虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年日本シリーズ第2戦 ○中日12-1千葉ロッテ●(ナゴヤドーム)

ロ|000 100 000 1
中|433 002 00X 12
ロ|H:5 E:2
中|H:14 E:0

【勝利投手】チェン 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】マーフィー 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:●マーフィー、小野、古谷、吉見=里崎、的場
中:○チェン、河原、三瀬、高橋、浅尾、岩瀬=谷繁、小田

◆本塁打
ロ:なし
中:ブランコ1号2ラン(6回・古谷)

◆戦評
5年ぶりとなった日本シリーズ初戦を幸先よく制した昨日の試合。「結びの三番」から続く勢いそのままに今日も白星をつかみ、連勝での千葉マリン凱旋が期待されます。

第2戦のマウンドを託されたマリーンズ先発はマーフィー。しかし初回、2本の安打で1死1,3塁とされると、和田に適時打を打たれ0対1と先制を許します。なおも2死満塁から谷繁への押し出し四球と大島の2点適時二塁打で計3点を追加され、0対4とリードを広げられます。

これ以上の失点を防ぎたいところでしたが2回、安打と2つの四球で無死満塁とされると、ここで和田に右中間を破られる2点適時二塁打を浴び0対6。マーフィーはマウンドを降ります。後を受けた2番手・小野は2死後、野本に適時打を打たれ0対7と、ドラゴンズ打線を止めることができません。

さらに3回、2本の安打で1死1,3塁とされると、井端の二ゴロの間に1点を失い0対8。なおも連続四球で2死満塁とされ、ブランコに2点適時打を許して0対10と差を広げられます。

前夜の勢いそのままに得点を奪いたい打線も、ドラゴンズ先発・チェンの前に3回まで6番・金泰均の放った1安打のみに抑えられ、得点には至りません。

しかし4回、2番・清田の死球、3番・井口の左前安打で無死1,2塁とチャンスを作ると、1死後から「1点ずつ返す気持ちでつなぐ打撃をした」という5番・今江が投手・チェンを強襲する中前適時打を放ち、1対10。1点を返して反撃の姿勢を見せます。

するとその裏を小野が3者凡退に封じ、5回から登板した3番手・古谷も落ち着いた投球で無失点。追加点を与えません。

ところが6回、古谷は先頭の和田に今日3本目となる安打を打たれると、続くブランコには右翼席に運ばれる1号2点本塁打を浴び1対12とされます。

打線は7回に7番・里崎が1死から四球で出塁。8回には2死から井口が今日2本目となる安打を放ちますが、ともに得点には至らず。9回はドラゴンズ5番手・浅尾、6番手・岩瀬にわずか4球で封じられ試合終了。対戦成績は1勝1敗となり、日本シリーズの連勝記録は8でストップしました。

投打ともに序盤からの劣勢をひっくり返すことができず敗戦。しかし、明後日からは約1か月ぶりとなる本拠地・千葉マリンでの戦いが始まります。千葉マリンに集うファンの大声援を背に受け、何としても第3戦に勝利して本拠地での戦いを優位に進めましょう!

◆私評
昨日初戦を勝って勢いをつけたかったですが、今日は悪い要素が連鎖反応で重なり、惨敗してしまいました。

先ずは先発のマーフィーが相変わらず四球癖を露呈してしまい、打たれ出したら止まらなくなってしまいましたね。
2回途中7失点KOですから、井口のエラーで足を引っ張られたとは言え、擁護は出来ないですね。
これをシーズン終盤から、ポストシーズンに入っても相変わらずですから、今後起用しにくくなった事だけは確かだと思います。
西村監督も「マーフィーは同じ事を繰り返している」と敗戦後に苦言を呈してましたし。
でも、2回に入って傷口を広げられるなら、2回の頭からマーフィーを諦めて欲しかったかなぁと個人的には思いました。
勿論、ピッチャーの無駄遣い防止と、マーフィーの立ち直りに期待しての続投だったとは思いますけど。

次に井口や清田がミスを連発して、これが失点に繋がった事ですね。
特に井口は初回に犯したエラーさえなければ1失点で済んでたんです。
これは、捕球態勢の整っていなかった金泰均にも非がありますけどね。
その後も併殺が取れなくて失点に繋がったりと、守備ではいいとこ無しでしたね。

清田も外野からの返球が逸れて失点したり、ヒットのチェン(投手)を二塁で刺せなかったり、更には攻撃の場面で二塁ランナーにいて、深い外野フライからのタッチアップで三塁へ進塁しなかった事も頂けません。
この3選手は猛省して欲しいです。

ミスの連発やマーフィーの乱調で負けた事もありますけど、先発・チェンを打てなかった事も負けた原因ですね。
そして、前日に負傷した大松の不在も痛かったですね。
病院での診断結果が右太腿裏ハムストリングスの軽度の肉離れと言う事で、最悪シリーズ中の復帰は厳しいかもしれません。(涙)
でも、軽度なので1日でも早い回復を願うのみですね。

結果的には大敗でしたが、良かった点だってありました。
チーム唯一の得点を挙げた今江のタイムリーや、終盤7・8回の2イニングを投げた吉見が唯一無失点に抑えた事です。
これは、捕手を的場に替えたからと言うのもあるからかもしれません。
攻守とも里崎のコンディションがあまり良くなかったから、大事をとって替えたのでしょうけどね。
それに、里崎は半ば満身創痍ですから。

ただ、中日打線で眠っていた主力を叩き起こしてしまったのは事実です。
特にポストシーズンは、不振に喘いで眠り続けてたブランコを、叩き起こしてしまったのは痛過ぎます。

ただ、これだけ惨敗したし、原因はハッキリ分かっているので、気持ちはすぐに入れ替われると思います。
明後日から舞台はホームであるマリンへ移りますからね。

マリンでは中日の思い通りに、決してさせないよう、気を引き締めて戦って欲しいものです。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 23:55:38|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<阪神タイガース2010年ドラフト会議 | ホーム | 2010年日本シリーズ第1戦 ●中日2-5千葉ロッテ○(ナゴヤドーム)>>

コメント

マーフィー

また、嫁に怒られますね…。
  1. 2010/11/01(月) 16:16:34 |
  2. URL |
  3. FUKUHIRO #-
  4. [ 編集 ]

シーズン終盤からこの調子…。

>FUKUHIROさん

ペナント終盤から、ポストシーズンへ入って、この調子ですからねぇ…。
やはり、奥さんがスタンドにいて、ダンナにダメ出ししないとダメなのかも…。(´へ`;)ハァ
  1. 2010/11/02(火) 16:47:50 |
  2. URL |
  3. 実況はABCの楠アナ #qQfU7Bys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/288-2eed290c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。