虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月14日・24戦目 ○千葉ロッテ4-0東北楽天●(QVCマリンフィールド)

楽|000 000 000 0
ロ|200 002 00X 4
楽|H:4 E:1
ロ|H:9 E:0

【勝利投手】唐川 4勝 1敗 0S
【敗戦投手】塩見 1勝 1敗 0S

◆バッテリー
楽:●塩見、スパイアー、片山、サンチェス=嶋
ロ:○唐川=里崎

◆戦評
本日の先発はここまで自身3連勝中の唐川。開幕カードでイーグルス相手に負けてしまった雪辱を果たすべく、マウンドに上がります。

まずは先制して唐川の投球を楽にしたい打線は初回、相手先発・塩見から今日2番に入った伊志嶺が安打を放つとすかさず盗塁を決めるなどし、1死1,2塁と好機を作ります。すると、昨日先制打を放った4番・金泰均が「久しぶりにいい感じで打つことができた」と話す左前適時打を放ち先制点を挙げます。さらに続く1死1,3塁の場面で5番・今江が初球から積極的に打ちにいった打球が犠飛となり2対0。効率的な攻撃で唐川を援護します。

唐川は走者を出しながらも切れのある直球と緩いカーブを織り交ぜて安定した投球を見せ、相手に反撃の隙を与えません。

打線はその後毎回のように走者を出しながらもなかなか得点できずにいましたが、守備で唐川をもり立てます。6回表、先頭の聖澤の大きな当たりを、センター・岡田が猛ダッシュで打球を追いかけ背を向けながら倒れ込む好捕。白く染まる右翼席が盛り上がると、声援を受けた唐川が発奮してこの回を3者凡退に抑え、粘り強く援護を待ちます。

すると6回裏、2番手・スパイアーから金泰均と今江の連打などで2死2,3塁とすると、ここで福浦が代打で登場。それを見てイーグルスは3番手・片山を送り込みますが、福浦が中前2点適時打を放ち4対0。「侑己も頑張ってくれている。みんなの気持ちを背負っていた。気持ちのヒット」と話した福浦がここぞの場面で仕事をキッチリと果たし、待望の追加点を挙げます。

唐川は試合終盤に入っても集中力を切らすことなく、バックの堅守にも助けられながら無失点のまま最終回のマウンドへ。最後も切れのあるボールが衰えることなく3者凡退に締め試合終了。124球を投げ、被安打4、奪三振3、与四球1と見事な内容で自身4連勝目を挙げると同時に、今季2度目の完封勝利を飾りました。

昨日、引き分けとなった試合の疲れを感じさせず、野手陣が次々と好守備を見せてくれました。明日も堅守で先発マウンドに立つ渡辺俊を援護していきましょう!

◆私評
今日のマリーンズ先発は唐川で、雨天中止により登板間隔が空きましたけど、全く問題無しでした。
開幕2戦目は負け投手になりましたが、今日はそのお返しをする4安打完封。
左の成瀬と並び、マリーンズが誇れる右のエースですね。

打線は楽天先発のルーキー・塩見の立ち上がりを攻略し、前回登板で無失点のルーキーに金泰均がマリーンズの洗礼を浴びせました。
更に、3番手・片山から放った福浦の2点タイムリーによる追加点は、効果的で大きかったです。
結果的には、この追加点がダメ押し点となり、唐川を援護出来た事だけは間違いないですね。

明日の予告先発はマリーンズが最近不調の渡辺俊介、イーグルスはダレル・ラズナーです。
俊介にとっては久しぶりのマリンでの登板。
存分に持ち味を活かしたピッチングを期待したいですね。
ただ、ラズナーはあまり対戦成績が良くないので、不安な所はありますけど、開幕2戦目の雪辱を果たして欲しいです。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/05/14(土) 21:10:43|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月14日・25戦目 ●阪神3-4中日○(甲子園球場) | ホーム | 5月13日・24戦目 ●阪神2-4中日○(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/410-13afeb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。