虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月28日・34戦目 ●千葉ロッテ0-2巨人○(QVCマリンフィールド)

巨|100 001 000 2
ロ|000 000 000 0
巨|H:7 E:0
ロ|H:4 E:0

【勝利投手】内海 6勝 1敗 0S
【敗戦投手】唐川 4勝 2敗 0S

◆バッテリー
巨:○内海=阿部
ロ:●唐川=里崎

◆戦評
前カードを2連勝と交流戦巻き返しを図るマリーンズは、今日から本拠地・QVCマリンにジャイアンツを迎えての対戦となります。

雨脚の強い中マウンドに上がった先発・唐川は初回、先頭の坂本に二塁打を浴びるなど無死1,3塁のピンチを招きます。すると長野に犠飛を打たれ0対1と先制点を許しますが、後続を切って取り追加点を与えません。

すぐさま反撃していきたい打線はその裏、ジャイアンツ先発・内海から2番・伊志嶺の俊足を生かした三塁打と開幕2試合目から33試合連続出塁となる3番・井口の四球で1死1,3塁の好機を作ります。しかし、後続が倒れ得点には至りません。

2回には7番・福浦の安打、3回には2つの四球で走者が出塁しますが、いずれも後続が打ち取られてしまい、なかなか得点を奪うことができません。

唐川は2回のピンチを曲がりの鋭い変化球を軸とした投球で乗り切ると、その後は制球が定まり始め、得点を許さない安定した内容で5回まで毎回三振を奪います。

6回、連打と犠打で1死2,3塁の場面を迎え、犠飛で0対2と点差を広げられてしまいますが、8回にこの試合10個目の三振を奪うなど、7回以降を無失点。味方の逆転を待ちます。

一方の打線は内海の変化球を打ちあぐね、6回以降出塁することができません。迎えた9回、この回も続投となった内海から、6番・清田が2死から右中間に二塁打を放ち、好機を作ると打席には福浦。球場の雰囲気は一気に加熱しますが、惜しくも中飛に倒れ試合終了となりました。

唐川は9回を投げ107球、被安打7、奪三振11、無四球の力投。しかし勝利を呼び込むことはできず、自身5連勝を逃しました。

唐川の粘りに応えることはできませんでしたが、最後まで諦めない選手たちの姿は明日以降につながるものを感じさせました。連勝ストップに下を向くことなく、また次の試合に臨んでいきましょう!

◆私評
タイガースに連勝後でマリンへ帰って来たマリーンズは、今日から巨人と戦います。
先発はマリーンズが唐川侑己、ジャイアンツはセ・リーグの勝ち頭であるエース・内海哲也でした。

唐川はよく頑張りました。
これだけの投球内容なら拍手を送っても良いでしょう。

しかし、打線が内海の変化球に手を出すパターンが多く、打てないようでは勝てません。
そこは交流戦時に復帰した阿部のリードにやられたかもしれません。
打線には明日頑張って貰わないと困ります。

そんな明日は恐らく、渡辺俊介と、セス・グライシンガーが先発でしょう。
俊介は今年不調ぶりが目立つので、何としてでも復調して欲しいですし、して貰わないと困ります。

そんな中、僕は明日マリンへ今季初観戦しに行って来ます。
ただ、心配なのは明日、雨予報で雨天中止が濃厚な事ですね。
それに今季はここまで日曜日は全敗なので、この点でも不安ですけど、応援頑張ります!

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/05/28(土) 22:58:41|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月28日・35戦目 ○東北楽天3x-2阪神●(延長10回サヨナラ負け)(クリネックススタジアム宮城) | ホーム | 5月26日・34戦目 ●阪神1-4千葉ロッテ○(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/436-1c038a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。