虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年日本シリーズ第6戦 △中日2-2千葉ロッテ△(延長15回引き分け)(ナゴヤドーム) 日本シリーズ最長時間試合による引き分けも、王手は変わらず!

ロ|100 000 010 000 000 2
中|100 001 000 000 000 2
ロ|H:8 E:1
中|H:11 E:0

◆バッテリー
ロ:成瀬、内、伊藤、薮田、古谷、小野、小林宏=里崎
中:チェン、浅尾、高橋、河原、岩瀬、ネルソン、久本=谷繁

◆戦評
一昨夜の大勝で3勝2敗とついに日本一へ王手。敵地・ナゴヤドームに再び乗り込み、5年ぶりの悲願達成を狙います。

打線は初回、1番・西岡がドラゴンズ先発・チェンから左翼線を破る二塁打で出塁。その後3塁へ進むと、4番・サブローが中前適時打を放ち、1対0と先制に成功します。

援護を受けたマリーンズの先発・成瀬はその裏、安打と犠打で1死2塁とされると、森野に左中間を破る適時二塁打を打たれ1対1の同点にされます。しかし、その後は和田、ブランコの中軸を打ち取り最少失点。2回以降は持ち前の落ち着いた投球を取り戻し、相手打線に追加点を与えません。

好投を続けていた成瀬でしたが、6回に安打と四球で2死1,2塁とピンチを迎えると、ブランコに右翼フェンス直撃の適時二塁打を放たれ、1対2と均衡を破られます。

一方の打線は7回、先頭の6番・金泰均が右前安打で出塁すると、7番・里崎の犠打で2塁へ進塁。ここで今岡、青野と代打攻勢をかけて同点を狙いますが、得点には至りません。

これ以上得点を与えないためにもその裏、2番手・内が登板。2死から代打・中田亮に二塁打を許しますが、続く荒木を投ゴロに打ち取り無失点に抑えます。

迎えた8回、1死から2番・清田が右中間を破る二塁打を放つと、2死後にサブローが値千金の適時打を放って2対2の同点。「とにかく同点に追いつけたことが大きい」という、頼れる選手会長の一振りで試合を振り出しに戻します。

内は8回を3者凡退に封じると、9回からは3番手・伊藤が登場。ここを無失点に封じて、試合は今シリーズ2度目の延長戦に入ります。

10回から登板した4番手・薮田は安打や犠打などで2死1,3塁と一打サヨナラの場面を迎えましたが、和田を三ゴロに打ち取り、土壇場でしのぎます。

11回、2死から5番・今江の四球、金泰均の左前安打で2死1,2塁と勝ち越しのチャンスを演出しましたが、里崎が放った大飛球は中堅手・大島が背走しながら好捕。無得点に終わります。

その裏、薮田は2つの四球を与えて2死1,2塁とされると、5番手・古谷が登板しますが大島に四球を許し満塁。このピンチに6番手・小野が登場します。ここで荒木を一直に抑えると、12回も2死1,2塁から谷繁を投ゴロに打ち取り、勝利への執念を見せます。

13回もマウンドに上がった小野は2死から走者を得点圏に背負いますが、要所を締める投球で援護を待ちます。

しかし打線は12回以降、相手救援陣の前に走者を出せず、チャンスを作ることができません。

14回からは7番手・小林宏がマウンドへ。2死から和田に安打を放たれますが、ブランコを抑え、いよいよ最終15回の攻防を迎えます。

最後の攻撃で勝ち越したいところでしたが、ドラゴンズ7番手・久本の前に抑えられて無得点。その裏も続投した小林宏は、1死から代打・堂上剛に右前安打を放たれますが、後続を仕留めて試合終了。延長15回、日本シリーズ最長記録となる5時間43分の激闘となった試合は2対2のまま決着つかず、引き分けとなりました。

成瀬、チェンの両先発による投げ合いとなった試合は延長戦にもつれ込み、10回以降は救援陣が土壇場で踏ん張り、しのぎ切りました。王手をかけたまま、勝負は第7戦へと持ち越し。今こそ「和」の力を結集させ、5年ぶりの悲願達成を実現させましょう!!

