虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6月4日・40戦目 ●阪神0-2福岡ソフトバンク○(甲子園球場)

ソ 000 000 002=2
神 000 000 000=0
[投手]
(ソフトバンク)
杉内-馬原
(阪神)
能見
[勝ち投手]
杉内 3勝 2敗
[負け投手]
能見 2勝 4敗
[セーブ]
馬原 1勝 1敗 5S

タイガースは昨日、ソフトバンクの交流戦無敗を止めましたが、今日はタイガースの目の前に、ホークスの天敵左腕・杉内俊哉が立ちふさがります。
一方のタイガースは開幕投手・能見篤史でした。

両投手による投手戦は8回まで続きました。
どちらかと言うと、能見の球数が少なく、杉内は奪三振が多く、見応えのある投手戦でした。
7回タイガースは先制点のチャンスで能見を続投させましたが、この判断は間違ってなかったと思います。
と言うのは、能見の球数が少なかった事、能見が開幕投手なのでエースに近い存在感だと言う事(タイガースには長年エース不在)、なのがその理由ですし、杉内も8回の場面で続投してます。

結果的には打線の援護がないまま迎えた9回表、小久保と多村のタイムリーで2点失い、遂に均衡が破れました。
裏に杉内の姿はなく、守護神・馬原が登板し、2死からランナー2人を貯めて、ストレートに強い林威助へサヨナラホームランを託しましたが倒れ、連勝はなりませんでした。

杉内相手の負けは折り込み済みなので(苦笑)、今日は特別驚かなかったですね。
しかしながら、相変わらず攻略出来ない打撃陣と首脳陣・スタッフには喝ですよ。
いつまで同じ相手にやられ続けてんだか…。
これではプロと名乗るにはおこがましく思います。

明日からは関西ダービー第2ラウンドの対オリックス戦です。
連勝グセをつける為に、また0からやり直しです。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/04(土) 21:55:59|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<6月5日・40戦目 ○中日1x-0千葉ロッテ(9回サヨナラ負け)(ナゴヤドーム) | ホーム | 6月4日・39戦目 ●横浜5-6千葉ロッテ○(横浜スタジアム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/450-0c14414f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6/4 阪神対ホークス4回戦(甲子園)の件を前振りに、J2第15節:湘南ベルマーレ 1-0 FC岐阜(長良川)~2位浮上のべるほ~!

本題に入る前に、昨日の甲子園の阪神-ホークス戦の7回裏二死満塁でピッチャー能見の打順でそのまま打席に立たせた選択について、代打の方が良かったのではとはいう意見もあるようですが、8回裏なら(結果のいかんにかかわらず)9回に球児出せばいいとして、8回に誰を…
  1. 2011/06/05(日) 10:10:50 |
  2. ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。