虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月14日・67戦目 ○千葉ロッテ2-1埼玉西武●(QVCマリンフィールド)

西|000 000 010 1
ロ|100 000 10X 2
西|H:4 E:0
ロ|H:5 E:2

【勝利投手】小林 1勝 2敗 0S
【セーブ】薮田 1勝 2敗 17S
【敗戦投手】帆足 4勝 4敗 0S

◆バッテリー
西:●帆足=銀仁朗、上本
ロ:○小林、カルロス・ロサ、S薮田=里崎

◆戦評
9連戦の頭を連勝と波に乗るマリーンズは、今季いまだ負け無しのオールドユニフォームを身にまとい試合に臨みます。

先発マウンドに上がったのは、ライオンズ戦初登板のルーキー・小林。初回をストライク先行の投球で3者凡退に抑える最高の立ち上がりを見せます。

リズムに乗った打線はその裏、ライオンズ先発・帆足から1番・岡田が四球で出塁すると、続く2番・伊志嶺の犠打で得点圏へ。そして2死から打席に入った4番・カスティーヨが左前に鋭い適時打を放ち1対0。「自分のバットで先制点を取ることができて良かった」という4番の一打で先制に成功します。

援護をもらった小林はその後も快調な投球を披露。3回には安打と犠打などで2死3塁とピンチを招きますが、原を渾身の直球で左飛に打ち取り、この場面を切り抜けます。小林はその後も低めに投球を集め、相手に反撃の糸口を与えません。

追加点の欲しい打線は6回、2死から井口が左翼フェンス直撃となる二塁打を放つと、続くカスティーヨも四球を選び2死1,2塁の好機を演出しますが、後続が倒れ追加点には結びつきません。

しかし迎えた7回の攻撃、2死から代打・南竜介が死球で出塁。続く9番・渡辺正の放った右前への安打が高く跳ね、右翼手の頭上を越えます。これが適時三塁打となり2対0と待望の追加点を奪います。

そして8回からは必勝リレーの一角、2番手・カルロス・ロサがマウンドへ。1死から連打で2,3塁の場面を招きますが、続く原の中前へと抜けるかと思われた打球を遊撃手・渡辺正がつかみ内野ゴロの間の1点のみに抑えます。

1点差のまま突入した9回は満を持して守護神・薮田が登板し、先頭を四球で出塁させるも、最後は後藤を三振に仕留め試合終了。7回を投げ投球数100、被安打2、奪三振3、与四球1、無失点の小林はうれしいプロ初勝利。チームも同一カード3連勝を飾り、QVCマリンでのライオンズ戦連勝も10に到達しました。

明日からはホームに首位・ホークスを迎えての3連戦。ホームの大声援を力に変えて相手を圧倒し、前回カードで2試合連続完封負けを喫した借りを返したいところです!

◆私評
このピンクユニ着用試合は5月に行われる予定でしたが、雨の為この日になりました。

今日はルーキー・小林敦の好投に尽きます。
過去二度の先発は共に日ハム・ダルビッシュとの投げ合いで、共に敗れはしましたが、その2敗は決して無駄じゃなかったですね。
7回を僅か2安打、それもフライアウトが11と、低めに球を集めた投球が功を奏しました。

一方打線はライオンズ先発・帆足から、初回カスティーヨの先制タイムリーで試合の主導権を握り、更にもってる渡辺正人のタイムリー三塁打で追加点を挙げたのが、結果的に大きかったです。
更に正人はタイムリーを阻止する守備で、8回のピンチを最小失点に留めた事も大きいですね。

そして言うまでもなくセンター・岡田の広い守備範囲。
これだけ守備でファンを魅了させられる逸材なのに、なぜオールスターに選出されなかったのか不満です。
来年は絶対オールスターに出てプレーして欲しいです。

明日のソフトバンク戦の予告先発はマリーンズが成瀬善久、ホークスが山田大樹です。
福岡では負け越したので、千葉では逆にやり返して欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/14(木) 23:13:09|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月14日・66戦目 ●阪神0-4巨人○(甲子園球場) | ホーム | 7月13日・65戦目 ○阪神2x-1巨人●(9回サヨナラ勝ち)(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/517-bfedf010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。