虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月15日・48戦目 ○阪神2-1北海道日本ハム●(甲子園球場)

日 000 001 000=1
神 001 000 10X=2
[投手]
(日本ハム)
ダルビッシュ
(阪神)
メッセンジャー-榎田-小林宏-藤川
[勝ち投手]
榎田 2勝 2敗
[負け投手]
ダルビッシュ 8勝 2敗
[セーブ]
藤川 1勝 13S

先発はタイガースがランディ・メッセンジャー、ファイターズが難敵かつ天敵であるエース・ダルビッシュ有でした。

ここまで44イニング連続無失点記録継続中で、正直苦戦は免れないと思ってました。

タイガースは初回メッセンジャーがピンチを切り抜けた裏に、ヒットを2本放ちます。
得点には繋がりませんでしたが、これが後々ボディーブローのように効いてきます。

3回裏、マートンがヒットで出塁し、センター・糸井が処理をもたつく間に二塁へ進みます。
平野はキッチリ送りましたが(この犠打で史上31人目の通算200犠打を達成)、鳥谷が三振に倒れ、この回も無失点記録継続かと思われましたが、4番・新井への3球目に投じたストレートがキャッチャー・大野のミットをかすめバックネットに突き刺さって、マートンが本塁へ生還した瞬間、ダルビッシュの連続イニング無失点記録は46でストップしました。

メッセンジャーは不調ながらも力投してましたが、6回表金子誠のタイムリーで同点に追いつかれ、マウンドを後続に託します。

そして迎えたタイガースのラッキー7、関本と林の連続ヒットでチャンスメイクするも、藤井彰が送りバントを失敗しただけでなく、併殺打に倒れる最悪の展開に。
しかし、メッセンジャーの代打・桧山が死球で出塁すると、マートンがライト前へタイムリーを放ち勝ち越しに成功。
7回に投げた榎田の後を、8回は小林宏之、9回は藤川球児がリレーして、連敗した札幌ドームの雪辱を連勝で果たしました。
7回を1イニング投げた榎田がプロ2勝目を挙げ、タイガースはこの日敗れた広島と入れ替わって4位に浮上しました。

ヒーローは勝ち越しタイムリーを放ったマートンでした。

日ハム戦は正直、勝てるとは思ってなかったですね。
しかし共に接戦を制して、しかもダルビッシュにはリベンジ出来ましたから、想定外でした。
ダルビッシュはドームだと神懸かったピッチングをしますけど、屋外だとドームよりは落ちますね。
実際に今季ワーストの9被安打ですからね。
しかし、それでも二桁10奪三振ですから、敵ながら見事でした。

ただ、榎田が必要以上に酷使されてるのが心配です。
オールスターに彼を投票しないで、彼を休ませつつ走り込ませる方が良いと思います。

勝ちはしましたが、送りバントのミスが出ましたので、ミスは撲滅して欲しいです。

ソフトバンクとオリックスには負け越し、千葉ロッテと埼玉西武と北海道日本ハムには五分の星で終えたタイガースは、交流戦最終カードに東北楽天と対戦します。
仙台では1勝1敗と五分の星だったので、これが唯一今季交流戦で勝ち越せる最初で最後のチャンスです。
絶対に残り2つとも勝って、楽天に勝ち越して、交流戦を締めくくって欲しいですね。

絶対勝つぞ!タイガース!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) 22:53:08|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星守る犬 | ホーム | 6月15日・47戦目 ●巨人2-3千葉ロッテ○(東京ドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/471-011fdb88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。