虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月17日・27戦目 ●オリックス4-5阪神○(京セラドーム大阪)

神 004 100 000=5
オ 101 002 000=4
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-渡辺-榎田-小林宏-藤川
(オリックス)
寺原-桑原-香月-平野-岸田
[勝ち投手]
スタンリッジ 2勝 1敗
[負け投手]
寺原 2勝 4敗
[セーブ]
藤川 1勝 7S
[本塁打]
(オリックス)
T-岡田4号ソロ

今日から始まった日本生命セパ交流戦。
タイガースの初戦は昨年の交流戦覇者・オリックスバファローズです。
先発はタイガースがジェイソン・スタンリッジ、バファローズが今季横浜から移籍した寺原早人でした。

スタンリッジは立ち上がりから不安定で、初回にはヘスマンにタイムリーを打たれて先制を許すと、、3回には主砲・T-岡田に一発を浴び、6回裏には元阪神のバルディリスにタイムリーを打たれ、6回途中で降板しました。
ホークス時代は、バファローズキラーだったそうですが…。

一方の寺原は過去ホークス・ベイスターズ時代に何度も対戦してて、聞いた話だとプロ入り後から今まで7連勝中と、カモにしてるそうです。(笑)
その寺原から3回表、この日ショートでスタメン出場の上本がタイムリーを放ち同点。
更に上本が三塁へ、この日2個目の盗塁を決め、新井のタイムリー、金本の2点タイムリーを誘いました。

4回表、再び上本が今季猛打賞を決めるタイムリーを放ち5点目。

スタンリッジ降板後に登板した渡辺が不調で、大引にタイムリーを打たれ1点差…。
この窮地に登板したルーキー・榎田がピンチの火を消し、小林宏之で劇場未遂がありましたが(爆)、最後は藤川球児が締め、関西ダービー初戦を制しました。
タイガースは京セラドーム大阪での対オリックス戦が、2006年6月以降連敗中だったので、今日でやっと京セラでの対オリックス戦の連敗を止めた事になります。

今日のヒーローは、猛打賞に2盗塁と大暴れの上本でした。

その上本は低迷してたタイガースに新しい風を運びましたね。
YouTubeで見てましたが、バットスイングが鋭いですし、粘りの打撃が出来、更に走れますから、守備面を強化し、体力面でも更に鍛え上げたら、中日の荒木・井端クラスのいやらしさを備えたバッターになれるんじゃないかと思いますね。

一方、再逆転のピンチを救ったのは榎田でした。
ただ、昨年の西村の例があるので、酷使は厳禁です。
起用は計画的にして欲しいですね。

そして、その榎田がピンチで梶本を抑えた場面、梶本はレフトへ大飛球を打ち上げ、そのフライを金本がフェンスにぶつかりながら取りましたが、あれは他の外野手ならスムーズに取れるんじゃないかと思います。
ですから、あのプレーをファインプレーと呼ぶのはどうかと思いますね。
本来なら金本は二軍へ自ら志願して行き、治療に専念すべきなんです。
同じく負傷して、しばらくは守れない鳥谷も。
そこがフルイニング出場の弊害であり、こういう時こそ上本のような若手を辛抱強く起用すべきだと思います。
怪我でベストのプレーが出来なかったら、チームに迷惑をかけるだけですから。

明日は恐らく、岩田とフィガロの先発だと思いますけど、タイガースは今外国人投手に連敗中ですし、ましてやフィガロは初対戦ですから、一抹の不安はあります。
上本もヒーローインタビューで「明日も勝ちたいと思います。」と負けフラグの禁句を言っちゃいましたし。_| ̄|○
けど、その不安を吹き飛ばして、連勝で福岡へ乗り込んで欲しいですね。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/17(火) 23:30:36|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月18日・27戦目 ●千葉ロッテ2-3中日○(QVCマリンフィールド) | ホーム | 5月17日・26戦目 ●千葉ロッテ5-6中日○(QVCマリンフィールド)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/419-53ddf01e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。