虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010日韓クラブチャンピオンシップ ○千葉ロッテマリーンズ(日本)3-0SKワイバーンズ(韓国)●(東京ドーム) チーム4冠達成! <(・∀・)> _(・∀・)_ \(・∀・)ゝ ┏( ・∀)┛

SK|000 000 000 0
ロ |020 010 00X 3
SK|H:2 E:0
ロ |H:9 E:0

【勝利投手】唐川 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 0勝 0敗 1S
【敗戦投手】門倉 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
SK:●門倉、全炳斗、鄭ウラム、李承浩=鄭相昊
ロ:○唐川、薮田、内、伊藤、S小林宏=里崎

◆本塁打
SK:なし
ロ:今江1号ソロ(5回・全炳斗)

◆戦評
日本一の栄冠をつかんだマリーンズの次なる舞台は、日韓クラブチャンピオンシップ。韓国の覇者・SKワイバーンズを相手に、この試合でも「和」の力を結集させ、日韓王者の座を狙います。

先発マウンドに立った唐川は初回、先頭に安打を許すなどして2塁に走者を背負いますが、落ち着いた投球で後続を断ち、無失点の立ち上がりを見せます。

2回には安打と2つの死球で満塁のピンチを招きますが、動じることなく要所を締め、ここも得点を許しません。

唐川を援護したい打線は初回、ワイバーンズ先発の門倉から1番・西岡、2番・清田の連打で無死1,3塁の好機を演出するも、3番・井口、5番・今江の打球はいずれも相手守備に阻まれてしまいます。

しかし2回、7番・里崎、9番・岡田の内野安打などで再び満塁の好機を生み出すと、打席には日本シリーズで大活躍を見せた清田。「今年最後の試合をこれだけのマリーンズファンの中でできるなんて最高」と語る清田の放った打球は、しぶとく中前に抜ける2点適時打となり、2対0と先制に成功します。

「12球団の代表として戦うこの試合の先発を任されたことを誇りに思い、この経験を楽しみながら投げることができました」と振り返る唐川は、心強い援護点をもらった3回以降、持ち前の安定した投球を取り戻し、5回まで1本の安打も許さない圧巻の内容。相手の反撃を許しません。

すると5回裏、先頭の今江が「いい感触で本当に会心でした」という豪快な一発を左翼席へ運び、3対0。日本シリーズMVPを獲得した主軸の一打でリードを広げます。

6回からは唐川の後を受け、薮田が登場。難なく相手打線を無失点に封じると、続く7回にはポストシーズンで大車輪の活躍を見せた内、8回は日本シリーズ胴上げ投手となった伊藤が、いずれも3者凡退に抑える快投を見せます。

3点差のまま迎えた9回には、満を持して守護神・小林宏がマウンドへ。簡単に2死を奪うと、最後は力のある直球で見逃し三振に切って取るなど、危なげない投球で試合を締めました。

序盤、中盤と得点を重ねて試合の主導権を奪うと、投手陣も先発・唐川を始めとした5人の投手リレーで3回以降相手打線に安打を許さない盤石の試合展開。チームスローガンとして掲げてきた「和」の力がこの試合でも発揮され、日本一の名に恥じない、見事な完勝を収めて日韓王者に輝きました!

◆私評
日本シリーズの激闘から6日経ちました。
日本シリーズの覇者だけが戦える権利のある、日韓クラブチャンピオンシップ。
以前はアジアシリーズでしたが、規模を縮小して、韓国シリーズの覇者との戦う日韓クラブチャンピオンシップへと変わりました。
5年前、マリーンズはアジアシリーズを制してます。

先発はマリーンズが唐川、ワイバーンズが中日~大阪近鉄~横浜~巨人で活躍した門倉でした。

立ち上がり、唐川はこの試合で使用された、来年からの使用が義務付けられている低反発球の触感への不慣れの所為か制球を乱し、死球を2つ与えましたが得点を与えず、5回を無失点に抑えます。

打線は初回に満塁のチャンスを逃しましたが、2回も満塁のチャンスで、ポストシーズン大活躍の清田がセンター前へ2点タイムリーを放ち、2点先制。
更に5回には日本シリーズMVP男・今江がレフトスタンド上段へソロホームランを放ち、点差を3点へと広げます。

6回からは1イニングずつで、薮田→内→伊藤と継投し、SKに得点のチャンスすら与えません。

8回、ポスティングシステムでメジャーへ挑戦する為、マリーンズを去る事が確実なキャプテン・西岡剛へ最後の打席が回って来ますが、豪快なスイングで空振り三振を喫しました。
しかし、スタンドからの温かい拍手に送られながら、ベンチへと戻った姿が印象的でした。

9回表、フリーエージェント宣言でメジャー行きを志望し(頓挫の場合は、国内他球団でのプレーが濃厚)、マリーンズを去る事が決まった守護神・小林宏之が三者凡退に抑え、日韓クラブチャンピオンシップを勝って、ファーム日本一、クライマックスシリーズ制覇、日本シリーズ制覇、そして日韓クラブチャンピオンシップ制覇の4冠を達成しました。

激闘の日本シリーズを終えて、マリーンズにとってショッキングだった、小林宏之のFAメジャー宣言(これは以前からも訴えていた事だけど)と、西岡剛のポスティングシステムによるメジャー挑戦。
5年前(阪神ファンの立場としては複雑だけど)も今年も日本一の立役者の1人なので、残念ではありますけど、やる事はやったのだから、温かい目で2人のメジャー挑戦を見守りたいですね。

西岡剛と小林宏之の、これからの歩む道に光あれ!

マリーンズは来週日曜日の21日、日本一パレードと優勝報告会があります。
千葉ロッテマリーンズの関係者の皆さん、一年間お疲れ様でした!そして、感動をありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2010/11/13(土) 19:05:38|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<千葉ロッテマリーンズ優勝報告会 | ホーム | 2010年日本シリーズ第7戦 ●中日7-8千葉ロッテ○(延長12回)(ナゴヤドーム) 5年ぶり4回目の日本一で、史上最大の下克上、これにて完結!<(T∀T)> _(T∀T)_ \(T∀T)ゝ ┏( T∀)┛ (T∀T)人(T∀T)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/296-5bdadefb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日韓CS】ロッテ、SKに完封勝利!

(東京ドーム) S K000 000 000=0 ロッテ020 010 00X=3 <投手> (S)門倉-全炳斗-鄭ウラム-李承浩 (ロ)唐川-薮田-内-伊藤-小林宏 ○唐川 S小林宏 ●門倉 <本塁打> (ロ)今江1号ソロ=5回裏 日本シリーズ王者・千葉ロ
  1. 2010/11/13(土) 21:34:26 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐

11/13 日韓クラブチャンピオンシップ:ロッテ3-1SK+サッカーもアジア一が決まった!

千葉ロッテマリーンズ関係者の皆さん、クライマックスシリーズ パ、日本シリーズに引続き、日韓クラブチャンピオンシップ制覇おめでとうございます。 11/13 日韓クラブチャンピオンシップ:ロッテ-SK(東京ドーム、14:00) SK 000 000 000|0 ロッテ020 010 0…
  1. 2010/11/14(日) 08:28:16 |
  2. ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。