虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月18日・82戦目 ●東京ヤクルト4-11阪神○(神宮)

神 000 000 614=11
ヤ 000 200 200=4
[投手]
(阪神)
メッセンジャー-渡辺-藤原-久保田-安藤
(ヤクルト)
由規-増渕-押本-渡辺-橋本
[勝ち投手]
メッセンジャー 2勝 1敗
[負け投手]
由規 5勝 6敗
[本塁打]
(阪神)
マートン10号ツーラン
城島17号ソロ


先発は予想通り、メッセンジャーと由規でした。
そしてタイガースに不利な判定ばかり下す審判・笠原は二塁塁審で、コールされた際スタンドから野次&ブーイングの嵐でした。(○`ε´○)
勿論、オイラも思い切り野次&ブーイングをかましてやりました。(爆)

初回、由規の制球難に付け込み、二死満塁と先制のチャンスも、アニキが空振り三振に倒れ、スタンドには嫌な空気が流れ込みます。(´へ`;)ハァ

対するメッセンジャーは田中浩康に二塁打を打たれるも、後続を抑えた後奪三振の山を築き、序盤は投手戦の様相になりました。
タイガースは、その後も由規を攻め倦ね、2つの併殺も出て更に嫌な空気で淀んで来ました。(´へ`;)ハァ

試合は4回に動き始め、途中から新加入のホワイトセル(この時、マートンがクッションボールの処理を誤る)と相川にタイムリーを打たれ、2点先制されてしまいました。

メッセンジャーはその後立ち直り、6回2失点で味方の援護を待ちますが、打線は由規の前に僅か3安打と、由規に完封負けの嫌な予感が漂いました。

中盤を終えて2点ビハインドで迎えたタイガースのラッキー7、これまで眠っていた打線が爆発します。
ブラゼル・アニキの連続ヒットで、ランナーが2人貯まった所で真弓監督は好守(6回裏、犠牲フライかと思われたが強肩を見せ付け、三塁ランナー・青木を足止め)で見せた浅井に代え、林ちゃんを代打に送って勝負に出ます。
林ちゃんは監督の期待に応え、2点タイムリー3塁打を放ち、同点に追い付きました。
更に鳥谷の内野ゴロの間に逆転、続く平野がタイムリー2塁打で点差を2点に広げ、序盤から中盤まで攻略に手こずった由規を遂にKO!
由規の後を継いだ増渕から、マートンが2ランホームランを放ち、この回一挙6点をもぎ取りました。
メッセンジャーに代打が送られた事で、逆に勝ち投手の権利を持って降板します。

しかし、メッセンジャーの後を継いだ渡辺が乱調気味で、ランナーを2人貯めて、マウンドを藤原へ譲ってしまいました。
その藤原は代打・武内を抑えて2アウト。
続く青木にタイムリーを打たれ、レフト・アニキがクッションボールの処理を誤り、2点タイムリー2塁打にされてしまった場面で、久保田へ交代し、久保田は後続を絶ちました。

8回からスワローズは押本がマウンドへ上がり、城島のソロアーチで点差を3点へ広げます。
その裏久保田は無失点に抑えて、マウンドを降りました。

9回からスワローズはマウンドに楽天から途中移籍の渡辺が登板しますが、久保田の代打・関本がヒットで出塁し、1死後平野が三塁線へバントヒットを決めて、ランナーが2人貯まった時点で渡辺をKOし、橋本がマウンドへ上がります。
その橋本からマートンがタイムリー2塁打を放ち点差は4点に。
更に新井が四球で繋ぎ1死満塁に。
ブラゼルは空振り三振に倒れますが、続く途中出場の大和が走者一掃のタイムリー3塁打でダメを押し、点差は7点へ広がりました。
大差の為、中継ぎへ配置転換された安藤が最後を締め、終盤3イニングで一挙11点をスワローズ投手陣からもぎ取る大逆転勝利で連勝し、勝ち越しました。
更に今日、デーゲームで巨人が横浜に大逆転負けを食らって連敗負け越しをした為、首位・巨人とのゲーム差は0.5と再接近しました。

