虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月8日・42戦目 ●千葉ロッテ3-6阪神○(QVCマリンフィールド)

神|240 000 000 6
ロ|000 003 000 3
神|H:13 E:0
ロ|H:7 E:0

【勝利投手】メッセンジャー 3勝 1敗 0S
【セーブ】藤川 1勝 0敗 11S
【敗戦投手】吉見 1勝 3敗 0S

◆バッテリー
神:○メッセンジャー、榎田、小林宏、S藤川=藤井彰
ロ:●吉見、川越、小林、伊藤、カルロス・ロサ、山本一=里崎

◆本塁打
神:マートン4号ソロ(1回・吉見)
ロ:なし

◆戦評
今夜からはQVCマリンに戻ってタイガースとの2連戦。交流戦の本拠地初勝利で、チーム浮上のきっかけをつかみたいところです。

今季初の3rdユニフォームに身を包んで先発のマウンドに上がった吉見でしたが、マートンに先頭打者本塁打を許します。さらに1死1,2塁からブラゼルに右前適時打を放たれ、0対2といきなり2点を先制されます。

続く2回も、1死から3連打で満塁とされ、2死後から暴投で3塁走者が生還。さらに鳥谷に左中間を破られる2点適時三塁打を放たれ、0対5となったところで吉見は降板します。2番手には本日誕生日、そして今季初登板となった川越が登場しますが、新井貴を打ち取った飛球が左翼手の前に落ちる不運な適時打で、0対6と点差を広げられてしまいます。

しかし3回以降の川越は落ち着いた投球を展開。5回までタイガース打線を1安打に抑え、反撃を待ちます。

マリーンズ打線は、先発・メッセンジャーに対して4回まで1安打に封じられます。5回は5番・大松の安打と6番・福浦の四球で無死1,2塁としますが、後続が倒れてしまいます。

6回は3番手・小林がプロ初登板。2死からマートンに二塁打を放たれますが、低めに伸びる直球で平野を三ゴロに仕留め、無失点デビューを飾ります。

するとその裏、1番・岡田、2番・今江、3番・井口の3連打で無死満塁とすると4番・金泰均が押し出しの四球を選び、大松も左前適時打で続いて2対6。さらに、2番手・榎田に対して福浦がきっちりと左犠飛を放ち、3対6と点差を詰めます。

7回は4番手・伊藤が2つの四球を与えながらも無失点に抑え、8回はカルロス・ロサが3者凡退に仕留める好投で追加点を許しません。

しかし8回裏は昨季のマリーンズの守護神を務めた小林宏に、3者連続三振に仕留められてしまいます。

最終回は6番手・山本一が2本の内野安打を放たれますが、得点を与えず。しかしその裏はタイガースの守護神・藤川に対し先頭の福浦が中前安打をはじき返しますが、続く3者が三振に終わり、3連敗となってしまいました。

救援投手陣は川越や小林の力投もあって層の厚さを見せました。明日は打線が奮起して、交流戦の本拠地初勝利を手にしましょう!!

◆私評
今日明日と掛け持ち応援をしてる、両チーム対戦の千葉ラウンドです。
前回の甲子園ラウンドはマリーンズの連勝でした。

このブログはマリーンズファン目線で書いたものですので、タイガースファン目線のブログと見比べて頂けたら幸いです。

先発はマリーンズが吉見祐治、タイガースがランディ・メッセンジャーでした。

試合は吉見がマートンに先頭打者ホームランを打たれた事から崩れだし、結果2回途中6失点KOと、甲子園でタイガースを倒した勢いはなく、逆にリベンジをされました。
結果吉見の乱調が原因で、またしてもマリンで交流戦初勝利はならず、最下位に沈んでた楽天が勝った事により、マリーンズはパ・リーグも交流戦も共に最下位に転落し、交流戦の負け越しも確定しました。

打線は、好投してたメッセンジャー相手に6回裏2点取りましたが、2番手に登板した榎田から福浦が犠牲フライを放って1点取ったものの、ねじ伏せられて反撃が潰えました。
そして、昨年の守護神だった小林宏之に三者連続三振。
最後は藤川に抑えられました。

ただ、この負け試合で2番手に登板した川越以降の投手陣が、試合を壊さなかったのが収穫ですね。
中でも一軍昇格しながら、ここまで登板機会のなかったドラフト3位ルーキーで、小林宏之の背番号「41」を受け継いだ小林敦が、遂にプロ初登板で無失点デビュー出来たのは良かったです。

ただ、伊藤やロサなど特定のリリーフ投手を酷使してるのが気がかりです。
潰れてしまっては元も子もないので、起用は計画的にして欲しいです。

そんな中、打撃不振により前日に高濱が、そしてこの試合の前に今岡がそれぞれ、二軍落ちを命じられました。
共に元阪神の選手なので、古巣との再戦前に浦和行きを命じられて、掛け持ちファンとしては残念です。

明日こそはマリンで交流戦初勝利を挙げて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/09(木) 06:18:22|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月8日・43戦目 ●千葉ロッテ3-6阪神○(QVCマリンフィールド) | ホーム | 6月6日・42戦目 ●阪神1-6オリックス○(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/455-96fa8ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。