虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年日本シリーズ第3戦 ○千葉ロッテ7-1中日●(千葉マリンスタジアム)

中|001 000 000 1
ロ|001 400 20X 7
中|H:5 E:0
ロ|H:10 E:0

【勝利投手】渡辺俊 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】山井 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
中:●山井、鈴木、清水昭=谷繁、小田
ロ:○渡辺俊=里崎

◆戦評
10月1日以来、およそ1カ月ぶりに千葉マリンへ帰ってきたマリーンズ。今日からの3連戦を制して本拠地で胴上げするべく、勝利を目指します。

初回、クライマックスシリーズでも好投を演じた先発・渡辺俊は、落ち着いた投球で相手打線を3者凡退に封じます。続く2回も3人で切って取り、見事な立ち上がりを見せます。

一方の打線は、ドラゴンズ先発・山井の前に初回、2回と連続で走者を出しますが、得点には一歩及びません。

3回、渡辺俊は谷繁と大島に安打を打たれ1死1,3塁とピンチを招くと、荒木に犠飛を放たれ0対1。先制点を奪われます。

しかし直後の3回裏、先頭の1番・西岡が安打を放って出塁すると、2番・清田の犠打で2塁へ進塁します。ここで2死から4番・サブローが適時打を放ち、1対1の同点。「とにかくつなぐ気持ち」という「和」の精神が生んだ一打ですかさず追いつきます。

続く4回、勢いに乗った打線は一気呵成に相手投手へ襲いかかります。先頭の6番・福浦が二塁打を放ち攻撃の起点になると、2死満塁と大きなチャンスを作ります。ここから、2番・清田が放った大きな打球は中堅手・大島の頭上を越える走者一掃の適時三塁打となり、4対1と勝ち越しに成功。続く3番・井口も適時二塁打を放ち5対1。「打った瞬間に抜けると思っていた」という清田、そして「積極的にいこうと狙っていた」という井口の連続適時打が飛び出し、ドラゴンズを突き放します。

渡辺俊は4回以降、再び本来の投球を取り戻し、リードを明け渡すまいと巧みな投球で相手打線を翻弄。5回から7回まで3イニングス連続で3者凡退に抑えるなど、反撃の糸口すら与えません。

ダメ押し点を奪いたい打線は7回、先頭の井口が二塁打を放ち、サブローが四球を選んで続くと、暴投の間に進塁して無死2,3塁とします。続く5番・今江と福浦は、連続して犠飛を放ち7対1。大きなダメ押し点を奪います。

渡辺俊は8回も安定した投球で相手打線を料理すると、最終回も冷静なマウンドさばきを見せる好投。9回を投げ抜いて投球数97、被安打5、奪三振5、失点1の素晴らしい内容で無四球完投勝利を飾り、チームは日本一に向けて一歩前進しました。

日本シリーズという最高の舞台で本拠地へ凱旋した今日の試合は、投打ともに冴えを見せる盤石の試合運び。この勢いを失うことなく、明日からも日本一の瞬間まで突き進みましょう!

◆私評
今日からマリーンズのホームグランドである、マリンスタジアムでの3連戦です。
先発は予想通り渡辺俊介でしたが、僕は俊介にマリンで先発登板して欲しいと思ってました。
その理由は、俊介の投じる球がマリンにて吹く風により、球が変化しやすくなり、相手を幻惑させる効果があるからです。
今夜はまさに、その風を活かした俊介のベストピッチングでしたね。
3回表、荒木に先制犠牲フライを打たれた時はどうなるかと思いましたが、心配は無用でしたね。
結果的には100球にも満たない投球数で、省エネ完投でしたから。
中日の打線は明らかにタイミングを合わせる事が出来ず、ズレまくってましたから。
5年前(阪神ファンは思い出したくないけど。涙)に続いて、日本シリーズでの完投勝利でした。

一方打線は、先発・山井から、先制点を許した後の裏、サブローのタイムリーで同点に追い付き、更にポストシーズン大活躍の清田が走者一掃三塁打、続く井口もタイムリーを放ち、3年前は快投を見せた山井をKO。
山井は決め球のスライダーが風によって、上手くコントロール出来なかったのが致命傷でしたね。

その後も今江・福浦の連続犠牲フライで追加点を挙げ、結果的には快勝でした。

明日も明後日も勝って、5年前には成し遂げられなかった、マリンスタジアムでの胴上げを是非ともして頂きたいですね。
中日が圧倒的勝率を誇るナゴヤドームには戻りたくないですから。(笑)

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/11/02(火) 22:48:31|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<2010年日本シリーズ第4戦 ●千葉ロッテ3-4中日○(延長11回)(千葉マリンスタジアム) | ホーム | 千葉ロッテマリーンズ2010年ドラフト会議>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/291-44f3de06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本シリーズ】渡辺俊介の力投&清田の活躍でロッテ2勝目!

(千葉マリン) 中 日001 000 000=1 ロッテ001 400 20×=7 <投手> (中)山井-鈴木-清水 (ロ)渡辺俊 ○渡辺俊1勝 ●山井1敗 ナゴヤドームから千葉マリンに舞台が移った 日本シリーズ第3戦。ロッテが渡辺俊介の 力投と打線がうまく
  1. 2010/11/03(水) 21:52:06 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。