虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月10日・パ・リーグCS1stステージ第2戦 ●埼玉西武4-5千葉ロッテ○(延長11回)(西武ドーム) CSファイナルステージ進出決定!\(T∇T)/

ロ|010 001 101 01 5
西|301 000 000 00 4
ロ|H:12 E:0
西|H:9 E:1

【勝利投手】内 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 1勝 0敗 1S
【敗戦投手】小野寺 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:マーフィー、渡辺俊、薮田、吉見、伊藤、○内、S小林宏=的場、里崎
西:岸、岡本篤、長田、●小野寺=細川

◆本塁打
ロ:今江1号ソロ(2回・岸)、里崎1号ソロ(9回・長田)
西:なし

◆戦評
初戦は驚異の粘りを見せて延長戦の末に勝利。第2戦はマーフィーを先発に送り、勝負を決めにかかります。

そのマーフィーは初回、四球と安打で得点圏に走者を背負うと、中村、ブラウンに適時打を許して0対3と先制されてしまいます。

直後の2回、2死から6番・今江がライオンズ先発・岸のカーブを振り抜いた打球は、左翼席に飛び込む1号ソロ本塁打。「3点を先制された直後の攻撃で1点を返すことができたのは、この後の試合の流れを考えても大きい」と語る一撃で1対3と2点差に詰め寄ります。

しかし3回、マーフィーは1死3塁から、ブラウンに中犠飛を放たれて1対4と突き放されます。

4回からは2番手として渡辺俊が登板。9球で締めて試合を落ち着かせ、5回も中島に二塁打を放たれますが、後続を断って無失点に切り抜けます。

すると6回、安打と四球で無死1,2塁とし、続く4番・サブローが3塁線をしぶとく破る適時二塁打を放って2対4。さらに7回には無死2塁から途中出場の9番・里崎が中前適時打を放ちます。「和の力があるから、1点ずつ返していけば必ず勝てる」と確信した里崎の一打で3対4と詰め寄ります。

その裏、渡辺俊が2死1,2塁のピンチを背負った場面で3番手・薮田が登場。代打・大島を三ゴロに打ち取ります。さらに8回には2死2塁とされた薮田の後を受け、4番手・吉見がマウンドへ。栗山に左前安打を放たれますが、左翼手・大松の返球を受け止めた捕手・里崎が走者をはね返し、チーム一体となった守備の「和」で追加点を与えません。

すると9回、先頭の里崎がライオンズ3番手・長田の初球をとらえ、会心の打球は左翼席に着弾。短期決戦に強い男の1号ソロ本塁打で4対4と同点に追いつき、延長戦に突入します。

10回、前の回から登板の5番手・伊藤が2つの四球などで1死1,2塁と一打サヨナラの局面を迎え、6番手・内が登場。佐藤を併殺打に打ち取り、試合の流れを引き寄せます。

そして迎えた11回、4番手・小野寺に対して大松の左前安打を足掛かりに好機を作り、2死1,2塁の場面で井口が中前適時打を弾き返して5対4と勝ち越します。

その裏は7番手・小林宏が先頭打者に安打を許しながらも力の投球で後続をねじ伏せ、激闘にピリオドを打ちました。

懸命の投手リレーと、諦めない気持ちで得点を重ねる攻撃で2連勝。次なる決戦の地・福岡への扉を開きました!!

