虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大鹿村騒動記

今日、錦糸町にある楽天地シネマズにて映画「大鹿村騒動記」を鑑賞して来ました。

この映画を見るきっかけになった理由は、主演を務めた原田芳雄さんが今月亡くなった事により、遺作になってしまったから、1000円で見られる安さの鑑賞代だからです。
原田さんの演技は見ててシブいし、面白みもあるんです。
その原田さんの出てる映画は「奇跡」で見ましたが、いい味を出してたと思いますね。

この映画の舞台は長野県南信地区・伊那地方にある下伊那郡大鹿村。
この大鹿村を舞台にした、人情コメディ的作品が、大鹿村騒動記です。

この大鹿村では、江戸時代からおよそ300年近く続く伝統芸能・大鹿歌舞伎が行われます。
この主役を張って来たのが、原田さん演じる初老の食堂店主・風祭善。
彼はサングラスにテンガロンハットの無骨な男ですが、いざ舞台に立てば観客の視線を一身に集める花形役者です。
が、私生活では女房・貴子に逃げられ18年一人暮らしをしてた或る日、歌舞伎公演を5日後に控えた大鹿村に、駆け落ちした妻・貴子と幼なじみの治が帰って来てから、村に色んな騒動が起きます。

妻は認知症を患い夫の顔を忘れただけでなく、覚えてるのは夫相手に舞台で演じた台詞のみ。
そこへ、リニア新幹線誘致を巡って仲間が対立し、台風による暴風雨まで接近する中、善の心は乱れ「これじゃ歌舞伎なんてやれねぇ!」とキレた事から、果たして一度も途絶えた事のない歌舞伎の幕が無事開くのか…?

主演の原田さんを取り巻く役者陣には、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、石橋蓮司、でんでん、小野武彦、小倉一郎、加藤虎ノ介、冨浦智嗣、瑛太、三国連太郎など豪華キャストで固めます。
監督は「どついたるねん」「顔」「新・仁義なき戦い」「KT」「亡国のイージス」などの作品で知られる阪本順治。

原田さんの最後の演技をスクリーンで見届けながら、放映時間は短めでしたが、笑いの止まらない、中身の濃い作品でした。
特に善と治が貴子を巡っての三角関係がウケましたし、冨浦演じるアルバイトが訳ありで、絡んでくるのもウケました。

が、クライマックスの場面はしっかり締めてて、最後は見入るようにスクリーンを見てました。

実は原作をまだ読んでる途中ですけど、見て良かったです。

最後に、亡くなられた原田芳雄さんの御冥福を、心よりお祈り申し上げます。
原田さん、素晴らしい映画を見せて頂き、誠にありがとうございました。

http://ohshika-movie.com/
スポンサーサイト
  1. 2011/07/30(土) 23:38:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月30日・79戦目 ○千葉ロッテ6-2東北楽天●(QVCマリンフィールド) | ホーム | 7月29日・75戦目 △阪神4-4横浜△(9回規定により引き分け)(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/550-9b6ff683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。