虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010夏の甲子園準決勝

興南(沖縄)6―5報徳学園(兵庫)

東海大相模(神奈川)11―7成田(千葉)


夏の甲子園、残すは準決勝と決勝戦のみです。

第一試合は、春夏連覇を目指すセンバツ王者の興南が、序盤の5点ビハインドをひっくり返す逆転劇で、粘る報徳学園を振り切って、センバツに続いての決勝戦進出を果たしました。
エース・島袋君は、連投の疲れからか、序盤から報徳学園打線に狙い打たれましたが、徐々に立ち直り、味方打線の援護で逆転して貰ってから本領を発揮し、僅差で逃げ切りました。
報徳学園は序盤、島袋君攻略に成功し、最大5点リードしたものの、先発したエース・大西君がつかまり、一年生ピッチャー・田村君へ継投したが、一度火の点いた打線を止められず、29年ぶりの決勝戦進出の夢は消えました。

第二試合は逆転、また逆転の試合展開になり、成田・中川君、東海大相模・一二三君の両投手に疲れが出て乱打戦になりましたが、東海大相模が成田を下して、全国制覇した1970年以来40年ぶりの決勝戦進出を果たしました。
ピッチングでは連投の影響で不調だった一二三君は、打つ方では4安打と大当たりでした。
成田は3回に5点を取って逆転しましたが、一時最大3点あったリードを、中川君が打ち込まれた事により守り切れず、2ラン犠牲フライ(センターの岡君が捕球後落球し、二塁走者に隙を見せた)と、無死1・2塁の場面で、3番の金子君が2併殺に倒れるなど、攻守にミスが出た事が響いて、初の決勝戦進出の夢は準決勝で砕け散りました。

千葉県民の1人として、県勢10年ぶりの決勝戦進出を期待してましたが、ここまで1人で投げ切った中川君の疲労感は隠せませんでしたね。(涙)
結果論ですが、上記のようなミスが出なければ、相模に勝ってたと個人的には思うので、その点は非常に悔しいです。゜・(≧皿≦)・°・
けど、ここまで勝ち残った事は嬉しいですし、良く頑張ったと思います。
成田高校野球部の皆さん、長い夏をありがとう。
そして、お疲れ様。

報徳学園も、野球部員全員によるチームワークと言う名の絆が出来てましたね。
お疲れ様でした。


これにより、決勝戦の対戦カードは、

興南(沖縄)vs東海大相模(神奈川)

に決定しました。
島袋君・一二三君共に、連投の疲労感は抜けていないと思います。
特に一二三君は準々決勝から3連投ですから、その点では不利だと思います。

興南が、松坂大輔等を擁して春夏連覇を達成した横浜以来、12年ぶり史上6校目の春夏連覇達成なるか?
そして、深紅の優勝旗が初めて沖縄へ渡る悲願が成就なるか?

はたまた東海大相模が40年ぶり2回目、神奈川県勢として横浜以来、12年ぶりの全国制覇なるか?

試合は21日正午頃に開始される予定です。

昨年は9回二死から驚異の粘りをみせた決勝戦で、今年はどんなドラマが展開されるのか、こう御期待!
スポンサーサイト
  1. 2010/08/20(金) 21:21:44|
  2. 2010年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月20日・105戦目 ○巨人12-5阪神●(東京ドーム) | ホーム | 8月19日・104戦目 ●横浜(横浜大洋ホエールズ)4-10阪神(大阪タイガース)○(横浜スタジアム)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/220-b736354d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。