虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年日本シリーズ第4戦 ●千葉ロッテ3-4中日○(延長11回)(千葉マリンスタジアム)

中|000 210 000 01 4
ロ|003 000 000 00 3
中|H:12 E:1
ロ|H:9 E:1

【勝利投手】高橋 1勝 0敗 0S
【セーブ】岩瀬 0勝 0敗 1S
【敗戦投手】伊藤 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
中:山本昌、ネルソン、三瀬、河原、浅尾、○高橋、S岩瀬=小田、谷繁
ロ:唐川、古谷、小野、内、●伊藤=里崎

◆本塁打
中:なし
ロ:井口2号2ラン(3回・山本昌)

◆戦評
昨日は1カ月ぶりの千葉マリンで見事ファンの期待に応える勝利をつかんだマリーンズ。今日の試合でも盤石の試合運びで日本シリーズ制覇へ王手をかけたいところです。

先発のマウンドには、8月26日以来の登板となる唐川。その唐川は満員のスタンドから大声援を受け、初めての日本シリーズとは思えぬ落ち着いたマウンドさばきで3回まで無失点に封じる上々の立ち上がりを披露します。

その唐川を援護したい打線は3回、1死から9番・岡田が安打で出塁し暴投の間に2塁へ進塁すると、ここで1番・西岡が適時二塁打を放ち、1点を先制します。さらに3番・井口が「うまく外のボールを打つことができた」と大勢のファンが待つ右翼席に2号2点本塁打を叩き込み、3対0とします。

援護をもらった唐川でしたが、直後の4回、先頭の森野に三塁打を浴びると、続く和田の適時二塁打で3対1。ブランコを打ち取ったところで救援陣に後を託します。しかし2番手・古谷が野本に犠飛を打たれ、1点差に詰め寄られてしまいます。

続く5回、3番手・小野は自らの失策などで無死満塁のピンチを招くと、併殺打の間に3塁走者の生還を許し、3対3の同点となります。

その後打線は6回に今江の三塁打を起点に2死1,3塁、8回には清田の安打を足掛かりに2死1,2塁といずれも好機を演出しますが、勝ち越し点には結びつきません。

9回は両チームともに得点圏に走者を進めるも決め手を欠き、試合は延長戦に突入します。

10回からは5番手・伊藤が登場。無失点に封じるとその裏、先頭の清田が死球で出塁し、続く井口の安打に対して右翼手・英智が打球処理を誤り2,3塁。さらにその後、敬遠などで1死満塁と一打サヨナラのチャンス。しかし、6番・福浦の放った打球は三塁手・堂上直の正面を突いてしまい、併殺に打ち取られてしまいます。

直後の11回、1死から安打と犠打で2死2塁のピンチを迎えると、大島の放った打球は前進守備の中堅手・岡田の頭上を越え、勝ち越し適時三塁打となってしまいます。

その裏、同点に追いつくべく代打攻勢を仕掛けましたが実らず試合終了。4時間半を超える熱闘はドラゴンズに軍配が上がってしまいました。

これで千葉マリンでの西村監督胴上げはなくなってしまいましたが、日本シリーズ制覇までついえた訳ではありません。明日の今季最後となる千葉マリンでの試合を必ず制し、王手をかけて名古屋へ向かいたいところです!

◆私評
マリンスタジアムでの第2戦目を勝って王手をかけ、5年前には出来なかったマリンでの胴上げを実現して欲しい…その思いは中日の執念に阻まれ、五分の星に戻されて、土曜日にナゴヤドームへ行かざるをえなくなりました。

ドラゴンズ先発の山本昌は、日本シリーズ初勝利の悲願を成就させたかったのですが、投げた球が2球ともとんでもない方向へ滑ってしまう有り様。しかも、そのうちの1球が暴投となり、井口のホームランも飛び出して3得点へと繋がりました。

しかし、マリーンズ先発の唐川も打線の援護を貰った後で2失点と、ピリッとしませんでした。
唐川は病み上がりとは言え、短期決戦でズルズル崩れて失点するのは致命的なので、小野へ代えましたが、この小野が自らのエラーなどで無死満塁にしてしまう独り相撲なピッチングで、井端の併殺打(この試合で16タコ)の間、同点に追いつかれたのが、結果的には重くのしかかりましたね。

その後マリーンズは0行進を重ねましたが、9回裏サヨナラのチャンスに西岡は空振り三振、延長10回裏には守備の名手・英智のエラーから一死満塁と、再びサヨナラのチャンスに福浦がサードライナー、三塁ランナーの清田が帰塁出来ず、併殺打に終わった時点で、勝利の女神は中日に傾いたと思います。
年齢的に衰えの不安が隠せない岩瀬を、最後の一人の場面で登板させる、石橋を叩く徹底的な継投策。
安定感ある浅尾と高橋で凌いだもん勝ちでした。

ただ、小野にはしっかりして欲しかったですね。
第2戦でも失点してますから、不安を隠せません。
ただ、勝負は紙一重だったので、悔しさ半分、納得半分ですね。
唐川もしっかりして欲しかったです。
得点後の失点はマズいですもん。

マリンでの胴上げは消えましたが、星を五分に戻されただけなので、明日は絶対に勝って、土曜日に名古屋で日本一を決めて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/11/04(木) 00:07:49|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<2010年日本シリーズ第5戦 ○千葉ロッテ10-4中日●(千葉マリンスタジアム) マリーンズ、日本一へ王手! | ホーム | 2010年日本シリーズ第3戦 ○千葉ロッテ7-1中日●(千葉マリンスタジアム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/292-2cad5ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本シリーズ】中日、五分に戻す

(千葉マリン) 中 日000 210 000 01=4 ロッテ003 000 000 00=3 〔延長11回〕 <投手> (中)山本昌-ネルソン-三瀬-河原-浅尾-    高橋-岩瀬 (ロ)唐川-古谷-小野-内-伊藤 ○高橋1勝 S岩瀬1S ●伊藤1敗 <本塁...
  1. 2010/11/04(木) 11:10:29 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。