虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月9日・パ・リーグCS1stステージ第1戦 ●埼玉西武5-6千葉ロッテ○(延長11回)(西武ドーム)

ロ|000 000 014 01 6
西|010 000 040 00 5
ロ|H:11 E:2
西|H:13 E:0

【勝利投手】小林宏 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】土肥 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:成瀬、内、伊藤、○小林宏=的場、里崎
西:涌井、シコースキー、小野寺、岡本篤、●土肥、長田=細川、銀仁朗

◆本塁打
ロ:西岡1号ソロ(8回・涌井)、福浦1号ソロ(11回・土肥)
西:中村1号ソロ(2回・成瀬)

◆戦評
「結びの三番」では勝利への執念を見せ3連勝。クライマックスシリーズ出場権を得たマリーンズは今日から首位・ホークスへの挑戦権を手に入れるべく、西武ドームでのライオンズとの決戦、ファーストステージを迎えます。

この大一番の先発マウンドに立った成瀬は初回を無失点で切り抜けますが、2回に先頭の中村に叩かれた打球はバックスクリーン脇へ飛び込む1号ソロ本塁打となり、先制を許してしまいます。

成瀬を援護したい打線は4回、ここまで打ちあぐねていたライオンズ先発・涌井から3番・井口が左翼線に二塁打を放ち同点の好機を演出しますが、得点には至りません。

その後成瀬は集中力を切らすことのない投球で凡打の山を築きます。5回、7回に招いたピンチも粘り強く投げ抜き、追加点を許しません。

すると8回、2死から1番・西岡の振り抜いた打球はバックスクリーンへ飛び込む1号ソロ本塁打。「成瀬が頑張っているので、なんとか援護をしたかった」というチームをけん引するキャプテンの一発で、1対1の同点に追いつきます。

ここまで我慢強い投球を続けてきた成瀬は8回裏、先頭のフェルナンデスに安打を許したところで2番手・内にマウンドを託します。内は制球に苦しみながらも2死までこぎ着けますが、満塁から大島の適時打に味方の失策が絡むなど、1対5と4点差とされてしまいます。

意地を見せたい打線は9回、2番手・シコースキーから先頭の井口が安打で出塁すると、福浦、6番・今江の連打で満塁のチャンス。ここで7番・金泰均の中前へ運ぶ2点適時打で3対5とし、さらに代わった3番手・小野寺から今日1軍に復帰した途中出場の9番・里崎も中前2点適時打を放ち、5対5。ついに同点に追いつきます。

直後のライオンズの攻撃もしのぎ、試合は延長戦へ。3番手・伊藤、4番手・小林宏が9回、10回をそれぞれ無失点でライオンズ打線を退けると、迎えた11回、先頭の福浦が5番手・土肥の変化球を振り抜き、打球は右翼席を真っ黒に染め上げたマリーンズファンの歓喜の渦の中へ。6対5と勝ち越しに成功します。

その裏、ライオンズの攻撃を小林宏が3人で切って取り試合終了。マリーンズがホークスへの挑戦権に王手をかけました。

「結びの三番」から続く勢いに乗って大逆転勝利。明日もライオンズを飲み込み、福岡行きの切符を手にしましょう!

◆私評
成瀬と涌井による横浜高校の先輩後輩対決でしたが、成瀬がおかわり中村に先制弾を被弾してから、涌井が淡々と好投していてマリーンズ打線のバットが芯に当たらないので、完封負けを覚悟した8回に選手会長・西岡の一発で同点に追いついたので安堵しました。
しかし、その裏先頭打者・フェルナンデスに打たれると成瀬は降板し、オリックス戦で2つ勝った内に託しますが、その内がエラーが絡んだ4失点とまさかの炎上。
ラジオ情報によると、内はライオンズ戦初登板だったそうですし、こういう短期決戦初体験なので、少し荷が重過ぎたのかもしれません。
4点差がついたので、正直諦めてましたが、こういう時に限って、最後まで何があるのか分からないもの。
9回、ライオンズの守護神・シコースキーを攻め立て、金泰均の2点タイムリーでKOし、代わった小野寺から、今日一軍へ復帰した里崎の2点タイムリーで同点に追いつく土壇場の粘りを見せました。
金泰均は夏場以降不振に喘ぎ、4番→7番へ降格しましたが、最後の最後でやや復調気配を見せたのが、この場面でも生きましたね。
里崎は怪我で戦線離脱し、マスクを的場や斉藤に譲る事が多かったですけど、やはりマリーンズのマスクは里崎が相応しいと思いますね。

更に延長11回、福浦の勝ち越しソロアーチが飛び出した時、昨日の巨人vs東京ヤクルト戦を思い出しました。
敗戦の窮地に立たされながら、土壇場で同点に追いつき、延長で勝ち越す内容があまりにも酷似してるからなんです。

最後は守護神・小林宏之が締めて、逆転勝利で初戦を制しましたが、僕は劣勢になった時点で諦めてしまった事を情けなく思いますね。
野球とは、最後まで何があるのか分からない事を、そのまま再現した試合ですし、昨日の東京ドームでの試合もよく似た内容の試合ですから、最後まで勝利を信じて応援しなければならない事を痛感しました。
これはマリーンズもタイガースも、他の球技で応援するチームも同じ事ですね。

この短期決戦での1勝は、マリーンズにとって正直大きいですし、逆にライオンズは福岡での3タテショックから、まだ立ち直れていないんじゃないかと思いますね。

福岡行きへ王手をかけた、明日の先発はマーフィーです。
相手はストレートにカーブを織り交ぜて武器にする岸。

今日のような展開も考えられる為、明日は最後まで絶対に諦めないで、マリーンズの福岡行きを願うのみです。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/10/09(土) 20:40:35|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<10月10日・パ・リーグCS1stステージ第2戦 ●埼玉西武4-5千葉ロッテ○(延長11回)(西武ドーム) CSファイナルステージ進出決定!\(T∇T)/ | ホーム | 阪神タイガース、2位&CS1stステージ甲子園開催確定!>>

コメント

今日も宜しくお願いします

一昨日のヤクルト・昨日のロッテのような勝ち方、素晴らしいです。

今日もロッテが勝つでしょう。全勝で博多上陸だと思います。
  1. 2010/10/10(日) 10:40:38 |
  2. URL |
  3. FUKUHIRO #-
  4. [ 編集 ]

この粘りと諦めない気持ちを…。

>FUKUHIROさん

昨日は正直、二度も諦めてただけに、ミラクルを見せた逆転勝利には感無量でした。

一昨日のスワローズ、昨日のマリーンズ共々、土壇場で追いつく粘りをみせ、延長で決めましたからね。

それに、西岡や福浦が言うように、劣勢になってもベンチでは諦めの空気が何一つなかったそうですから、二度も諦めてた僕としては、とても情けないですね。

この2試合で非常に勉強になりましたし、この勢いで今日も勝って、福岡行きを決めて欲しいですね。
僕も最後までチームの勝利をただ願うのみです。
  1. 2010/10/10(日) 12:12:12 |
  2. URL |
  3. 実況はABCの楠アナ #qQfU7Bys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/274-f3338b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【パCS】ロッテ、ファイナルステージ進出に王手

(西武ドーム) ロッテ000 000 014 01=6 西 武010 000 040 00=5 〔延長11回〕 <投手> (ロ)成瀬-内-伊藤-小林宏 (西)涌井-シコースキー-小野寺-岡本篤-土肥-長田 ○小林宏1勝 ●土肥1敗 <本塁打> (ロ)西岡1号
  1. 2010/10/10(日) 10:38:01 |
  2. FUKUHIROのブログ・其の弐
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。