虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月11日・44戦目 ○千葉ロッテ10-1広島●(QVCマリンフィールド)

広|000 000 001 1
ロ|200 010 43X 10
広|H:5 E:1
ロ|H:11 E:0

【勝利投手】渡辺俊 2勝 2敗 0S
【敗戦投手】ジオ 0勝 2敗 0S

◆バッテリー
広:●ジオ、岸本、弦本=倉、會澤
ロ:○渡辺俊=的場

◆本塁打
広:なし
ロ:大松2号満塁(7回・岸本)

◆戦評
長いトンネルを抜けようともがくマリーンズは、今日からカープとの2連戦。交流戦の本拠地初勝利をつかみ、上昇気流を生み出したいところです。

小雨の降る中マウンドに上がった先発・渡辺俊は初回、2死から千葉出身の丸に二塁打を打たれピンチを背負います。しかし、盗塁を試みた走者を捕手・的場が見事な送球で刺し先制点を与えません。

するとその裏、カープ先発のジオに対し2番・伊志嶺の二塁打と三盗などで1死1,3塁の好機を作ると、今日4番に座った大松が適時打を放ち1対0。さらに6番・福浦にも適時打が生まれ2対0とリードを広げます。

援護点をもらった渡辺俊は、次第に日が差してきたマウンド上で生き生きとした投球を披露。緩急を自在に操り、2回以降、相手に付け入る隙を与えずスコアボードに0を刻んでいきます。

追加点を奪いたい打線は5回、先頭の1番・岡田が右前に安打を放つと、自身5月4日以来となる盗塁を決め、さらに犠打で3塁へ進みます。ここで3番・井口の遊ゴロの間に岡田が生還。3対0とします。

そして7回、連打と四球で満塁の場面を演出。ここで打席には先制打を放った大松。大松の放った打球は、ファンの待つ右翼席へ。「完璧に打つことができた」と語る2試合連発となる第2号満塁弾は、不調に苦しみ抜いた男の完全復活を印象づける見事な一発。7対0と大きく突き離します。

攻撃の手を緩めない打線は、8回にも相手の失策と3番・井口の2点適時打で加点し、10対0と2ケタ得点に到達します。

9回のマウンドにも上がった渡辺俊は2本の安打で2死1,2塁とされると、丸に適時打を許し10対1とされますが、最後は栗原を遊ゴロに切って取り今季初完投勝利を挙げました。

打線が11本の安打で先制、中押し、ダメ押しと効率よく10得点すれば、渡辺俊も9回を99球、被安打5、無四球、失点1の快投を見せるなど、投打がかみ合った試合展開で交流戦の本拠地初勝利を収めました。マリーンズ本来の強さが凝縮されたこの試合をきっかけに、チーム再浮上の流れは必ずやってきます。集中力を存分に発揮し連勝街道を突き進んでいきましょう!

◆私評
マリンでの交流戦はここまで0勝8敗2分け。
つまり、まだ勝ち星を挙げてません。
しかもここまでは甲子園で阪神に2勝、横浜で横浜に1勝したのみでは、交流戦で下位に低迷するのも納得せざるをえません。
しかもパ・リーグでも最下位に転落したマリーンズは、マリンでの今季交流戦最後の対戦相手・広島相手に、本拠地交流戦初勝利を目指します。
先発はマリーンズが今季不調のサブマリン・渡辺俊介、カープが外国人右腕投手:ジオ・アルバラードでした。

今日は南船橋のららぽーとにて映画を見てたので、試合の大半以上を見てません。
序盤に2点先制した事だけは知ってましたけど。
ですから戦評を見ての私評ですけど、今日は投打が噛み合って、やっとマリンで交流戦初勝利を成し遂げ、勝利の西村ダンスを踊れましたね。
投げる方は、俊介が9回途中まで完封かと思われた時点で、地元出身の丸に一矢報いられましたけど、結局は100球に満たない省エネ完投勝利でした。
この勝利を俊介は復調のきっかけにして欲しいです。

打つ方でも、今まで不振に喘いだ大松が先制タイムリーに、試合を決めるグランドスラムと大暴れ。
この試合で今までの鬱憤を晴らすような形となりました。
大松は前の阪神戦で今季第1号を放ちましたので、これで2試合連続ホームランとなりました。
ひょっとしたら、阪神戦から大松の逆襲は始まってるのかもしれませんね。
相手が外国人右腕投手のジオと言う事もあり、機動力を織り交ぜたのも効果的だったと思います。
連敗中には見られなかった事ですからね。

明日はマリンでの交流戦今季ラストゲームです。
やっとマリンで交流戦を勝てました。
次は同じく未勝利の、サンデーゲームを勝つ時です。
明日も広島相手に勝って、広島での借りを返しましょう。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/11(土) 22:26:27|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月11日・45戦目 ●埼玉西武0-4阪神○(西武ドーム) | ホーム | もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/460-55ef9991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。