◆私評
日本シリーズ史上最長時間試合となった死闘劇は引き分けに終わり、疲れだけが残りました。

初回にサブローのタイムリーで先制したまでは良かったですが、その裏マリーンズ先発・成瀬が要注意の森野にタイムリーを打たれ同点に。

打線はその後、ドラゴンズ先発・チェンを攻略出来ず、成瀬も立ち直って投手戦になりましたが6回裏、目を覚ましてしまったブランコにフェンス直撃のタイムリー2塁打を打たれ、勝ち越しを許した所で成瀬はマウンドを降りました。

一方のドラゴンズはチェンを7回まで投げさせ、8回を浅尾に託しましたが、サブローがこの日2打点目となるタイムリーを放ち、難攻不落のセットアッパーから同点に追い付きました。

9回を終えても決着がつかず、このシリーズ2度目の延長戦へ突入しますが、マリーンズは攻守でミスを連発し、ドラゴンズに押されっ放しと、ピンチの連続でしたが、なんとか踏ん張り、ドラゴンズの逆王手を阻止し、引き分けに持ち込みました。

この試合で送りバントを3度失敗し、そのうち2度は併殺に倒れてます。
ここまでバントを失敗し続けるなら、バントに拘る必要はないんじゃないかと思いましたね。
野球の流れをミスにより、相手へ傾く怖さを幾度となく思い知ってますから、ミスは撲滅するくらい気を引き締めて欲しいです。
井口も守備で無理に焦ってエラーし、サヨナラ負けのピンチに陥ったので、その点も反省して欲しいです。

しかし、これだけ連続のピンチに陥る、胃の痛い展開ながらも、よく耐え凌いで引き分けに持ち込んだと思います。
その点については、よく頑張って踏ん張ったと思います。

ドラゴンズの逆王手を阻止した以上、王手をかけているマリーンズの優位に変わりはありません。

今日(試合が終わったのが午前0時前だった為、更新が遅れました。m(_ _)m)こそ、36年前に日本一を決めた名古屋にて西村監督を胴上げして、チャンピオンフラッグを千葉に持ち帰って頂きましょう!

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/11/07(日) 12:22:13|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<2010年日本シリーズ第7戦 ●中日7-8千葉ロッテ○(延長12回)(ナゴヤドーム) 5年ぶり4回目の日本一で、史上最大の下克上、これにて完結!<(T∀T)> _(T∀T)_ \(T∀T)ゝ ┏( T∀)┛ (T∀T)人(T∀T) | ホーム | 2010年日本シリーズ第5戦 ○千葉ロッテ10-4中日●(千葉マリンスタジアム) マリーンズ、日本一へ王手!>>

コメント

昨日は正直疲れましたね。
終わってみたらもう深夜の12時前でした。
もし今日中日が勝つと異例の第8戦に突入しますね。
  1. 2010/11/07(日) 21:27:09 |
  2. URL |
  3. えびちゃん #-
  4. [ 編集 ]

長時間のテレビ観戦は疲れました…。

>えびちゃんさん

その試合で、僕は台所にてテレビを見てましたが、いつまで経っても決着がつかず、終わったのが午前零時手前という、史上最高の長丁場だったし、延長戦へ入ってからピンチの連続だった事もあって、終わった後は力がなくなる程疲れました。
マリーンズサポーターの立場として、8戦目の開催は絶対にしないで欲しいですね。(苦笑)
先発投手がドラゴンズに比べて不利ですもん。(爆)
  1. 2010/11/08(月) 21:17:24 |
  2. URL |
  3. 実況はABCの楠アナ #qQfU7Bys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/294-8b78e299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本シリーズ】5時間43分の死闘、引き分け

(ナゴヤドーム) ロッテ100 000 010 000 000=2 中 日100 001 000 000 000=2 〔延長15回規定により引き分け〕 <投手> (ロ)成瀬-内-伊藤-薮田-古谷-小野-小林宏 (中)チェン-浅尾-高橋-河原-岩瀬-ネルソン
  1. 2010/11/08(月) 02:47:31 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。