虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月31日 ●千葉ロッテ5-14福岡ソフトバンク○(千葉マリンスタジアム)






結局、杉内に良いようにあしらわれ、良かったのは里崎のソロアーチと、9回の反撃にもならない3得点のみと、寂しい試合でしたよ。
マリンスタジアム観戦はこれで1勝1敗。
ソフトバンクの恐ろしさをまざまざと見せ付けられましたとさ。
トホホ…。(;x_x)

以下、公式携帯サイトからのメールの抜粋にて省略させて頂きます。m(_ _)m

ソ|018 032 000 14
ロ|000 010 103 5
ソ|H:17 E:3
ロ|H:8 E:3

【勝利投手】杉内 13勝 4敗 0S
【敗戦投手】吉見 3勝 5敗 0S

◆バッテリー
ソ:○杉内、金澤、水田=田上、高谷
ロ:●吉見、大谷、松本、根本、古谷、伊藤=里崎

◆本塁打
ソ:なし
ロ:里崎10号ソロ(7回・杉内)

後半戦初のホームゲーム初戦は、好投の成瀬を打線が援護できずに完封負け。7月を白星で締めて月間勝ち越しを決めるためにも負けられない今日の試合、昨日に続き両チームともに左腕が先発する対戦となりました。

マリーンズ先発・吉見の立ち上がりは、140キロ台の直球に100キロを切るカーブを織り交ぜる、持ち前の緩急の効いた投球で相手打線を翻弄。3者凡退で終える滑り出しを見せます。

一方の打線は初回、ボール先行と不安定な立ち上がりのホークス先発のエース・杉内から四球と相手の失策などで2死1,2塁としますが、後続が倒れて先取点を奪えません。

すると2回表、今度は味方の失策から吉見が得点圏に走者を背負い、森本に適時打を許して0対1。先手を取られてしまいます。

さらに3回には1死1,3塁とピンチを迎え、3者連続の適時打を浴びて4失点。代わった2番手・大谷も流れを変えられず、この回計6本の適時打で8失点を喫してしまい、0対9と大量リードを許す展開となります。

打線は3回裏、今日スタメンの9番・清田が左翼線際へ鋭く運ぶ二塁打を放ちますが、ここも後続が倒れて反撃ならず。4回には2死満塁で遊撃手・西岡の好守が飛び出すなど食らいつく姿勢を見せ、直後の攻撃では5番・大松の今季100安打などで得点圏に走者を進めますが、あと一本が出ません。

すると5回表には3番手・松本が2本の適時打と犠飛で3点を失い、0対12とされます。

5回裏、2番・今江が二塁打で出塁し、井口の振り逃げが相手の失策を誘って1点を返しますが、直後の6回に4番手・根本が自らの失策も絡んで2失点。1対14と突き放されます。

3万人近くが詰め掛けたスタジアムを湧かせるためにも反撃を見せたい打線は、7回に「最後の最後まで強い気持ちで野球をすることが大事」と語った8番・里崎が右翼ポール際へ運ぶ今季第10号ソロ本塁打を放ち、2対14とします。

迎えた9回には里崎、清田、西岡の3連打から相手の失策や井口の犠飛などで3点を返し、5対14としますが反撃もここまで。序盤のビハインドを跳ね返すには至らず、3連敗を喫しました。

7月最後の試合を白星で締められず、月間成績は11勝12敗で負け越し。首位・ホークスとのゲーム差も3.5に広がりました。上位戦線に踏みとどまるためには、明日こそは絶対に負けられません。8月に入って心機一転、首位再奪還へ向けて熱い試合展開を見せていきたいところです!
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 23:34:34|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月31日・89戦目 △阪神5-5中日△(延長12回引き分け)(甲子園) | ホーム | これから、マリサポ掛け持ちとして、初観戦!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/187-58fed7be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。