虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

星守る犬

今日、会社からの帰宅途中、定期で唯一立ち寄れるニッケコルトンプラザ内の映画館にて「星守る犬」を見て来ました。

原作は村上たかしのコミックで、「泣けた本ランキング」第1位、「読者が選ぶプラチナ本」第1位をダブル受賞し、「書店員が薦める一冊」として話題になりました。

ストーリーは、とあるキャンプ場の草むらに放置されたワゴン車から、身元不明の中年男性の白骨化された遺体と、秋田犬の遺体が発見され、北海道は名寄市役所福祉課に勤める奥津京介が、拾った紙切れを頼りに、東京で知り合った少女と共に道中北上しながら、中年男性と犬の足取りを追う旅に出ます。
その中年男性は「おとうさん」、秋田犬は「ハッピー」といいます。

そのおとうさんを演じたのは日本を代表する名優・西田敏行。
そしておとうさんとハッピーの旅の軌跡を辿る孤独な青年・奥津京介を演じたのは、若手実力派俳優・玉山鉄二。
原作に登場しない、北海道から単身上京したものの、東京で偶然見掛けた車から京介と出会い、共に旅する少女・川村有希を演じたのは、人気・実力とも群を抜く若手女優・川島海荷。
おとうさんと熟年離婚するおかあさんを岸本加世子、京介の祖父を藤竜也、道中で出会う人達を余貴美子、中村獅童、温水洋一、濱田マリ、三浦友和など、個性派俳優が演じます。

今までで映画を見て、途中から涙が止まらなかった事はありませんでした。
この映画は福島県いわき市や宮城県東松島市など、3月11日に発生した東日本大震災で甚大な被害を被ったエリアでロケをしてます。

最初に出て来た茨城県日立市にある観光ホテルですが、実はこれが東松島にある観光ホテルでロケしたそうです。
そして、コンビニが登場するのはいわきですけど、このいわきで撮影した海岸は津波により風景が一変してしまったそうです。
更に、東松島でのロケにはエキストラさんも参加してて、今回の大震災でお亡くなりになられてしまった方もいるそうです。

人生の夢と挫折、老いと孤独、不況、リストラ、熟年離婚、無縁死など、現代の孕む問題に鋭く斬り込みながら、人と人の絆、人と動物に育まれた愛情を描いた作品ですけど、途中から涙が出て来て、北海道石狩市のカフェにて、おとうさんとハッピーが別れようとするシーンから、キャンプ場の草むらで2人が死に至るまで、涙が止まらなかったです。

題名に込められた星守る犬とは、犬が星を物欲しげに見続けている姿から、手に入らないものを求める人の事を表すそうで、人間誰しもが星守る犬だと思いますし、僕自身も星守る犬なんだと思います。

この泣ける映画に輪をかけて、平井堅の主題歌で更に泣けてきます。

映画を見終えた今でも、思い出し泣きで涙が出てます。(涙)

http://hoshimamoru.com/index.html
スポンサーサイト
  1. 2011/06/19(日) 00:02:44|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月18日・48戦目 ○東京ヤクルト3-0千葉ロッテ●(神宮) | ホーム | 6月15日・48戦目 ○阪神2-1北海道日本ハム●(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/472-235a254d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。