虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010夏の甲子園決勝戦 ○興南(沖縄)13-1東海大相模(神奈川)●

12年ぶりの春夏連覇を達成し、沖縄へ初めて深紅の優勝旗が渡るのか。
はたまた、33年ぶり甲子園出場の勢いで、40年ぶり2度目の夏全国制覇なるか。

第92回全国高等学校野球選手権大会は、千秋楽の決勝戦を行いました。

試合は興南が中盤4回に集中打で7点を先制し、5回に1点、6回には春も大活躍したキャプテン・我如古君のホームランなどで5点を入れ、一二三君をマウンドから引きずりおろしました。

一方の東海大相模は、3連投の一二三君が遂に力尽き、打線も7回に伊地知君のタイムリーで一矢を報いるのが精一杯でした。

結果、興南が大勝で東海大相模を下し、横浜以来12年ぶり史上6校目の春夏連覇を達成し、深紅の大優勝旗が3度目の正直で、遂に沖縄へと渡りました。


東 000 000 100=1
興 000 715 00X=13

[バッテリー]
(東海大相模)
一二三-江川=大城卓
(興南)
島袋=山川

※興南は初優勝=史上6校目の春夏連覇達成


正直、興南は春夏共に強かったです。
ピッチャーは好投手左腕・島袋君を擁し、打線はどこからでも打てて切れ目がなく、更に機動力を駆使するんですから、死角らしい死角がどこにも見当たりませんでした。
唯一、苦しんだのは準決勝の報徳学園戦でした。
序盤で5点ビハインドの苦しい展開でしたから。
それをものの見事にひっくり返しての勝利ですから、センバツ王者の底力を垣間見ましたね。

一方、40年ぶり2度目の全国制覇の夢が破れた東海大相模は、センバツ初戦敗退の無念を晴らせたのではないかと思います。
センバツは関東大会優勝校の肩書きを引っさげて登場しましたが、春夏通じて初出場の自由ヶ丘(福岡)に、まさかの初戦敗退を喫しました。
更に一二三君は制球に苦しみ、投球フォームを上手投げからサイドスローへ転向して、やっとモノにしてから、今大会でセンバツの雪辱を果たしました。

高校球児の暑い夏は、興南の春夏連覇で幕を閉じました。
来年の春夏は誰が大会の主役になるのか。
先ずは、この秋からの地区大会を楽しみにしたいですね。
この地区大会は来年のセンバツを占う選考基準なんですから。

高校球児達、今年も長くて暑い夏を楽しませてくれてありがとう。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/21(土) 15:52:06|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月21日・106戦目 ○巨人8-3阪神●(東京ドーム) | ホーム | 8月20日・105戦目 ○巨人12-5阪神●(東京ドーム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/222-58da0a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。