虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月3日・58戦目 ○東北楽天5-1千葉ロッテ●(クリネックススタジアム宮城)

ロ|000 100 000 1
楽|200 030 00X 5
ロ|H:8 E:0
楽|H:8 E:0

【勝利投手】川岸 1勝 1敗 0S
【敗戦投手】渡辺俊 3勝 4敗 0S

◆バッテリー
ロ:●渡辺俊、山本一、吉見、川越=的場、金澤
楽:永井、○川岸、佐竹、青山、スパイアー=嶋
◆戦評
大谷の今季初勝利でつかみかけている上昇気流に確実に乗っていくべく、ベテランの渡辺俊を先発のマウンドへ送り、仙台での勝ち越しを狙います。

しかし、渡辺俊はいきなり苦しい立ち上がりとなってしまいます。四球と安打、犠打で1死2,3塁のピンチを迎えると、ルイーズに中前適時打を許し0対2。先制を許してしまいます。なおも走者を背負いますが後続を打ち取り、何とか2失点で切り抜けます。

一方の打線はイーグルスの先発・永井が2回途中で降板。2番手・川岸と対峙しますが、序盤は得点を奪うことができません。

それでも4回には2番・伊志嶺が7試合連続となる安打を放つと、続く3番・井口もレフトへ運ぶ安打で反撃の機会を演出。その後併殺の間に伊志嶺が生還し1対2とし、イーグルスに詰め寄っていきます。

少しずつ自分の投球を取り戻したかに見えた渡辺俊でしたが、再びイーグルスにつかまってしまいます。5回、手堅く1死ながら1,2塁とされると、松井稼に適時打を浴び1対3。ここで悔しい降板となってしまいます。続く2番手・山本一も勢いを止められず、2点を追加されて4点差とされてしまいます。

取られたらすぐさま取り返していきたい打線も、イーグルスの継投策の前に苦戦。得点圏に走者を進められず、なかなか反撃の糸口をつかめません。

この悪い流れを変えるべく、マリーンズの投手陣も粘りを見せます。3番手・吉見がピンチを招きながらも踏ん張って無失点で切り抜けてみせれば、8回に登板した4番手・川越は下位打線を3者凡退に切って取り、逆転への望みをつないでいきます。

その望みを何としても実現したい打線は最終回、相手守護神・スパイアーから先頭打者の伊志嶺が安打で出塁し、大逆転への機運がにわかに高まります。しかし、後続が屈してしまい試合終了。今季初の仙台でのカードは負け越し、ビジター6連戦を3勝3敗という成績で終えました。

ビジターで勝ち越しを決めることはできませんでしたが、次の試合は本拠地・千葉での試合となります。ホームでの大声援を力に変え、勝利を手にしましょう!

◆私評
先発は今季マリンでしか勝てない渡辺俊介でしたが、今日もKOされました。
これでは、マリンじゃない限り、勝ち試合を見るのは難しいかもしれませんね。(涙)

イーグルスと同じヒット数を放ちながら、得点が併殺の間の1点のみでは、苦しいですよ。
この辺は怪我人続出の為(サブローは怪我の上に、無理矢理な言い掛かりで巨人へ放出されてしまった(怒))、苦肉の策で純国産打線にやむなくしてますけど、決定打不足が快勝されない事には、借金完済も上位進出も厳しいでしょうね。

今季初のKスタでの試合は負け越しに終わりました。
鬼門にしない為にも、次回のKスタでのカードは勝ち越して欲しいです。

千葉へ戻って出直しです。
マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/03(日) 22:23:47|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月3日・58戦目 ○阪神10-0横浜●(甲子園球場) | ホーム | 7月2日・57戦目 ○阪神6-4横浜●(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/500-2efb833f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。