虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月12日・45戦目 ○千葉ロッテ5-2広島●(QVCマリンフィールド)

広|001 100 000 2
ロ|100 100 30X 5
広|H:8 E:0
ロ|H:8 E:0

【勝利投手】唐川 5勝 2敗 0S
【セーブ】薮田 0勝 2敗 9S
【敗戦投手】福井 2勝 3敗 0S

◆バッテリー
広:●福井、青木、上野=石原、倉
ロ:○唐川、内、S薮田=的場

◆本塁打
広:なし
ロ:伊志嶺1号3ラン(7回・福井)

◆戦評
昨日は11安打10得点、渡辺俊も1失点完投と投打がかみ合い交流戦本拠地初勝利を挙げたマリーンズ。連勝を狙い、唐川が先発マウンドに上がります。

その唐川は初回、カープの攻撃を内野ゴロ3本に退けます。するとその裏、カープ先発・福井から2つの四死球などで1死1,3塁とし、4番・大松が力強い打球を左翼フェンス手前まではじき返す左犠飛。1対0と無安打で先制します。

しかし、その後は毎回先頭打者を出塁させる、苦しいマウンドとなった唐川。2回は3本の安打で2死満塁と攻め立てられながらも直球勝負で安部を空振り三振に打ち取りピンチを切り抜けます。

3回、2つの四球で1死1,2塁とされると、栗原に左前適時打を許し1対1と同点に追い付かれてしまいます。4回は2死3塁から東出に右前適時打を放たれて、1対2。勝ち越しを許しますが、続くピンチは踏み留まります。

するとその裏、5番・今江、6番・福浦の連打と7番・神戸の犠打で1死2,3塁とすると、8番・的場の遊ゴロの間に今江が生還。2対2とすかさず同点に追い付きます。

5回以降は立ち直った唐川。持ち前の修正能力で7回までの3イニングを一人の走者も出さず、さらなる援護を待ちます。

すると7回裏、先頭の的場が中前安打で出塁すると、9番・高口の犠打で2塁へ。さらに1番・岡田の左前安打で1死1,3塁とし、「前の岡田さんがいい形でつないでくれて、自分の後が井口さん。積極的にいく気持ちと次につなぐ気持ちを強く持って打席に入った」と振り返る2番・伊志嶺が直球を振り抜きます。「手応えは完璧だった」と本人も納得の打球はカープファンで埋め尽くされた左中間席に飛び込む、値千金のプロ入り第1号3点本塁打。スタンドで観戦していた家族にささげる一発で5対2と勝ち越します。

8回は2番手・内が2人の走者を出しながらも無失点に抑えると、9回は3番手・薮田が3人でピシャリと抑えて試合終了。交流戦最後のQVCマリン2連戦を連勝で終えました。

粘投の唐川は5勝目をマーク。苦境が続いた交流戦も、残りは東京ドーム、神宮での4試合を残すのみです。レギュラーシーズン再開に向け、上昇気流に乗っていきましょう!!

◆私評
マリン今季最後の交流戦試合の先発はマリーンズが唐川侑己、カープがルーキー・福井優也でした。

今日は西武ドームで埼玉西武vs阪神戦を観戦したので、試合の内容はスポーツニュースで知りました。
カープ先発の福井と同じ、ルーキーの伊志嶺が遂にプロ第1号ホームランを放ち、これが値千金の3ランとなった事が嬉しいです。
今日はなんでも伊志嶺のご両親が観戦されてたらしく、良い親孝行が出来ましたね。(笑)

一方、マリーンズ先発の唐川は途中崩れて一度は逆転を許しますけど、その後立ち直ったのは良かったです。

そして遅ればせながら日曜日初勝利。
これで安心して日曜日に観戦出来ます。(笑)

マリンでの交流戦は結果、広島相手に2勝しただけで終わりました。

残りは東京ドームと神宮での試合を残すのみです。

巨人にはマリンで勝てなかった悔しさを、東京ドームで晴らして欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/12(日) 23:18:39|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月12日・46戦目 ○埼玉西武11-5阪神●(西武ドーム) | ホーム | 首都圏完全制覇…のはずが逆転惨敗…。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/466-a4afd545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。