虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月24日・50戦目 ●千葉ロッテ4-6オリックス○(QVCマリンフィールド)

オ|001 040 010 6
ロ|000 004 000 4
オ|H:12 E:0
ロ|H:9 E:0

【勝利投手】寺原 7勝 4敗 0S
【セーブ】岸田 1勝 3敗 13S
【敗戦投手】成瀬 5勝 5敗 0S

◆バッテリー
オ:○寺原、吉野、香月、平野、S岸田=伊藤、鈴木
ロ:●成瀬、川越、カルロス・ロサ、内、伊藤=里崎

◆本塁打
オ:後藤2号2ラン(5回・成瀬)、李スンヨプ3号ソロ(8回・内)
ロ:なし

◆戦評
交流戦で負け越しながらも終盤に良い流れを作ったマリーンズは、今日から始まるリーグ戦で巻き返し、上位へ抜け出したいところです。

リーグ戦再開となる初戦の先発はエース・成瀬。2回まで走者を出しながらも要所で三振を奪う粘投を見せていましたが、3回表に2死1,2塁からT-岡田を打ち取った当たりが、強風に押し戻されてポトリと落ちる適時打となり、1点を先制されます。

すぐに追い付いて成瀬を助けたい打線は直後の3回裏、先頭の8番・金澤が安打を放つと、今季初スタメンとなる9番・根元が犠打を決めるなどして2死3塁。ここは後続が打ち取られ得点なりません。

点差を広げられたくない成瀬でしたが5回、後藤に2点本塁打を浴び0対3とされると、続く1死2,3塁の場面で迎えた李スンヨプに2点適時打を許し、0対5と大きくリードを広げられてしまいます。

6回表からは成瀬に代わり2番手・川越がマウンドへ。走者を出すも落ち着いた投球で無失点に抑え良い流れを持ち込みます。

すると直後の6回裏、先頭の2番・伊志嶺が二塁打を放つなどして1死1,2塁とすると、5番・今江が適時打を放ち反撃開始。なおも1死満塁としたところで、7番・里崎も適時内野安打を放ち2対5。ここで相手は左の2番手・吉野にスイッチ。するとマリーンズも代打・南竜介を送り勝負に出ます。南竜介は期待に応える適時打を放つと、続く代打・渡辺正も今季初安打となる適時打を打ち4対5。ファンの熱い声援に乗った打線がつなぐ攻撃を展開し、1点差にまで迫ります。

打線が作った勢いを大事にしたいベンチは7回に3番手・カルロス・ロサを投入。相手の攻撃を3人で打ち取りますが、続く8回に登板した内は先頭の李スンヨプにソロ本塁打を打たれ4対6とされます。

9回、5番手の伊藤が3人で抑え2点差のまま最後の攻撃へ。しかし相手の守護神・岸田の前に走者を出せず、4対6で試合終了。リーグ戦再開は黒星スタートとなりました。

一時は1点差まで追い上げ執念を見せるも、惜しくも勝利には結び付きませんでした。今日の試合で見せた堅守と執念を維持し、明日の試合につなげていきましょう。

◆私評
成瀬の乱調が最後まで響いて残念です。
ただ、攻撃がもう少し早くに成瀬を援護してやったら、今日は勝てたかもしれません。
いつかオリックス戦の連勝記録は止まるものですけど、エースらしさを欠く5回5失点KOは残念です。

ただ、6回に1点差まで詰め寄った攻撃は、南竜と渡辺正がキラリと光りましたね。

スポーツニュースを見た限りではありますが、交流戦で活躍した坂口・田口の1・2番を抑える方が手っ取り早いかもしれません。
そして、古巣相手に3打点と暴れた李も要注意でしょう。

明日の予告先発は、マリーンズが大谷智久、バファローズが近藤一樹です。
明日勝って、海坊主におよそ1年ぶりの白星をプレゼントして欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/24(金) 23:52:03|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月24日・51戦目 ○阪神4-2巨人●(甲子園球場) | ホーム | 交流戦を振り返る~阪神編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/482-1187d5af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。