虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月13日・23戦目 △千葉ロッテ1-1東北楽天△(延長12回規定により引き分け)(QVCマリンフィールド)

楽|000 000 001 000 1
ロ|000 000 100 000 1
楽|H:11 E:1
ロ|H:5 E:0

◆バッテリー
楽:田中、青山=嶋
ロ:成瀬、薮田、カルロス・ロサ、内=里崎

◆本塁打
楽:山崎4号ソロ(9回・成瀬)
ロ:なし

◆戦評
QVCマリンで行われる交流戦前最後の3連戦。イーグルスを迎え今季本拠地初ナイター開催となる初戦は、エース・成瀬が開幕戦の雪辱を果たすべくマウンドに上がります。

雨天中止が続き難しい調整を強いられてきた成瀬ですが、初回から直球、変化球ともにコーナーを使い分けた投球で三振の山を築き、3回までに6三振を奪う好投を見せます。

序盤から力投する成瀬に先制点をプレゼントしたい打線でしたが、相手先発・田中の鋭く落ちる変化球の前に安打を出せず。中盤まで白熱した投手戦が繰り広げられます。

打線は7回、1死から2番・荻野貴がチーム初安打を放つと、すかさず盗塁を決め得点圏へ。ここで3番・井口が右前安打を放ち2塁走者・荻野貴が一気に生還を試みるも、相手捕手のブロックに阻まれ先制できません。しかし続く2死2塁の場面で4番・金泰均が右中間を深々と破る適時二塁打を放ち、ついに先制。試合の均衡を破ります。

8回の2死1,2塁のピンチも右翼手・清田の好捕に助けられ、無失点を続ける成瀬。ここまで11個の三振を奪い完封も見えてきましたが、9回1死から相手の主砲・山崎にソロ本塁打を打たれ、1対1の同点に追い付かれてしまいます。

その裏、先頭の9番・伊志嶺が安打を放つなどして2死2,3塁とサヨナラ勝ちの機運が高まりますが、金泰均の打球は相手の守備に阻まれ、勝負は今季初の延長戦に持ち込まれます。

10回以降は薮田、カルロス・ロサ、内の盤石のリレー。救援陣の活躍で12回まで無失点に抑え、最後の攻撃に託します。

すると12回裏、先頭の荻野貴が2番手・青山から安打を放ち、今日3つ目、そして両リーグ単独トップに立つ今季14個目の盗塁を決めて得点圏へ進むなどし、1死1,2塁とサヨナラ勝ちの好機を作ります。しかし後続が打ち取られ試合終了。延長戦までもつれた激闘は互いに譲ることなく、1対1の引き分けに終わりました。

勝利を目前にしながら引き分けとされる悔しい展開になりましたが、終盤で相手に傾きかけた流れを救援陣が気迫の投球で守り切り、打線も最後まで食らいつくなど多くの収穫がありました。この良い材料を明日以降の試合に生かしていきましょう!

◆私評
今日は今季初のナイター試合でした。
それにしても今日は内容の濃い試合だったと思います。
マリーンズ・成瀬、イーグルス・田中の投げ合いでしたが、なんと田中は7回途中まで無安打ピッチング。

その7回に金泰均のタイムリーで、遂に均衡が破れましたが、勝利目前で成瀬の一発病が再発してしまい、イーグルスで元気なベテラン・山崎武司に痛恨の同点弾を浴びました。
その山崎は気を良くしたのか、守備でも良いプレーを見せ、試合開始から3時間半が経過した頃は延長12回へ突入する試合を制する事が出来ず、今季初の引き分けに終わりました。

まぁ、今日は両投手が演出した良い試合でしたから、2人の投手と、打点を稼いだ2人の主砲に拍手ですね。

明日の予告先発はマリーンズが唐川侑己、イーグルスが前回登板の対ソフトバンク戦でプロ入り初先発初勝利を成し遂げたドラフト1位左腕ルーキー・塩見貴洋です。
当然ながら、塩見とは初対戦となりますけど、初勝利の勢いに呑まれないようにして欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 23:52:48|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月13日・24戦目 ●阪神2-4中日○(甲子園球場) | ホーム | 5月12日・23戦目 ○阪神11-4広島●(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/408-d8659575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。