虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月26日・53戦目 ●阪神2-4巨人○(甲子園球場)

巨 100 200 100=4
神 000 000 002=2
[投手]
(巨人)
沢村-久保-アルバラデホ-山口
(阪神)
能見-福原-川崎-久保田
[勝ち投手]
沢村 4勝 5敗
[負け投手]
能見 3勝 6敗
[セーブ]
山口 2S

先発はタイガースが現在対巨人戦8連勝中の能見篤史、ジャイアンツがルーキー・澤村拓一でした。

続けているものは、いつか必ず止まるものですが、今日は能見が不調でした。
そもそもの原因は、初回に能見が先頭打者の坂本へ四球を与えてしまった事にあります。
先頭打者への四球は失点に繋がりやすく、案の定ラミレスにタイムリーを打たれ、先に失点しました。
これが、澤村にとって追い風となったんだろうと思います。
ましてや澤村にとって甲子園はプロ初勝利を挙げた、良い思い出のある球場なので、先制点で気分良くされてしまっては、おしまいです。

その攻撃も澤村対策として、守備に不安のある金本を外したまでは良いのに、この2戦まずまずだった関本をなぜ外したのか分からないです。
単純に金本だけをスタメンから落とせば良いのに。
連勝中の勢いを止める采配をするから、真弓阪神はなかなか長期連勝が出来ないんです。
僕は守備的不安から金本のスタメン入りには大反対でしたし、金本には打つ方で結果を残せないのなら、将来的な事で迫られてる世代交代の為に、今季限りで現役から身を退いて欲しいと思ってます。
その思いに一切のブレはありません。

そして3点ビハインドの場面で6回から登板した福原は、7回に失点しました。
こういう事を繰り返すから、僕は福原を信用出来ないんです。(怒)

9回に反撃で2点返して、ノーアウトランナー1・2塁の場面で、この試合マルチヒットを放った柴田に替え、岡崎を代打に送りましたが、この采配も疑問でした。
岡崎に2点ビハインドの場面でバントを命じた事も何故?です。
イケイケの攻撃なのに、何故バントなんかさせるのか、それに繋ぎプラス機動力を駆使したら、この試合は序盤の失点を逆転出来たかもしれません。
岡崎の結果は送りバント失敗。
これで反撃の勢いは急失速し、浅井の放ったライナーが小笠原のファインプレーで捕られては、1つのミスでツキも逃げます。

このカード、3連勝出来なかったのは悔しいですし、相手が大嫌いな巨人ですから、尚更腹が立ちます。

来週は広島と北陸シリーズ2連戦なので、気を取り直して再び長期連勝をするように、して頂きたいものです。

絶対勝つぞ!タイガース!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/26(日) 19:39:09|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<対戦球団別観戦成績 | ホーム | 6月26日・52戦目 ○千葉ロッテ3-2オリックス●(QVCマリンフィールド)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/488-346c2899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。