虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月25日・74戦目 ○埼玉西武4-2千葉ロッテ●(西武ドーム)

ロ|000 020 000 2
西|100 010 02X 4
ロ|H:6 E:0
西|H:8 E:2

【勝利投手】ミンチェ 4勝 1敗 1S
【セーブ】牧田 2勝 4敗 4S
【敗戦投手】成瀬 6勝 8敗 0S

◆バッテリー
ロ:●成瀬=里崎
西:石井一、木村、○ミンチェ、S牧田=銀仁朗、星孝

◆本塁打
ロ:なし
西:中島11号2ラン(8回・成瀬)

◆戦評
オールスター明け、後半戦開幕となる今日のゲームは、5月5日以来となる西武ドームでの試合。ここで勝利すれば勝率が5割に戻る大事な勝負となりますが、先発・成瀬の完投も実らず、2対4と惜敗を喫しました。

敗れはしましたが、今日の試合で伊志嶺が活躍を見せました。7月17日に規定打席に到達するも、続くバファローズとのカードでは無安打が続いていた伊志嶺。先頭打者となる4回表、相手先発・石井一から4試合ぶりの安打を放つと、すかさず盗塁を敢行。これが相手捕手の悪送球を誘い、3塁へ進み好機を広げます。

さらに5回表。2死満塁から低めの球に食らい付いた打球は中前2点適時打となり、2対1と逆転に成功する一打を放ちました。

同点に追い付かれた終盤には、打線が相手の繰り出す救援陣を攻めあぐねていた中、持ち味の走力を発揮。8回表に3番手・ミンチェから放った当たりは投前のゴロとなるも、快足を飛ばす伊志嶺に焦った相手が1塁へ悪送球。これを見た伊志嶺は悠々と2塁へ進み、得点には結びつかなかったものの好機を演出しました。

最下位・ライオンズとの4連戦は黒星スタートとなりましたが、明日も機動力をいかんなく発揮し、まずは勝率5割復帰に向けて勝ち星を積み重ねていきましょう。

◆私評
この試合からマリーンズは後半戦へ入ります。
予告先発はマリーンズがエース・成瀬善久、ライオンズがベテラン左腕・石井一久でした。

成瀬は情けなかったですね。
味方の援護後に失点するし、終盤に入ってランナーを置いた後に一発病が再発するし…。
しっかりして欲しかったですよ。

しかも、ここまで僅か1つしか負けてなかった西武戦で、逆襲に遭いましたし…。

なお、明日の予告先発はマリーンズが大谷智久、ライオンズがエース・涌井秀章です。
大谷の登板試合は、相手が難敵の投手でしんどいですけど、なんとか頑張って欲しいです。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/26(火) 06:51:48|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月26日・75戦目 ○埼玉西武6-5千葉ロッテ●(西武ドーム) | ホーム | マツダオールスターゲーム2011第3戦 ○全パ・リーグ5-0全セ・リーグ●(クリネックススタジアム宮城)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/540-48c72c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。