虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月26日・75戦目 ○埼玉西武6-5千葉ロッテ●(西武ドーム)

ロ|002 100 002 5
西|000 006 00X 6
ロ|H:14 E:1
西|H:11 E:0

【勝利投手】松永 1勝 0敗 0S
【セーブ】牧田 2勝 4敗 5S
【敗戦投手】大谷 1勝 5敗 0S

◆バッテリー
ロ:●大谷、山本一、川越、吉見、中郷=里崎
西:涌井、○松永、木村、ミンチェ、S牧田=銀仁朗

◆戦評
今日は序盤でリードを奪うも、中盤に不運な内野安打から投手陣が崩れて逆転を許す展開。最終回に意地を見せて1点差まで追い上げますが、5対6と敗戦。惜しくも勝利には届きませんでした。

しかし序盤の主導権を握る立役者となったのは9番・遊撃手でスタメン出場した早坂でした。早坂は3回表に安打を放つと、それをきっかけにして好機を広げ、井口の先制打を呼び込みます。

さらに4回表には2死2塁から、リードを広げる技ありの中前適時打を放ちます。出塁した早坂は昨年5月29日以来、今季1軍復帰後初となる盗塁を決めると、続く暴投を見逃さず、果敢に3塁も陥れます。

そして6回表にも安打を打ち、昨年5月22日以来、こちらも今季1軍復帰後初となる猛打賞を記録。「久しぶりの遊撃手での出場、そして、復帰後初の盗塁。とにかく、野球ができている喜びを感じています」と話した早坂。打力だけでなく、持ち味の走力でもその非凡なるセンスをアピールし、完全復活を印象付けました。

また、逆転を許した展開の中で、5番手としてマウンドに上がった中郷が2回1/3を投げて奪三振3、無四球、無失点と好投。相手の猛攻を断ち切り、最終回に1点差まで追い上げる反撃への流れを作りました。

後半戦は連敗スタートとなりましたが、足を絡めた攻撃が良い形になりつつあります。不屈の精神を明日も発揮し、後半戦初白星を挙げましょう!

◆私評
大谷は本当にもってないです。
今日は3点の援護がありながら守りきれず、後続の中継ぎ陣崩壊も加わって、まさかの6失点で逆転負け。
後半戦は連敗しました。
最後は逆転を期待しましたが、結局追い付かない程度の反撃で終わり、残念です。

なお、明日の予告先発はマリーンズが小林敦、ライオンズが帆足和幸です。
連敗を絶対止めましょう。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/26(火) 22:34:16|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月26日・72戦目 ○阪神5-3中日●(甲子園球場) | ホーム | 7月25日・74戦目 ○埼玉西武4-2千葉ロッテ●(西武ドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/541-f9094770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。