虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011春のセンバツ準々決勝その1

九州国際大付(福岡)5―4北海(北海道)

加古川北(兵庫)2―13日大三(東京)
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 18:31:32|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011春のセンバツ第八日目

九州学院(熊本)2―8履正社(大阪)

鹿児島実(鹿児島)7―2城南(徳島)

東海大相模(神奈川)13―5大垣日大(岐阜)
  1. 2011/03/31(木) 18:30:13|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011春のセンバツ第七日目

加古川北(兵庫)2―0波佐見(長崎)

静清(静岡)1―3日大三(東京)

光星学院(青森)2―3智弁和歌山(和歌山)
  1. 2011/03/31(木) 18:28:37|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春のセンバツ第六日目

大垣日大(岐阜)7―0東北(宮城)

日本文理(新潟)2―4九州国際大付(福岡)

天理(奈良)0―1北海(北海道)
  1. 2011/03/29(火) 04:02:11|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春のセンバツ第五日目

城南(徳島)8-5報徳学園(兵庫)

鹿児島実(鹿児島)5-3浦和学院(埼玉)

東海大相模(神奈川)9-1関西(岡山)
  1. 2011/03/27(日) 22:46:59|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春のセンバツ第四日目

智弁和歌山(和歌山)8―1佐渡(新潟)

履正社(大阪)4―0総合技術(広島)

九州学院(熊本)8x―7国学院久我山(東京)(9回サヨナラ勝ち)
  1. 2011/03/27(日) 22:44:56|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春のセンバツ第三日目

日大三(東京)6―5明徳義塾(高知)

静清(静岡)9―3京都成章(京都)

光星学院(青森)10―0水城(茨城)
  1. 2011/03/27(日) 22:43:01|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春のセンバツ第二日目

天理(奈良)8―0大館鳳鳴(秋田)

波佐見(長崎)5―1横浜(神奈川)

加古川北(兵庫)4―0金沢(石川)
  1. 2011/03/27(日) 22:41:20|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年春のセンバツ第一日目

香川西(香川)1―8日本文理(新潟)

前橋育英(群馬)1―7九州国際大付(福岡)

創志学園(岡山)1―2北海(北海道)

東日本大震災が発生した影響で、開催が危ぶまれましたが、予定通り開幕しました。

野球部創部2年目で初のセンバツ出場を決めた岡山・創志学園主将・野山君の選手宣誓は、一言一句身にしみる言葉で感動しました。

開幕試合は2006年夏の再戦でした。
その試合は香川西が甲子園初勝利を挙げましたが、この試合では日本文理がリベンジしました。
日本文理は今回守備型チームでしたが、打ちに打って、エース・田村君の好投で香川西を圧倒しました。

第二試合は九州国際大付が1イニング3ホーマー、1試合4ホーマーの記録的かつ脅威的な長打力を見せつけ、春夏通じて初の前橋育英を下したました。

第三試合は選手宣誓をした創志学園が登場し北海と対戦しました。
1点を争う試合は北海4番・川越君のホームランにて決着し、北海に軍配が上がりました。
残念ながら創志学園は初戦突破を出来ませんでしたが、甲子園に新たな歴史と勇気と希望を残しました。
  1. 2011/03/26(土) 05:23:04|
  2. 2011年高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦(大震災復興チャリティー試合)●北海道日本ハム3-12阪神○(札幌ドーム)

神 018 000 030=12
日 000 000 120=3
[投手]
(阪神)
久保-小嶋-渡辺-福原
(日本ハム)
斎藤-オビスポ-武田久-宮西-榊原
[勝ち投手]
久保 2勝
[負け投手]
斎藤 1勝1敗
[本塁打]
(阪神)
新井良1号スリーラン
(日本ハム)
ホフパワー5号ツーラン

