虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月30日・16戦目 ○千葉ロッテ1-0福岡ソフトバンク●(QVCマリンフィールド)

ソ|000 000 000 0
ロ|000 000 10X 1
ソ|H:7 E:0
ロ|H:11 E:0

【勝利投手】マーフィー 1勝 1敗 0S
【セーブ】薮田 0勝 1敗 4S
【敗戦投手】杉内 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ソ:●杉内=細川、山崎
ロ:○マーフィー、S薮田=里崎

◆戦評
昨日は中盤に荻野貴の一打で逆転に成功すると、救援陣が大車輪の活躍を見せてリードを守りきり接戦を制しました。「和」の守りを今日の試合でも生かし、「オールドユニフォームシリーズ」の初戦を白星で飾りたいところです。

「サンライズピンク」のユニフォームをまとった先発のマーフィーは、初回から力強いボールを投げ込み、3者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せます。

打線はその裏、相手先発・杉内から連続安打で無死1,2塁としますが、続く3番・井口の強い打球は不運にも遊撃手の正面を突き併殺となるなど、初回での先制はなりません。

その後も打線は攻撃の手を緩めることなく、杉内から毎回安打を放ちますがもう一本が出ない展開が続きます。

杉内に負けじとマーフィーも緊迫した試合の中で集中力を切らすことなく、走者を出しながらも変化球をしっかりと投げ込む落ち着いた投球で得点を与えません。

中盤にかけてお互いに決定打がない中、粘り強く投げ続けるマーフィーをなんとか援護したい打線は7回裏、ついに試合の均衡を破ります。1死後に9番・清田がこの日猛打賞となる右中間二塁打を放つと、続く1番・岡田が1塁線を破る右適時二塁打を放ち1対0と先制。終盤で貴重な1点を挙げ、勝利へ一歩近づきます。

力投を続けるマーフィーは9回も1死まで追い込み、来日初完封への期待がかかりますが、松田に不運な内野安打を浴びるなど満塁とされ、ここで西村監督は薮田をマウンドへ。マーフィーはチェンジアップで打たせる投球を主体に8回1/3を投げ132球、被安打7、奪三振5、与四球3という素晴らしい内容でマウンドを降ります。バトンを受けた薮田は代打・長谷川を邪飛に仕留め2死とすると、川崎から渾身の直球で空振り三振を奪いマウンド上で力強いガッツポーズ。「和」の継投で虎の子の1点を守りきり、ホークスとのカードの勝ち越しを決めました。

今日の勝利は「オールドユニフォームシリーズ」の初戦を飾るとともに、本日引退セレモニーの行われた堀幸一氏への最高のプレゼントとなりました。偉大な先輩たちのまとっていたユニフォームでの勝利を明日への力に変え、3連勝に向かい突き進みます!

◆私評

明日の予告先発はマリーンズが光原逸裕、ホークスが攝津正で、先週日曜日熊本での試合の再戦となりました。
九州の敵を千葉で討ち、鷹相手にスイープを決めましょう!

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 18:05:15|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月30日・15戦目 ○阪神6-2東京ヤクルト●(甲子園球場) | ホーム | 4月29日・14戦目 ○阪神4-1東京ヤクルト●(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/381-d4c25f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。