◆私評
昨日のミラクル逆転勝利の勢いで今日の試合も勝ちたい所…でしたが、マリーンズ先発・マーフィーが大乱調と誤算でした。
結果、3回4失点でしたし、四死球を与えるなど制球もダメでしたから。

しかし、初回いきなり3点失った後の2回に今江のソロホームランで反撃し、乱調のマーフィーから受け継いだサブマリン・渡辺俊介が、ライオンズの更なる追加点を許さなかった事が、結果的には大きかったと思います。

その後、点差を更に縮めますが、あと一押しが足りなくて、正直歯痒かったですね。

昨日同様、リードされてる場面で9回を迎えましたが、里崎の同点ソロホームランで、昨日の再現あるんじゃないかと、この時点で少しは思いましたね。

俊介の後、薮田→伊藤へリレーし、伊藤が延長10回裏に一打サヨナラ負けのピンチで降板し、球場のコールは昨日の試合で炎上してしまった内でした。
昨日の事があるので正直不安でしたが、内は佐藤友亮を併殺に斬って落とし、僅か2球で昨日のリベンジに成功しました。
正直、ホッとしました。
このリベンジが、内にとって自信になった事は間違いないと思いますね。

ピンチの後にチャンスありとはよく言うもので、延長11回に井口が勝ち越しタイムリーを放ち、その裏には守護神・コバヒロがピンチもありましたけど、しっかり締めて昨日に続くミラクル逆転勝利で、連勝して福岡行きを決めました。

これぞ昨日に続く、チーム全体の「和」で掴んだ勝利です。
この連勝でファイナルステージへの進出が決まり、福岡で待ち構える福岡ソフトバンクと戦う事になりました。
ただ、1stステージと違う点は、予めソフトバンクにアドバンテージとして、先に1勝を与えられた時点から、ファイナルステージが始まります。
5年前になかった、1勝のハンデですけど、実戦感覚が空くのも優勝チームのハンデだと思うので、連勝の勢いでシーズン負け越したホークスへリベンジして欲しいですね。

鍵はホークスリリーフ陣5人(摂津・ファルケンボーグ・馬原・甲藤・森福)が、マリーンズリリーフ陣より比較的安定しているので、攻略が難しいと思われる杉内や和田以外の先発攻略にあるのではないかと思います。
攻撃で要注意は川崎・本多の機動力、オーティズ・小久保・多村の長打力でしょうか。

5年ぶりの日本シリーズ進出を賭けて、連勝の勢いでパ・リーグCSを勝ち抜いて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/10/10(日) 20:04:01|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<10月14日・パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 ●福岡ソフトバンク1-3千葉ロッテ○(福岡Yahoo!Japanドーム) | ホーム | 10月9日・パ・リーグCS1stステージ第1戦 ●埼玉西武5-6千葉ロッテ○(延長11回)(西武ドーム)>>

コメント

祝・ファイナル進出

ファイナル進出、おめでとうございます。

ところで、マーフィーって恐妻家なんですよね?

無事に家に帰れるのか、心配です。
  1. 2010/10/10(日) 21:35:12 |
  2. URL |
  3. FUKUHIRO #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございま~す!

>FUKUHIROさん

ありがとうございま~す!(*´∀`*)ノ

今日先発のマーフィーは、スポーツ紙によると恐妻家なんですけど、その奥さんは今アメリカへ帰ってるみたいなんですよね。( ̄∇ ̄;ゞ

でも今日の投球内容では、奥さんからの旦那への評価はかなり手厳しいでしょうね。(笑)
たぶん、怒りのメールが届いてたりして。(苦笑)

そんな乱調により序盤最大3点リードされてましたけど、昨日と同様土壇場で追いついて、延長戦で逆転出来て嬉しいです。

福岡でも、この勢いを持続して欲しいですね。
  1. 2010/10/10(日) 22:00:16 |
  2. URL |
  3. 実況はABCの楠アナ #qQfU7Bys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/275-f005403f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【パCS】ロッテ、全勝でファイナルステージ進出

(西武ドーム) ロッテ010 001 101 01=5 西 武301 000 000 00=4 〔延長11回〕 <投手> (ロ)マーフィー-渡辺俊-薮田-吉見-伊藤-    内-小林宏 (西)岸-岡本篤-長田-小野寺 ○内1勝 S小林宏1勝1S ●小野寺1敗 ...
  1. 2010/10/10(日) 21:57:41 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。