前日に続いてのファイターズ戦です。
先発はタイガースが昨年の勝ち頭・久保康友、ファイターズがルーキー・斎藤佑樹でした。

初回は両チーム無得点でしたが、2回表に牙を剥き始め、林威助のタイムリーで先制。
続く3回表には、斎藤にプロの洗礼と言う名の猛打を浴びせ、一挙8得点と爆発して、3回で斎藤をKOしました。

一方の久保は6回無失点と安定したピッチング。

攻撃陣は斎藤から代わったオビスポ・武田久の前に無失点でしたが、8回表宮西から新井良太が遂にタイガースのオープン戦第1号を放ちました。

ただ、久保の後を継いだ小嶋が制球で苦しみ、押し出しで1失点、続く渡辺もホフパワーに一発を浴びました。

結果、今までの最高得点・5点を大きく上回る12得点の圧勝でした。

最後の最後で打線が爆発しましたが、少し遅過ぎたように思います。
同様にホームランも。
これは統一球に苦しんだのが大きな原因ですけど、芯に当てるバッティングをすれば良いのであって、このバッティングを常に心掛けて欲しいです。
但し、俊足を武器とする選手は、決して打ち上げてはいけません。
転がさなきゃ持ち味が生きませんし、意味ないですから。

一方、左の中継ぎ陣ですが、ここに来て江草も加藤も小嶋も揃って不調、筒井は故障、川崎はファームと昨年同様悩みのタネとなってるので、安定感が欲しいです。
その点で、2年目の藤原には期待してます。

渡辺も良い時と悪い時がハッキリしてるので、その波を小さくして欲しいですけど、今日の場合は上本のエラーで足を引っ張られた上、ホフパワーに上手く、しかも力でスタンドインされたので、ハードラックと言うしかないですね。

これでオープン戦の日程は終わりで、タイガースは9年ぶりのオープン戦優勝を決めました。
先ずは1冠です。

今の所、予定より延期の29日開幕予定ですが、個人的には来月12日開幕予定のパ・リーグと一緒に開幕して欲しいです。

状況の空気を読めない、いや読もうともすらせず、言い分を口実に金儲けの事しか頭にない某在京セ・リーグチームの老害クソジジイとその忠犬共が原因なんですけど。(激怒)

オープン戦で課題を残した以上、この後に行われる開幕戦へ向けて、克服して欲しいものです。
  1. 2011/03/21(月) 21:48:35|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦(大震災復興チャリティー試合)△北海道日本ハム2-2阪神△(9回引き分け)(札幌ドーム)

神 000 001 010=2
日 101 000 000=2
[投手]
(阪神)
メッセンジャー-久保田-小林宏-藤川
(日本ハム)
ケッペル-ウルフ-木田-林-谷元

東日本大震災(東北関東大震災)の被害は更に拡大し、オープン戦が相次いで中止になりました。
その為、岐阜で行われた対巨人戦から大分間隔が空き、その間は練習試合として実戦不足を補うしかありませんでした。

そんな中で迎えた北の大地・札幌で行われた対北海道日本ハム戦は、巨人戦同様大震災復興チャリティー試合となりました。

先発のメッセンジャーは初回から打たれに打たれて、8安打も浴びたのに、よく2失点で済んだと思います。

2点を追いかける展開となりましたが、6回に1点を返し、8回には新井良太のタイムリーで同点に追い付き、引き分けに持ち込みました。

21日も対戦相手は同じファイターズです。
しかも相手は、ルーキー・斎藤佑樹です。
ハンカチ王子に「虎の厳しさ」という洗礼を浴びせて欲しいものです。
  1. 2011/03/21(月) 21:25:20|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦(震災チャリティー試合) △巨人2-2阪神△(9回引き分け)(岐阜・長良川球場)

神 000 000 110=2
巨 000 000 011=2
[投手]
(阪神)
鶴-榎田-小嶋-加藤-若竹
(巨人)
東野-高木-マイケル-ロメロ

今月11日に宮城県牡鹿半島を震源地とするマグニチュード9.0(8.8から後日修正)の東北地方・太平洋沖地震(他のメディアでは、東日本大震災・東北関東大震災と言う表現も)。
この大地震発生後、被災者への考慮で、プロ野球のみならず、スポーツ界は全て開催を自粛・中止にしました。

