虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月20日・8戦目 ○千葉ロッテ3-0埼玉西武●(QVCマリンフィールド)

西|000 000 000 0
ロ|200 010 00X 3
西|H:6 E:0
ロ|H:8 E:1

【勝利投手】唐川 1勝 1敗 0S
【敗戦投手】帆足 1勝 1敗 0S

◆バッテリー
西:●帆足、藤田、長田=銀仁朗
ロ:○唐川=里崎

◆戦評
昨日は成瀬が完封勝利を挙げて、ライオンズとの本拠地3連戦の先手を取ったマリーンズ。先発・唐川を立ててカード勝ち越しを狙います。

その唐川は初回、いきなり先頭の片岡に死球を与えますが、巧みなけん制で刺して無失点で立ち上がります。

するとその裏、ライオンズの先発・帆足に対して2死から3番・井口、4番・福浦の連打で1,3塁と攻め立てると、5番に入ったサブローが左翼手の頭上を越える2点適時二塁打。「2死からのチャンスを生かすことができて良かった。今季初打点、ホッとしています」と語る選手会長が勝負強さを発揮した一打で、2対0と先制します。

2回は3者連続三振を奪った唐川でしたが、3回、4回といずれも内野安打をきっかけに得点圏に走者を背負う、苦しい展開となります。しかし、持ち前の落ち着いた投球で反撃を断ち切ってしのぎます。5回も死球と安打などで1死2,3塁と一打同点のピンチを迎えますが、秋山、片岡を冷静に打ち取って得点を与えません。

その裏、先頭の9番・今江が右中間を破る二塁打で出塁すると、1番・清田の犠打で3塁に進みます。このチャンスで2番・荻野貴がキッチリと中犠飛を放ち、3対0。組み替えた打線が機能してリードを広げます。

6回も栗山、中島の連打で無死1,2塁とされますが、ここも直球とスライダーの組み合わせて抑え込んだ唐川。試合の流れを渡しません。

終盤に向け、マリーンズ打線はダメ押し点を奪えずにいましたが、今日の唐川には3点の援護で十分でした。7回、8回をいずれも3者凡退に抑えてリズムに乗り、最終回を迎えます。

1死から中村にフェンス手前まで運ばれる左飛を、フェルナンデスには右翼フェンス直撃の二塁打を放たれてヒヤリとする一幕もありましたが、最後はブラウンに直球勝負を挑んで見逃し三振に仕留め、笑顔で試合を締めくくりました。

唐川は9回117球、被安打6、奪三振8、与四死球2の投球内容で2010年8月19日以来の完封勝利。チームは今季初のカード勝ち越しを決めて、今季の通算成績を4勝4敗の5割としました。明日も投打がかみ合った野球で3連勝して、一気に貯金を作りましょう!!

◆私評
前日はエース・成瀬が完封で西武を倒しましたが、今日は唐川が昨日に続いて完封で勝ち、連続完封で連勝を決めました。
打線は効果的に得点を挙げ、唐川を楽にしましたね。
特に先制点を挙げたサブローの2点タイムリーが効きました。

唐川は時々ピンチに襲われましたが、自らの手でピンチの火を消し、ライオンズにホームを踏ませぬ完封劇。
試合も昨日同様、3時間未満で終わるエコな試合でした。(笑)

明日の予告先発はマリーンズが渡辺俊介、ライオンズが西口文也です。
明日も勝って、ライオンズ相手にスイープを決めて貰いましょう!

マリーンズ、ファイティン!!
スポンサーサイト
  1. 2011/04/21(木) 00:02:31|
  2. 2011年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月20日・8戦目 ●阪神4-5巨人○(甲子園球場) | ホーム | 4月19日・7戦目 ○阪神3x-2巨人●(延長10回サヨナラ勝ち)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/362-1f02961a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。