虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月26日・34戦目 ●阪神1-4千葉ロッテ○(甲子園球場)

ロ 300 000 010=4
神 000 001 000=1
[投手]
(ロッテ)
成瀬-薮田
(阪神)
岩田-福原-小嶋
[勝ち投手]
成瀬 4勝 2敗
[負け投手]
岩田 1勝 5敗
[セーブ]
薮田 1敗 7S
[本塁打]
(ロッテ)
井口4号スリーラン

このブログはタイガースファン目線で述べたものですので、マリーンズファンバージョンと比較して見て頂ければ幸いです。
先発はタイガースが岩田稔、マリーンズが成瀬善久でした。

ハッキリ言って、タイガースの自滅で相手を勝たせたような試合でしたね。

初回は関本のエラーにピッチャー・岩田のエラーが連鎖して、井口の一発で見事に沈没。
8回は清田の放ったライトフライを、ライトのマートンがアウトカウントを間違えて、スタンドへボールを放り投げる前代未聞の珍プレー。
しかもランナーが二塁に今江がいた事から、タッチアップで三塁へ進んだ今江の本塁生還が認められる、痛恨のミス。
これで勝てる訳がありません。

岩田は登板した試合全てで先制点を許してるので、これでは打線の援護が貰えないのも無理ないですね。
僕が東京ドームで観戦した試合でも、ラミレスに先制弾を浴びましたから。

そして相変わらず効率の悪過ぎる攻撃が目立ちます。
タイガースはマリーンズよりもヒットが多いのに、併殺などで得点は僅かに1点のみ。
重ねて言いますが、これでは勝てる訳がないですよ。
攻撃担当責任者の和田は何を指示してんですかね?(怒)

マリーンズに連敗を喫し、気がつけばセ・リーグだけでなく、交流戦でも最下位に沈みました。

もう、世代交代を強引に押し進めなければならない所まで迫られましたね。
継ぎ接ぎ補強で難局を乗り切ろうなんて考えは、そもそも将来的なビジョンが何一つない証拠ですし、現実は甘くありません。
この低迷化の原因となってる金本と城島は、もう代打要員で良いでしょうし、攻守ともダメな金本の場合は引退勧告をするべきです。
過去の功績は今、ハッキリ言って何の役にも立ちませんよ?

正直、首脳陣もフロントも親会社もまるごと取り替えたい気分です。
暗黒時代の再来は嫌ですけど、遂に来る所まで来てしまい、手遅れだったようです。
もう、若手の活躍しか期待出来なくなりました。(涙)
スポンサーサイト
  1. 2011/05/27(金) 10:33:32|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月28日・34戦目 ●千葉ロッテ0-2巨人○(QVCマリンフィールド) | ホーム | 5月26日・33戦目 ●阪神1-4千葉ロッテ○(甲子園)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/435-3cf68252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。