が、読売巨人軍の桃井球団社長・清武球団代表の声に、対戦相手である阪神タイガース側が応じて、岐阜県岐阜市にある岐阜県営長良川球場にて、東北地方・太平洋沖地震の復興祈願のチャリティー試合が行われる事と相成りました。

こんな最中、普通なら野球の試合どころではありません。
しかし、勇気の決断を下した読売巨人軍には、心より感謝あるのみです。

いつもなら筋金入りのアンチ巨人である僕ですが、今回の試合だけは敢えて結果を問わない事にしました。

結果はガチンコ勝負での引き分けでしたけど、普段の阪神ファンの立場なら悔しいですけど、背景にある事情から、引き分けでも良かったんじゃないかと思います。

このオープン戦へ駆けつけた両チームのファンの方々は、特別な思いを抱きながらも、久しぶりに野球の試合が見られる楽しさを、心から楽しめたんじゃないでしょうか。

この度はオープン戦を岐阜で開催して頂き、誠にありがとうございました。
一阪神ファンとして、心から感謝すると共に、今回の大地震で被災された方々へ、心からお見舞い申し上げます。
そして、今回の大地震でお亡くなりになられた方々へ、心から哀悼の意を申し上げます。
  1. 2011/03/14(月) 20:59:45|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦の中止

11日午後2時45分頃に発生した東北地方・太平洋沖地震の影響により、12日に甲子園で行われる予定だった中日戦、翌日13日に同じく甲子園で行われる予定だった巨人戦、更に16日にQVCマリンフィールドで行われる予定だった千葉ロッテ戦は、中止が決定しました。

中でも海沿いにある、今年より千葉マリンスタジアムから名を変えたQVCマリンフィールドは、敷地内にて亀裂が生じ、水が噴き出す液状化現象があちこちに見られる為、スタジアムの安全が確認されるまで、試合は中止にするそうです。

正直、野球どころではありませんので、やむをえません。
勿論、他のスタジアムでも、地震の影響により、中止を決めてます。

1日も早く、地震の被害に遭われた都市が復興し、プロ野球が復活する事を願うのみです。
  1. 2011/03/12(土) 17:07:29|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東日本大震災・東北関東大震災(東北地方・太平洋沖大地震より改題)

昨日、僕は仕事で午後の配達へ出掛け、1件終えて次の配達先へ向かう途中でした。
場所は江戸川区役所の手前です。

いきなり横風が強く吹いたような揺れが生じ、最初は強風が吹き荒れてると思いましたが、車外を見ると明らかに避難してる人々が道路脇に飛び出しました。

更に、電線が大きく波打つような揺れが生じたので、明らかに大きな地震だと分かり、ハザードランプを点灯してエンジンを止め、カーラジオで状況を確認しました。

2011年3月11日午後2時46分。

震源地は宮城県牡鹿半島沖。
マグニチュードは、後で修正が重なった為、国内最大規模の8.8。
最大震度は宮城県栗原市の震度7。
なお、江戸川区の震度は推定で5強でした。

大きな地震が発生した後、余震が続いてて、正直強風で横揺れしてんのか、地震で横揺れしてんのか分からなくなりました。

配達は先へ進めば進む程渋滞が激しくなり、身動き出来ない状況で疲労感が増しました。

午後2時半近くに会社を出て、帰社したのが午後7時前。

こんな状況でJRも私鉄も全く動いてなく、当初は会社から船橋の仮住まいまで、徒歩での帰宅を覚悟しました。

が、社長の計らいで会社の車で上司と一緒に運転して帰る事にしました。
最初は大きい道を避けるようにして遠回りしながら車を進めましたが、小岩過ぎの蔵前橋通りから市川橋にかけて渋滞に巻き込まれました。
歩道を見ると、家路を急いで歩く方々が多数で、徒歩や自転車、バイクが車より早く見えました。

