良い当たりは相手の好守備に阻まれるも、その後の守りでも1塁の守備に就き、戦う意欲を前面に出します。

8回には1死1,2塁の場面で打席へ。遊ゴロとなりますが、万全でない中で激走を見せて併殺を阻止。最後まで気迫溢れるプレーを続け、勝負を諦めない姿勢を打ち出しました。

明後日9日からの6連戦は福岡、仙台と全て敵地に乗り込んでの試合が続きます。今日カスティーヨが見せた気迫でチームの結束を固め、連戦を良い形で戦い抜いてQVCマリンに戻りましょう。

◆私評
正直、この3戦はチームの状態が悪いです。
オリックス戦は2敗1分けと一つも勝てず、折角札幌で作った日ハム戦での貯金を、吐き出す形となりました。

エラーが3つも出たら、そりゃ勝てませんよ。
それにフィガロを打てなければ、どうしようもないですね。
オリックス戦3戦の総得点が0点・1点・2点と、明らかに貧打が勝ちきれない主な原因でしょう。
金森コーチ、どうにかして下さいよ。

その中でアチャが試合中に負傷し、その中で懸命にプレーした代償が怖いです。
戦線離脱となれば、チームにとっては痛過ぎますんで。

チームは火曜日から福岡・仙台へ遠征しますが、共にマリーンズにとっては苦手にしてるチームです。
出来れば共に勝ち越して、この6連戦を終えて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/08/07(日) 22:29:20|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月7日・83戦目 ○阪神5-2東京ヤクルト●(京セラドーム大阪) | ホーム | 8月6日・82戦目 ○阪神6-1東京ヤクルト●(京セラドーム大阪)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/568-adb75aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。