虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月6日・60戦目 ○千葉ロッテ1-0北海道日本ハム●(QVCマリンフィールド)

日|000 000 000 0
ロ|000 100 00X 1
日|H:5 E:0
ロ|H:7 E:0

【勝利投手】小野 2勝 0敗 0S
【セーブ】薮田 1勝 2敗 14S
【敗戦投手】吉川 0勝 2敗 0S

◆バッテリー
日:●吉川、増井=鶴岡
ロ:○小野、S薮田=里崎

◆戦評
昨日は新戦力・カスティーヨと岡田の気迫溢れるプレーで流れを引き寄せ、接戦を制したマリーンズ。今日も「和」の力で勝利をつかみ、カード勝ち越しを決めたいところです。

先発マウンドに上がったのは前回札幌ドームでファイターズに対して勝利を収めている小野。先頭打者を不運な安打で出塁させると犠打で得点圏に進まれますが、後続を抑え無失点で抑える上々の立ち上がりを披露します。

波に乗った小野はコーナーを突いた変幻自在の変化球で相手打線を翻弄。2回から4回まで安打を許しません。

すると4回裏、ファイターズ先発・吉川から2番・伊志嶺の四球、3番・井口の安打で好機を作ると、打席には昨日大活躍の4番・カスティーヨ。そのカスティーヨは気迫のヘッドスライディングで内野安打を勝ち取り、満塁の場面を作ります。続く福浦の打球が内野ゴロとなる間に3塁走者が生還。1対0と先制に成功します。

5回に2死から9番・渡辺正、今日誕生日の1番・岡田の連打で2死1,2塁の好機を演出するも、追加点ならず。しかし小野も圧巻の投球を続け、相手に付け入る隙を与えません。7回には、カスティーヨが連日の好守を見せ、遺憾なく発揮した「和」の力で試合を展開していきます。

1点差のまま突入した最終回は、この回から登板となった守護神・薮田が2死から安打を許しますが、後続を危なげなく抑え試合終了。8回を91球、被安打4、奪三振5、無四球、無失点の小野は、QVCマリンでは昨年4月11日以来となる先発での勝利をつかみました。

8回を無失点と完璧な投球を披露した小野、さらに重圧のかかる中での登板となった薮田、今季2試合目の先発出場で複数安打を放った渡辺正、カスティーヨの連日の好守など、スコア以上に見所あふれる試合展開で連勝をつかみ、勢いを加速させています。明日もこの調子で勝利をつかみ、同一カード3連勝を達成しましょう!

◆私評
昨日は乱打戦でしたが、この日は昨日と正反対の投手戦でした。
マリーンズ・小野、ファイターズ・吉川の両投手による投手戦を制したのは、マリーンズ・小野晋吾でした。

一週間前は札幌で久しぶりの勝ち投手でしたが、今回はマリンで久しぶりの勝ち投手。
ベテランならではの老獪なピッチングが光ります。
決勝点が内野ゴロの間による得点なのは、寂しいですけど、これもまた野球なんです。
勝ちは勝ちなので、勝利の味を噛み締めたいものです。

明日の予告先発はマリーンズがルーキーの小林敦、ファイターズがエースのダルビッシュ有です。
札幌での再対戦となりますけど、札幌の借りを千葉で返し、コバアツにプロ初勝利をマリンで挙げて頂きたいです。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/06(水) 23:07:46|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月6日・60戦目 ○中日5-3阪神●(ナゴヤドーム) | ホーム | 6月5日・59戦目 ○中日1x-0阪神●(9回サヨナラ負け)(ナゴヤドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/504-16cd73e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。