虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月23日・10戦目 ○福岡ソフトバンク5x-4千葉ロッテ●(9回サヨナラ負け)(鹿児島県立鴨池野球場)

ロ|000 020 002 4
ソ|100 011 101X 5
ロ|H:10 E:1
ソ|H:13 E:0

【勝利投手】森福 2勝 0敗 0S
【敗戦投手】カルロス・ロサ 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:マーフィー、古谷、伊藤、●カルロス・ロサ=里崎
ソ:杉内、ファルケンボーグ、馬原、○森福=細川

◆本塁打
ロ:サブロー1号ソロ(5回・杉内)
ソ:なし

◆戦評
前カードは相手に一度のリードも許さず3連勝。追い風を受けたマリーンズは鹿児島に乗り込み、さらなる連勝を目指します。

その先発マウンドに立ったマーフィーは初回、安打と盗塁で得点圏に走者を背負うと、続く内川に適時打を浴び0対1。しかし2回以降立ち直りを見せ、変化球を織り交ぜた投球で相手打線に追加点を許しません。

打線はホークス先発・杉内の前に4回まで井口の安打1本に封じられますが、5回に先頭の5番・サブローが低めの変化球を振り抜いた打球は左中間へと飛び込む今季第1号ソロ本塁打となり1対1。「いい流れを作る一発になって良かった」という一撃で停滞ムードを吹き飛ばすと、四球で出塁した6番・大松を1塁に置き、7番・金泰均が二塁打を放ち無死2,3塁と好機を演出。そして「流れを止めたくなかった」と語る8番・里崎も適時打を放ち、2対1と勝ち越しに成功します。

しかしその裏、2死3塁のピンチを招くと川崎に適時打を打たれ2対2の同点。6回にも多村に適時打を放たれ2対3とリードを許してしまいます。

7回からは流れを変えるべく2番手・古谷が登板しますが、川崎に二塁打と失策で3塁に進まれると、3番手・伊藤が適時打を許し2対4と追加点を奪われます。

それでも試合を諦めない打線は9回、この回からマウンドに上がったホークス3番手・馬原からサブロー、大松の連打で無死1,2塁とすると金泰均の猛打賞となる適時打で3対4。続く里崎も犠飛を放ち土壇場で4対4の同点に追いつきます。

延長戦へと持ち込むべく、その裏のマウンドには4番手・カルロス・ロサが上がりますが、2本の安打で2死1,2塁。ここで小久保に前進守備の中堅手の頭上を越えられる適時打を放たれ万事休す。4対5とサヨナラ負けを喫してしまいました。

土壇場に執念で振り出しに戻した試合を制することはできませんでしたが、怒とうの攻撃はまさに「和」を象徴していました。下を向くことなく、また明日からの試合に生かしていきましょう!

◆私評


明日の予告先発はマリーンズが今季オリックスから移籍した光原逸裕、ホークスがセットアッパーから先発へ転向した攝津正です。
明日こそは勝ってマリンへ帰りましょう!
マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/23(土) 20:03:06|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月23日・11戦目 阪神-横浜 雨天中止 (甲子園球場) | ホーム | 4月22日・10戦目 ○阪神4x-3横浜●(9回サヨナラ勝ち)(甲子園球場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/367-3dd48496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。