虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月20日・28戦目 ●千葉ロッテ0-2横浜○(QVCマリンフィールド)

横|000 000 200 2
ロ|000 000 000 0
横|H:7 E:0
ロ|H:2 E:0

【勝利投手】大原慎 2勝 0敗 0S
【セーブ】山口 1勝 0敗 8S
【敗戦投手】成瀬 3勝 2敗 0S

◆バッテリー
横:須田、○大原慎、牛田、江尻、S山口=武山
ロ:●成瀬、薮田=里崎

◆本塁打
横:村田5号2ラン(7回・成瀬)
ロ:なし

◆戦評
横|000 000 200 2
ロ|000 000 000 0
横|H:7 E:0
ロ|H:2 E:0

今日の試合は交流戦2つ目のカードとなるベイスターズとの初戦。3連勝中のエース・成瀬を先発に立てて「湾岸ダービー」初戦を制し、交流戦初勝利を挙げにいきます。

先発の成瀬は序盤から制球と球の切れを生かした投球を披露。2回には3者連続三振に仕留めるなど、相手打線に先制の隙を与えません。

一方の打線は相手先発・須田から初回に1番・岡田の安打、3番・井口の9試合連続安打となる二塁打が生まれるも無得点。4回には先頭の2番・伊志嶺が四球で歩くとすかさず盗塁を決めて得点圏に進みますが、後続が打ち取られてしまいます。

須田の力のある直球を捉えられずにいた打線は、6回裏に先頭の9番・細谷が四球で歩くと、続く1番・岡田の犠打などで1死満塁の好機を作ります。ここでベイスターズは須田を諦め2番手・大原慎を投入。4番・福浦が対峙し強い打球を放ちますが、不運にも一塁手の正面を突く併殺打となり得点できません。

ここまで粘投していた成瀬でしたが、7回表に先頭のスレッジに安打を打たれると、続く村田に高めの直球を振り抜かれた当たりは左翼席に飛び込む2点本塁打となり、0対2と先制を許します。

走者を出して揺さぶりをかけたい打線でしたが、7回を3番手・牛田、8回を4番手・江尻に3者凡退に抑えられ、相手の小刻みな継投を打ち崩すことができません。

失点後も粘りの投球を続けた成瀬に代わり、9回表には2番手・薮田が登板。1死1塁の場面も、一塁手・福浦の好守備で併殺に仕留め、逆転勝利への望みをつなぎます。

迎えた最終回、相手の守護神・山口から3番・井口が四球を選び出塁しますが、反撃もここまで。相手の継投の前にわずか2安打に抑えられ、今季初の4連敗を喫しました。

明日もQVCマリンでベイスターズの対戦となります。休日ということでたくさん訪れるファンの前で、流れを変える勝利を収めたいところです。

◆私評
交流戦2カード目の対戦相手はセ・リーグ最下位の横浜です。
先発はマリーンズが成瀬善久、ベイスターズがルーキー・須田幸太でした。
結論で言いますと、成瀬は1球に泣きましたし、痛い所で持病の一発病が出てしまい、これが致命的でした。

打線も2安打しか打てず、チャンスも潰すようでは、セ・リーグ最下位とは言えども、ベイスターズに負けますよ。

今日(更新日は翌日なのでw)はベイスターズに雪辱を果たしましょう。
借金生活へ逆戻りしちゃいましたし。(涙)

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/05/21(土) 22:57:46|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月20日・29戦目 ○福岡ソフトバンク4-0阪神●(福岡Yahoo!Japanドーム)) | ホーム | 5月18日・28戦目 ○オリックス2-0阪神●(京セラドーム大阪)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/422-cbcf7ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。