虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月16日・68戦目 ●横浜2-10阪神○(横浜スタジアム)

神 314 000 020=10
横 000 100 100=2
[投手]
(阪神)
鄭-榎田-加藤-久保田
(横浜)
山本-小林太-藤江-大原慎-真田-篠原
[勝ち投手]
鄭 1勝
[負け投手]
山本 2勝 11敗
[本塁打]
(阪神)
鳥谷3号ツーラン
マートン7号ソロ
金本4号スリーラン

先発は今日共に一軍昇格したもの同士の対決で、タイガースが今季初先発となる鄭凱文、ベイスターズが阪神戦しか勝ち星のない現在8連敗中の山本省吾でした。

試合は序盤3イニングで決まりました。
初回は鳥谷の2ランホームランと、金本のタイムリーで3点を先制すると、2回はマートンのソロホームランで1点を追加し、春先攻略に手こずってた山本を、序盤2回でいとも簡単にKOすると、2番手に登板した小林太志にも襲い掛かり、金本の3ラン、マートンのタイムリー2塁打と4点を挙げ、序盤3イニングで8点と大量リードをしました。

大量点の援護を貰った鄭は、二軍で35イニング連続無失点記録継続中でしたが、一軍では4回裏に今季初失点。
更に7回、一死満塁で代打・中村紀洋の内野ゴロの間に1点を失うとここで降板し、後続の投手陣に、2年ぶりの白星を託します。

失点後の8回表、ベイスターズ5番手・真田から、この試合から4番に戻った新井と、ブラゼルの連続タイムリーでダメ押しの2点を入れ、最後は久保田が締め、連敗を2で止めての大勝でした。

今日は鄭凱文の2年ぶりの勝利に尽きます。
二軍で無失点記録継続中の絶好調さは一軍でも続いてました。
来日元年に初勝利を挙げましたが、昨年は一軍での登板が中継ぎだけと減り、先発は2年ぶり。
更にピッチングフォームをサイドスローに変え、ストレートとスライダーを織り交ぜて的を絞らせないピッチングで、初対戦となるベイスターズ打線を抑え込みました。
ただ、7回はピンチの最中でしたけど、イニングを完投して欲しかったですね。
しかもその後に登板したのが、大量リードなのに榎田でしたから、理解出来ませんでした。
僕なら川崎か、ベイスターズから戦力外通告を受けた後に拾った加藤に託しますし、回の途中で代える事はしません。
確かにベイスターズは得点力が高いのも分かりますが…。

この試合からオーダーを元に戻し、1番・マートン、2番・平野、4番・新井、そしてセカンドは関本という布陣になりましたが、このオーダーが打線を序盤から爆発させました。
金本は打って4打点と結果を出しましたが、前々から言ってるように1点を取りに行く野球もあれば、1点を与えない野球もあります。
金本は特に守備で不安ですし、タイガースの外野守備はワースト1くらい酷いです。
本来なら金本は代打に専念して、レフトは金本より守備の良い選手にして欲しいんですがね。
この秋のドラフトでは、守備の上手い強肩かつ俊足の選手を多めに取るか、投手や捕手としてくすぶってる選手を外野へコンバートするぐらいの構えを見せて欲しいです。
甲子園は広いんですから。

そんな中、僕は明日横浜スタジアムで初めてナイター観戦して来ます。
先発は恐らく、タイガースが能見篤史、ベイスターズが帰って来た阪神キラーの番長・三浦大輔でしょう。

僕は正直不安です。
1つ目は大勝の翌日は打線が湿っての負けに陥りやすい事。
2つ目は能見がなかなか打線の援護が貰えずに、終盤力尽きるケースの多い事。
3つ目は三浦のストレートが球速を元に戻した事ですね。
昨年観戦時(4月18日)は、MAXが140を超えた事がなく、軟投派へ転向したのかと思うくらいでしたが、今年は先週の対中日戦にて一軍復帰すると、ストレートの球速が140半ばまで戻ってたそうなので、余計警戒心を抱かざるをえないんです。

それに自身のハマスタ観戦成績は1勝4敗と分が悪く、1勝3敗1分けのマリン同様鬼門と化してるのもあります。

それは2年前に観戦3連敗したのもありますし、真弓はその頃からちっとも成長してないのもありますけど。(怒)
それに負け試合を見ると、ズルズルと連敗する傾向があり、2年前は観戦7連敗、昨年は観戦4連敗と、嫌なくらい負け試合を見せつけられたので、真弓に不信感を抱かざるをえません。

勿論、真弓には今季限りで辞めて欲しい思いに変わりはありません。
それは無能な首脳陣も同じ事。
フロントの操り人形は要らないですし、そんなフロントも要らないです。
球団経営権を他社へ譲渡して欲しいくらいです。(激怒)

長年の歴史は嘘つきませんから。
伝統なんかなく、ただ古いだけのチームと、野村克也さんに酷評される理由が分かります。

正直こんな思いですけど、勝ち試合しか見たくないので、精一杯応援頑張って来ます。

絶対勝つぞ!タイガース!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/17(日) 00:17:18|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊勢山皇大神宮 | ホーム | 7月16日・69戦目 △千葉ロッテ1-1福岡ソフトバンク△(延長10回規定により引き分け)(QVCマリンフィールド)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/522-b0e6369b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。