虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年日本シリーズ第1戦 ●中日2-5千葉ロッテ○(ナゴヤドーム)

ロ|012 001 100 5
中|020 000 000 2
ロ|H:13 E:0
中|H:6 E:0

【勝利投手】成瀬 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 0勝 0敗 1S
【敗戦投手】吉見 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:○成瀬、薮田、内、伊藤、S小林宏=里崎
中:●吉見、鈴木、平井、清水昭=谷繁

◆本塁打
ロ:清田1号ソロ(3回・吉見)、井口1号ソロ(7回・平井)
中:和田1号ソロ(2回・成瀬)、谷繁1号ソロ(2回・成瀬)

◆戦評
マリーンズにとって5年ぶりとなる日本シリーズが、ナゴヤドームで幕を開けました。

開幕投手を託された成瀬はシリーズ初先発にもかかわらず堂々たる立ち上がり。初回を3人で封じてみせます。

ドラゴンズの先発・吉見に対するマリーンズ打線は2回、4番・サブローが内野安打で出塁。5番・今江の犠打で2塁に進みます。2死後、7番・大松が放った大飛球は右翼フェンス上部を直撃。適時二塁打となって1対0と先制します。

しかしその裏、成瀬が先頭の和田に1号ソロ本塁打を放たれて1対1の同点とされると、2死から谷繁にも1号ソロ本塁打を浴び、逆転されてしまいます。

直後の3回、初回にシリーズ初安打を放った2番・清田が「高めに入った甘めの球をうまく弾き返すことができました」と振り返る1号ソロ本塁打を放ち、すかさず2対2の同点。なおも3番・井口の内野安打などで1死1,2塁と吉見を攻め立てると、今江が中前適時打を放って3対2。試合をひっくり返します。

その裏、無死1塁から荒木がバントした小飛球を捕手・里崎が飛び込んで好捕。併殺に仕留めたのをきっかけに成瀬は立ち直り、5回まで無失点に抑えます。

すると6回、途中出場の7番・岡田が自慢の脚力で内野安打を勝ち取り、8番・里崎の犠打などで3塁へ。ここで1番・西岡が巧みな打撃で中前に適時打を運び、4対2。「どんな形でもいいからバットに当てて走者を還そうと思っていた。シリーズ初ヒットがいい場面で出てくれて本当に嬉しい」と語るキャプテンの一打で点差を広げます。

その裏からは2番手・薮田が登場。2三振を含む3者凡退に打ち取る快投を見せてチームに勢いを与えます。

直後の7回、先頭の井口が快音を残した打球は、広いナゴヤドームの左中間席に飛び込む1号ソロ本塁打となって5対2。ドラゴンズを突き放します。

その後は3番手・内が7回、4番手・伊藤が8回をそれぞれ3人で片付ける圧巻の投球を披露。中継ぎ投手陣が完璧な仕事ぶりを見せてバトンをつなぎます。

最終回は5番手・小林宏が2安打を放たれながらも無失点で締めくくり、シリーズ初戦を制しました。

これで日本シリーズは1974年、2005年と足かけ8連勝。厳しい戦いを勝ち抜く中で調子を上げてきた打線が13安打を放つと、投手陣もドラゴンズ打線を6安打、ソロ本塁打2本による2失点のみに封じました。明日も投打がガッチリとかみ合った野球を展開して、2連勝で千葉マリンへと戻りましょう!!

◆私評
遂にパ・リーグ3位から、今年史上最大の下克上劇場が最後の幕を開けました。
2回表、大松のタイムリー2塁打で先制したまでは良かったのですが、一塁を回った時点で太腿に違和感(故障?)を発症し、途中交代を余儀無くされたのが残念ですね。
その裏、和田と谷繁に一発を浴び、シーズン中ワースト被弾記録を持つ成瀬が打たれてしまったので、また一発病を発症してしまったのか不安になりました。

しかし、チェンと言う大方の予想を裏切って、奇襲先発した吉見も不調で乱調気味。
そんな吉見から、ポストシーズンにホームランを2本放った清田が、日本シリーズでもホームランを放ち同点に。

更に5年前の日本シリーズ(阪神ファンにとっては悪夢でしかありませんが。涙)で大暴れした今江がタイムリーを放って勝ち越しをし、吉見を3回でマウンドから引きずり降ろしました。

その後、3番手・平井からポストシーズンは不調気味だった西岡がタイムリー、更に井口がソロホームランで追加点を挙げ、リードは3点に。

成瀬はやや不調でしたが、5イニングでソロホームラン2発を被弾しただけの2失点に抑えました。
その後は薮田→内→伊藤→小林宏へ繋げ、日本シリーズ初戦を制しました。

打撃は井口と今江が猛打賞、先発野手の中でキム・テギュンだけ1人が蚊帳の外でした。

そして、途中で負傷退場した大松が、明日の試合に出られるかどうかが気掛かりです。
最悪、南や神戸のリザーブはいますけど、なるべくなら試合に出られるような軽傷である事を願いたいですね。

明日も勝つぞ、マリーンズ!
マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 23:46:24|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<2010年日本シリーズ第2戦 ○中日12-1千葉ロッテ●(ナゴヤドーム) | ホーム | 日本シリーズの相手は中日に決定!>>

コメント

昨日の福浦

出場機会なし。
がっかり。
あのHM聞きたいな。
それにしても マリーンズ
粘り強いですね。脱帽です。
  1. 2010/10/31(日) 10:48:39 |
  2. URL |
  3. 広島の風来坊 #-
  4. [ 編集 ]

もしロッテが日本一なんてことになりますと
史上初の3位からの日本一ということで話題になりますね。
ひょっとしたらクライマックスシリーズの見直しなんかも考えられるのではないでしょうか?
  1. 2010/10/31(日) 11:14:50 |
  2. URL |
  3. えびちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/287-54e57e55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本シリーズ】ロッテが逆転で先勝!

(ナゴヤドーム) ロッテ012 001 100=5 中 日020 000 000=2 <投手> (ロ)成瀬-薮田-内-伊藤-小林宏 (中)吉見-鈴木-平井-清水 ○成瀬1勝 S小林宏1S ●吉見1敗 <本塁打> (ロ)清田1号ソロ=3回表    井口1号ソロ=...
  1. 2010/10/31(日) 06:37:00 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。