虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月1日・17戦目 ●千葉ロッテ3-8福岡ソフトバンク○(QVCマリンフィールド)

ソ|006 020 000 8
ロ|100 000 101 3
ソ|H:11 E:1
ロ|H:10 E:1

【勝利投手】攝津 2勝 1敗 0S
【セーブ】森福 2勝 0敗 1S
【敗戦投手】光原 0勝 2敗 0S

◆バッテリー
ソ:○攝津、大場、S森福=細川
ロ:●光原、山本一、大谷=里崎

◆本塁打
ソ:松田5号3ラン(3回・光原)、カブレラ3号2ラン(5回・山本一)
ロ:なし

◆戦評
昨日は接戦の中、終盤に岡田の一打で1点を奪うと、マーフィーと薮田が虎の子の1点を守りきり連勝。今日も勝ってホークスを3タテし、本拠地6連戦を選手とファンの笑顔で締めたいところです。

昨日に引き続き強風が吹き荒れる中、QVCマリン初見参となる光原がマウンドに上がります。初回に2本の安打を許し1死1,3塁とされますが、ここは後続を打ち取り、無失点でしのぎます。

するとその裏、ホークス先発・攝津から2番・荻野貴が俊足を生かした二塁打を放つと、相手の守備の隙を突いて3塁への盗塁も決めます。続く3番・井口がキッチリと犠飛を打ち1対0。足を絡めた攻撃で、光原に先制点をプレゼントします。

1回、2回と走者を出しながらもしのいできた光原でしたが、3回に川崎に三塁打を許し2死3塁とされると、内川の詰まった当たりが中前適時打になり同点とされます。さらにカブレラ、多村にも適時打を浴び1対3と勝ち越しを許すと、松田には3点本塁打を打たれ、この回6失点。序盤で大量リードを許す厳しい展開となります。

相手の攻撃をせき止めたいベンチは、4回から2番手・山本一にスイッチ。この回を3者凡退に打ち取り、相手の流れを一度は止めますが、続く5回表にカブレラに2点本塁打を許し、1対8と点差を広げられます。

意地を見せたい打線は7回裏、7番・清田が二塁打で出塁すると、続く8番・里崎の左前の当たりで2塁走者・清田が激走し本塁に生還。最後まで諦めない積極的な攻撃を見せて2対8とします。

7回から登板した大谷が9回まで無失点でしのぎ、終盤で相手の流れを封じ込めると、最終回に相手2番手・大場から9番・今江の安打などで1死1,3塁と好機を作ります。迎えた荻野貴の当たりが相手の失策を誘って、3塁走者がかえり3対8。なおも2死満塁と好機が続き代打に伊志嶺。スタジアムは盛り上がりを見せますが、ここで代わった3番手・森福の前に凡退し反撃もここまで。

後半での反撃も及ばず痛い敗戦となりましたが、序盤で大量リードを許しながら地道に得点を積み重ねる諦めない姿勢が見られました。本拠地6連戦で4勝した流れを大事にし、明後日から敵地・西武ドームで行われるライオンズとのカードでも勝ち越したいところです。

◆私評

マリーンズ、ファイティン!!

なお、3日の西武ドームでの試合の予告先発は、マリーンズが成瀬善久、ライオンズが涌井秀章と、マリンでのエース対決の再戦となりました。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/01(日) 22:29:10|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月1日・16戦目 ●阪神2-6東京ヤクルト○(甲子園球場) | ホーム | 4月30日・15戦目 ○阪神6-2東京ヤクルト●(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/383-74e251f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。