虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月9日・44戦目 ●千葉ロッテ2-5阪神○(QVCマリンフィールド)

神 020 111 000=5
ロ 000 000 101=2
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-小林宏-久保田-藤川
(ロッテ)
成瀬-小林
[勝ち投手]
スタンリッジ 3勝 2敗
[負け投手]
成瀬 4勝 4敗
[セーブ]
藤川 1勝 12S
[本塁打]
(ロッテ)
大松1号ソロ

なお、このブログはタイガースファン目線で書いたブログですので、マリーンズファン目線のブログと見比べて頂けたら幸いです。
先発はタイガースがジェイソン・スタンリッジ、マリーンズが前回の甲子園での対戦で勝ち投手になったエース・成瀬善久でした。

戦前の予想では成瀬に抑え込まれると思ってましたが、その予想を嘲笑うかの如く、タイガース打線が成瀬に襲い掛かり、ヒットの雨を降らせて、タイムリーを生み出し、前回やられた成瀬をKOしました。

先発のスタンリッジは4回まではノーヒット、6回まではロッテ・細谷の1安打のみに抑えてましたが、大松の2試合連続アーチを浴び、チーム初完封の線は消えました。
8回は昨日に続いて小林宏之でしたが、昨日同様無失点に抑えます。

セーブの付かない場面で久保田が登板しましたが、ランナー2人を溜めた場面で守護神・藤川球児に代わらざるをえませんでした。
その球児は暴投で1点失いましたが、ピンチを切り抜けて久しぶりの連勝となりました。
そして、前回対戦の甲子園で連敗した借りを、マリンで返しました。

今日のヒーローインタビューは、移籍後初タイムリーを含む2本のタイムリーを放ち、マスクを被ってはスタンリッジや小林宏之を好リードした藤井彰人捕手でした。
当然ながら移籍後初のお立ち台です。

やはり今日はスタンリッジの好投に、藤井彰の攻守にわたる活躍、更に先制タイムリーを放ち、藤井彰のタイムリーの際には好走した金本が勝因です。

正直、成瀬をKOするどころか、リベンジに成功とは思ってなかったです。
ただ、攻撃は昨日も今日もヒットを集めてつないだ事が、吉見と成瀬の左腕2人を打ち崩したんだと思います。
これに機動力を絡めるしか、統一球対策はありません。
ですから、この2試合は反攻態勢を整える為の試合だったと思います。

ただ、久保田は相変わらずどっちへ転がるか、全く分からないくらい、不安定な内容なのは残念です。
なんとか球児が反撃を暴投の1点に食い止めたものの、明後日以降が不安です。

スタンリッジは昨年、このマリンのデーゲーム(生観戦しました。)で先発登板し、ものの見事に炎上しました。
更に球児は井口に一発を浴び、サヨナラ負けしましたが、今日でこの借りを返した事になります。
やはりスタンリッジは、屋外球場でのナイターがお好きなんですね。(笑)

掛け持ち応援チーム同士の対戦は外弁慶の2勝2敗の五分となりました。
明後日からは西武ドームでの対埼玉西武戦です。

このチームは今季まだ3連勝の経験がありません。
3連勝出来るか出来ないかによっては、この先再び反攻態勢が整うか後退するかの明暗がくっきり分かれます。

反攻態勢の為には勝ち続けるしかありません。
絶対3連勝をして欲しいですし、その翌日には僕が西武ドーム初観戦する為、4連勝を絶対にして欲しいです。
勝ち試合しか見たくないのは昨年から変わってませんから。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/10(金) 00:13:48|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら | ホーム | 6月9日・43戦目 ●千葉ロッテ2-5阪神○(QVCマリンフィールド)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/458-f655b51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。