虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月14日・47戦目 ○阪神1x-0北海道日本ハム●(9回サヨナラ勝ち)(甲子園球場)

日 000 000
神 000 000
  000=0
  001X=1
[投手]
(日本ハム)
武田勝-増井
(阪神)
岩田
[勝ち投手]
岩田 3勝 5敗
[負け投手]
増井 2敗

交流戦も残すは2カード。
北海道日本ハムと東北楽天を残すのみとなりました。
今日明日は北海道日本ハムと対戦しますが、札幌ドームでは完膚無きまでにやられました。
今、福岡ソフトバンクと共に手をつけられない状態になってるくらいの難敵が相手なので、正直苦戦は必至、最悪4タテの覚悟をしてました。
その結果は・・・。

先発はタイガースが岩田稔、ファイターズが武田勝の両左腕対決となりました。
しかも、この両投手には左腕と言う共通点のみならず、味方打線の援護がなかなか来ず、負け投手となってしまう事も共通点でした。

試合はこの両投手による投手戦となり、岩田はピンチを凌ぎながら粘投するのに対し、打線は武田勝独特の変則投法に手こずって、4回と7回に先制点のチャンスは作るも、拙攻で先制点を挙げられません。
しかも、7回は無死1・3塁のチャンスを潰しました。

しかし、岩田は味方打線の援護を信じて9回を投げ抜き、日本ハム打線を無失点に抑えました。

するとその裏、梨田監督は8イニングを粘投で無失点に抑えた武田勝から、勝ちを意識して、勝利の方程式を守護神の武田久と共に担ってるセットアッパー・増井に交代しますが、結果的にはこの継投策が裏目に出ました。
鳥谷が倒れた後、新井がヒットで出塁し、俊介が進塁打を放った後、過去二度先制点のチャンスを潰した関本が、三度目の正直でバットを折りながらセンター前へヒットを放ち、新井が本塁へ生還した時点で試合が終わり、サヨナラ勝ち。
過去二度は完封負けだったので、27イニングス目にしてやっと得点を入れて、日本ハムにサヨナラで勝ちました。

ヒーローは結局、完封勝利の立役者となった岩田と、投手戦に終止符を打つ、サヨナラタイムリーを放った関本でした。

岩田は過去の試合で、先に失点し、これが自身を苦しめる原因となってました。
これが、この試合では2回に1・3塁のピンチから鶴岡が敢行した初球スクイズで、危うくファイターズに先制点を与える所が、本人のナイスグラブトスでホフパワーの本塁生還を阻止し、先制点を与えませんでした。
しかも二桁11個の三振を奪う好投で、その陰にはこの試合でスタメン復帰した藤井彰のナイスリードも欠かせません。
やはり藤井彰は打撃に自信がありませんけど、城島のリードと守りに不安がある以上、スタメンマスクは藤井にすべきですね。
たとえ城島がスタメンに復帰した場合でも、リリーフキャッチャーとして起用すべきです。

関本は過去二度、先制点のチャンスを潰したので、汚名返上に燃えてました。
それを三度目の正直で、しかも必死のパッチで決めましたので、嬉しかったですね。

明日は現在44イニング連続無失点記録継続中の難敵かつ天敵エース・ダルビッシュ有が待ち構えてます。
正直、苦戦は必至でしょう。
ただ、ダルビッシュはドームには強いですけど、屋外の球場はドーム程の無双ぶりを見せてません。
あえて付け入るとすれば、その点ぐらいしかないです。
ですから、無失点記録を止められたら良いなぁと言う気楽な気持ちで静観する事にします。(笑)

絶対勝つぞ!タイガース!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/15(水) 02:32:33|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<6月15日・47戦目 ●巨人2-3千葉ロッテ○(東京ドーム) | ホーム | 6月14日・46戦目 ●巨人1-2千葉ロッテ○(延長10回)(東京ドーム)>>

コメント

ここにきて阪神は勝ち始めましたね。
特に捕手が城島から藤井に代わってから好調になってたと思います。
  1. 2011/06/15(水) 11:30:32 |
  2. URL |
  3. えびちゃん #-
  4. [ 編集 ]

キャッチャーは打撃より守備

>えびちゃんさん

仰る通り、城島から藤井彰へ変更しただけでも、劇的な変化が見られますよね。
ダテに近鉄時代から岩隈と長年バッテリーを組んでません。

藤井のFA補強は攻撃面で意外性しか期待出来ませんが(苦笑)、守備面では大正解ですね。
それは言うまでもなく、城島の性格がリードにも現れてるからです。
藤井は投手に優しいリード、城島は自分自身に満足するリード。
どっちが良いのかは一目瞭然ですね。(苦笑)

キャッチャーは打撃よりも守備やリードを重視すべきなんです。
城島が藤井より勝ってるのは打撃と肩だけです。
ですから次世代への繋ぎ役として、藤井にマスクを預けたいですね。
城島は…野手か代打で頑張って下さい。(笑)
  1. 2011/06/16(木) 11:25:13 |
  2. URL |
  3. 実況はABCの楠アナ #qQfU7Bys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/469-958084ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。