虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月5日・40戦目 ○中日1x-0千葉ロッテ(9回サヨナラ負け)(ナゴヤドーム)

ロ|000 000 000 0
中|000 000 001X 1
ロ|H:5 E:0
中|H:5 E:1

【勝利投手】三瀬 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】薮田 0勝 2敗 8S

◆バッテリー
ロ:唐川、カルロス・ロサ、内、●薮田=里崎
中:川井、鈴木、小林正、○三瀬=小山、前田

◆本塁打
ロ:なし
中:平田3号ソロ(9回・薮田)

◆戦評
昨日は劇的な展開を起こし、チームに光明が差す逆転勝利を挙げました。昨年日本一を達成した地、ナゴヤドームに乗り込み、良い流れを受けて再び竜退治といきたいところです。

先発の唐川は初回、井端に安打を許すも、後続を落ち着いて打ち取り上々の立ち上がりを見せます。

一方の打線は直後の2回表に復調を見せる6番・大松が相手先発・川井から二塁打を放ちますが、後続が打ち取られ先制なりません。

なかなか先制点を挙げられない展開となりますが、徐々に調子を上げる唐川は3,4回といずれも3者凡退に抑えると、5回には3者連続三振を奪う圧巻の投球。両先発が踏ん張って0対0のまま後半戦に入ります。

息詰まる投手戦の中、なんとしても先制点を挙げたい打線は7回表、8番・南竜介の今季初安打となる二塁打などで2死2,3塁とします。ここで好投を続けてきた唐川の打順となり、ベンチは代打・今岡を送り勝負に出ます。しかし川井の球を捉えられず、無得点に終わります。

続く7回裏は唐川に代わり2番手・カルロス・ロサがマウンドへ。2死2塁とされるも、左翼手・大松の好プレーでこのピンチをしのぎます。8回裏には3番手として送り込まれた内が1死1,2塁とピンチを迎えますが、井端を一邪飛、森野を3球勝負で見逃し三振に仕留めます。

9回表、1死から大松が四球で歩くと代走で入った伊志嶺が盗塁を決めます。ここで迎えた7番・里崎が大きな打球を放ちますが、相手右翼手・平田の好捕に阻まれ得点できません。

延長戦に持ち込みたい9回裏には4番手・薮田が登板。簡単に2死を奪い、迎えるは昨日サヨナラ本塁打を放ち、直前にも好守備を見せた平田。カウントで追い込むも、難しいコースの直球をはじき返された打球は無情にも右翼席に飛び込んでしまい、サヨナラ負けを喫しました。

昨日のヒーローに連日の活躍を許してしまう悔しい敗戦となりました。昨日の勝利を無駄にしないためにも気持ちを切り替え、明日こそはマリーンズからヒーローを送り出しましょう!

◆私評
今日からマリーンズは敵地・名古屋で中日ドラゴンズと戦います。
先発はマリーンズが唐川侑己、ドラゴンズが川井雄太でした。

攻撃の方で全く点が入らず、逆に守備でドラゴンズの得点を阻止し、投手戦の様相を見せてましたが、9回裏昨日のヒーロー・平田に2試合連続のサヨナラホームランを打たれて、試合が決まってしまいました。

一振りで試合が決まってしまったので、これは仕方ないと割り切るしかないです。
ただ、中日相手に好投してた唐川に勝ち星をプレゼントして欲しかったですね。
昨年の日本シリーズに比べれば、今日の試合は内容が良かったですから。

しかし、交流戦でドラゴンズに3連敗を喫したのは、紛れもない事実ですので、明日こそは一矢を報いて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/06/05(日) 19:37:54|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月5日・41戦目 ●阪神3-14オリックス○(甲子園球場) | ホーム | 6月4日・40戦目 ●阪神0-2福岡ソフトバンク○(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/451-7b21de67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。