虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月22日・30戦目 ○広島4-1千葉ロッテ●(マツダスタジアム)

ロ|000 100 000 1
広|000 001 03X 4
ロ|H:7 E:0
広|H:7 E:1

【勝利投手】上野 1勝 1敗 0S
【セーブ】サファテ 1勝 0敗 10S
【敗戦投手】カルロス・ロサ 0勝 2敗 0S

◆バッテリー
ロ:渡辺俊、内、●カルロス・ロサ=里崎
広:前田健、○上野、Sサファテ=石原

◆本塁打
ロ:なし
広:栗原1号3ラン(8回・カルロス・ロサ)

◆戦評
今季初のセ・リーグ主催試合に臨むマリーンズの先発マウンドには渡辺俊。そして相手先発は昨年2度対戦して負けをつけることができなかった前田健。雪辱を果たす試合にしたいところです。

序盤は低めに制球された前田健のボールを捉えられずにいた打線でしたが、4回表に先頭の3番・井口と4番・福浦が鮮やかに連打を放ち無死1,3塁とすると、5番・里崎の犠飛で1点を先制します。

一方の渡辺俊は切れのあるシンカーを低めに集め、相手打線に思い通りの打撃をさせません。渡辺俊の粘投にバックも応え、3回裏には3塁に走者を置いた場面で三遊間へのゴロを三塁手・今江が横っ跳びで捕球して本塁への生還を阻止すると、5回裏には遊撃手・細谷が頭上を襲うライナーにジャンピングキャッチ。「和」の守りで試合前半を無失点にしのぎます。

リードしたまま試合後半を迎えますが、6回裏、1塁に走者を置いた場面でトレーシーに右中間への適時二塁打を許し、同点に追い付かれます。

再びリードを奪いたい打線は7回表、2死3塁とし渡辺俊のところで代打・神戸を送ります。神戸は一塁手のミットをはじく強烈な当たりに気迫のヘッドスライディングを見せるも、わずかな差でアウトとなってしまいます。

7回裏に登板した2番手・内はこの回を無失点でしのぎますが、8回裏に登板したカルロス・ロサが2死まで相手を追い込むも、1,2塁に走者を置いて迎えた栗原に勝ち越しとなる3点本塁打を打たれ1対4。9回の攻撃を前にリードを許してしまいます。

3点差の中でも集中力を欠くことのない打線は最終回、相手守護神・サファテから5番・里崎、6番・清田が連打を放ち1死2,3塁と一発出れば同点の好機を作ります。しかし、サファテの力のある直球に後が続かず、1対4で試合終了。終盤に浴びた一発が痛手となり、5連敗を喫してしまいました。

チームは連敗の中にあっても堅守を持続しており、決して悪い状況ではありません。まずは交流戦初勝利を挙げ、良い流れを呼び込みたいところです。

◆私評
先発はマリーンズが今季不調に喘ぐサブマリン・渡辺俊介、カープはエース・前田健太でした。

なお今日は(更新日が試合の翌日なので)、広島県三次市にある三次きんさいスタジアムで行われます。
ただ、雨予報なので、せっかくの地方開催試合が雨天中止になる恐れもありますが…。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/05/23(月) 11:07:08|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月22日・31戦目 ●阪神1-2埼玉西武○(延長11回)(甲子園球場) | ホーム | 5月21日・30戦目 ○福岡ソフトバンク7-0阪神●(福岡Yahoo!Japanドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/426-ae8de76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。