序盤は初回の二死満塁でアニキが倒れ、更に2併殺と負ける要素があり、更に由規を攻め倦ねていたので、完封負けを覚悟しました。
しかし、タイガースのラッキー7に、由規の隙を突いて、今まで眠っていた打線が爆発し、スワローズ投手陣から終盤3イニングで、一挙11点をもぎ取るのだから、勝負は最後まで分からないものです。

メッセンジャーは2失点でしたが、試合を壊さずしっかり作った事で、終盤の打線爆発を呼んだんだと思います。
試合を序盤から壊していたフォッサムとは、えらい違いです。
ただ、先発転向後まだ2試合目ですから、オールスター明けになる3試合目の登板結果で、判断したいと思います。

更に打線爆発を呼んだのは、6回裏追加点のピンチに浅井へのセンターフライで、浅井が三塁走者・青木を釘付けにする好返球をした事も、今となっては大きかったのではないでしょうか。

ただ、アニキもマートンもクッションボールの処理に難が出てしまったので、その点は不安ですね。

これで観戦3連勝後に4連敗を喫して、今日で連敗を4で止めた為、今季の観戦成績は4勝4敗の勝率5割になりました。
昨年同様、連敗が長く感じましたね。
連敗が止まってホッとしましたよ。(;^o^)=3

次回は夏真っ盛りの8月になると思いますけど、勝ち試合を続けて見たいですね。

タイガースは明日から広島を甲子園で迎え入れますが、オールスター前最後のカードなので、最低限勝ち越して前半戦を締めくくって欲しいです。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/18(日) 22:55:02|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
<<7月19日・83戦目 ○阪神2-0広島●(甲子園) | ホーム | 観戦連敗脱出&神宮2勝目!!>>

コメント

こんにちは~
昨夜はやっぱり最高な試合になりましたね
6回までと7回からは別物のチームのようでした!!
テレビで見ててもすっごく興奮したので、球場ではさぞかし
盛り上がったことでしょう!!
羨ましいです

兄貴にヒットが出てほっとしています
今日は暑い中、移動で選手たちも大変でしょうが今夜の甲子園も
頑張って欲しいですね~~
  1. 2010/07/19(月) 16:15:12 |
  2. URL |
  3. えり&真弓&まさ #-
  4. [ 編集 ]

序盤・中盤は地獄、終盤は天国!

>えり&真弓&まささん

正直、由規に完封されるのを覚悟した、序盤から中盤の展開でしたし、まだ黒星地獄から抜け出せない状態でした。
それ位、拙攻や併殺が試合に影響してましたから。

しかし、終盤に入ってからは正に、今までの鬱憤を晴らすかの如く、打線が爆発しましたから、天国でしたね。(*^-^)b
終盤3イニングは、序盤・中盤の6イニングと比べて、気分的に180゚大きく転換してましたもの。
当然ながら、大盛り上がりでしたよ。v(^o^)

メッセンジャーのゲームメイクも、浅井の好返球も大きかったと思います。

今日からの甲子園での3試合、最低限でも勝ち越して前半戦を締めくくって欲しいですね。(*^∀^*)
  1. 2010/07/19(月) 16:58:16 |
  2. URL |
  3. 実況はABCの楠アナ #qQfU7Bys
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ausn9741.blog6.fc2.com/tb.php/173-55416e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【生観戦記:翌日版】7/18 阪神11-4ヤクルト(神宮)~ラッキーセブンからの反撃で大逆転+同日のプロ野球

それと、サッカーJ1ではガンバのヤットがロスタイムに決勝ゴール!の足ほ~!時間的にはほぼ同時刻? もっとも、管理人的は、今年初の生観戦時の阪神&ベルマーレ同時勝利ということで、とらほ~!&べるほ~!ですね。 サッカーの方の詳細は諸般の事情で別エントリー
  1. 2010/07/19(月) 10:16:33 |
  2. ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2

#2136 「最終戦」の勝利に感謝!

いやあ中盤までは全体的に重たい雰囲気でしたが 6回裏の浅井くんの見事な守備が その後の流れを一変させましたね。 あとはもうお得意の猛攻でいっきの逆転。 終わってみれば大差での圧勝でした! そのほか書きたいことは山々ありますが ひとまずの場所確保というこ
  1. 2010/07/19(月) 21:50:24 |
  2. 改めまして「とっつあん通信」です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。