虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月1日・56戦目 ○東北楽天2-0千葉ロッテ●(クリネックススタジアム宮城)

ロ|000 000 000 0
楽|002 000 00X 2
ロ|H:7 E:0
楽|H:9 E:0

【勝利投手】田中 8勝 2敗 0S
【敗戦投手】成瀬 5勝 6敗 0S

◆バッテリー
ロ:●成瀬、カルロス・ロサ=的場
楽:○田中=嶋

◆戦評
ロ|000 000 000 0
楽|002 000 00X 2
ロ|H:7 E:0
楽|H:9 E:0

今季初めて仙台でイーグルスとの試合に臨むマリーンズ。昨季何度も苦杯をなめさせられたこの場所で、再びチームを軌道に乗せるべくエース・成瀬を先発に送り込み、全力で連敗を阻止にかかります。

連敗阻止を任された成瀬は、初回、2回といきなり得点圏に走者を背負う展開。序盤から苦しい投球を強いられますが、エースらしい粘りで失点を防いでいきます。

しかし3回、安打と犠打でピンチを迎えると、ガルシア、岩村に適時打を許し0対2。先制を許してしまいます。

一方の打線はイーグルスの先発・田中を攻略することができず。4回まで散発2安打に抑え込まれてしまいます。5回には先頭打者の6番・福浦、8番・的場が安打を放ち、初めて得点圏に走者を進めますが、得点を奪うことができず。6回には打撃好調の2番・伊志嶺、3番・井口の連打で好機を演出しますが、得点には至りません。

先制点を許した成瀬でしたが、中盤以降は徐々に本来の調子を取り戻していきます。味方の好守にも助けられ、4回から6回まではいずも3者凡退。付け入る隙を全く与えず、7回には手堅く走者を進められてしまいますが、後続を全て三振で仕留める力のこもった投球。味方の反撃を信じ、中継ぎ陣に後を託します。

成瀬に後を託され、8回のマウンドに上がったのは2番手・カルロス・ロサ。ガルシアに安打を許しますが、捕手・的場の好守で犠打を阻止。後続をしっかりと打ち取り、チーム一丸となって失点を防いでいきます。

しかし9回にもマウンドに上がった田中を打ち崩すことができず。0対2で悔しい完封負けとなってしまいました。

連敗となってしまいましたが、再びここからの「下剋上」を達成するためにも、明日こそは快勝を収め、ここまで好投を続ける大谷に今季初白星をもたらしましょう!

◆私評
東日本大震災の被災地・仙台はクリネックススタジアム宮城(略称・Kスタ宮城)で、今季初の楽天戦です。

ただ、今日はそのKスタ宮城で無双ぶりを発揮する田中マー君が相手では、分が悪過ぎました。
ただ、その中で7安打放っているのに、得点に結びつかなかったのは、マー君に要所要所を締められたと言う事なんでしょうね。

マー君の防御率はこの試合を終えて、1.08。
Kスタ登板試合に至っては、防御率が1点を切ってるくらいの無双ぶりを発揮するので、現地観戦の方々には大変申し訳ないですけど、ハードラックだったと思うしかないです。

ただ、成瀬は負けが先行してしまいました。
次回登板で成績を五分に戻して欲しいですね。

昨年はKスタ宮城が鬼門でしたが、この試合でも勝てませんでした。
川崎へ移転する前のジプシー球団時代、準本拠地にしてたのに(当時は県営宮城球場)、何故なんでしょうね?(苦笑)

土曜日の試合の予告先発はマリーンズがまだ勝ち星に恵まれない海坊主・大谷智久、イーグルスが恐らく今季初先発になると思われる、井坂亮平です。
海坊主へ今季初勝利をプレゼント出来るよう、更に今年もKスタ宮城が鬼門と化さないよう、絶対に勝って欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/07/02(土) 08:00:17|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月1日・56戦目 ○阪神10-1横浜●(倉敷マスカットスタジアム) | ホーム | 6月30日・55戦目 ○北海道日本ハム5-4千葉ロッテ●(札幌ドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/496-2bdd9dc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。