が、市川橋を過ぎ、市川広小路の交差点から裏道をスイスイと運転して、高根木戸のコンビニで降りた時間が、午後10時半頃でした。

なんとか無事帰宅したものの、我が家は今週末の引っ越し準備中で大忙し。
しかも余震は続いてて、日中の仕事の疲れも加わり、肉体的にも精神的にも疲れました。

こんな状況ですから、土曜日のプロ野球オープン戦、サッカーJリーグ、、バレーボールVリーグ、女子バスケファイナルなどのスポーツ競技、中央競馬などの公営ギャンブル、イベントの類は全て中止が確定しました。

こんな孤立状態に陥るのは、いくら自然災害とは言え、苦しかったです。
ただ、この大地震を教訓にし、今回の体験が決して無駄じゃなかったと言い聞かせたいですね。

昨晩から今朝にかけて岩手県久慈市・釜石市・宮古市・大船渡市・陸前高田市、宮城県石巻市・塩釜市・仙台市・岩沼市・名取市、福島県南相馬市・相馬市・いわき市など太平洋に面してる都市が被害に遭い、中には都市が壊滅状態に陥るなど甚大な被害でした。

これからしばらく余震と戦う事になりますけど、絶対に負けません。
立ち上がってみせます。

そして最後になりましたが、今回の大地震で犠牲になってしまった方々へ謹んで御冥福をお祈り致します。
更にこの大地震で、被害に遭われてしまわれた方々へ心からお見舞い申し上げます。
  1. 2011/03/12(土) 09:21:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 ○阪神1-0埼玉西武●(甲子園)

西 000 000 000=0
神 100 000 00X=1
[投手]
(西武)
涌井-ミンチェ-藤田
(阪神)
久保-久保田-岩田
[勝ち投手]
久保 1勝
[負け投手]
涌井 1勝 1敗
[セーブ]
岩田 1S

一昨日、皇子山での試合は惜敗でしたが、今日は甲子園で埼玉西武とのリターンマッチに挑みます。

今日は阪神戦負けなしの難敵・涌井と相対する事になってしまいましたが、タイガースは初回、その涌井の立ち上がりを攻め立てます。
先頭の俊介がヒットで出塁後、二塁への盗塁を決め、平野が俊介を三塁へ送った後、鳥谷のタイムリーで、難敵・涌井から先制点をもぎ取ります。

しかし、相手はライオンズのエース。
2回以降は立ち直り、追加点を挙げる隙すら与えません。

一方、タイガースの先発・久保は追加点の更なる援護はなかったものの、5回を無失点に抑えます。

6回は今季キャンプをスローで調整した久保田でしたが、無失点に抑え、7回からは岩田へリレーし、結局ライオンズ打線を6安打に抑えての完封リレーで、虎の子の1点を守りきって勝ちました。

ここでも目につくのは、投手陣が好調だと言う事ですね。
勿論安心出来ますね。

が、やはり今日ももう一つ目についたのは、8安打も放っていながら、得点は僅か1点と、効率の悪い攻撃が目立ってしまった事です。

特に平野・マートン・新井(貴)の3人が揃って、3打数無安打と言うのが心配ですね。
平野もマートンも、揃ってスランプからの出口が見えない闇の中を、さまよい続けてるような気がします。

次回のオープン戦は、土曜日に甲子園での、ライバル・中日戦です。
今日の先制点を挙げたような、機動力を駆使した繋ぎの攻撃で、得点力アップを図って欲しいですね。
  1. 2011/03/10(木) 22:30:15|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 △阪神2-2東北楽天△(9回引き分け)(甲子園)

楽 000 000 110=2
神 001 100 000=2
[投手]
(楽天)
永井-川岸-片山-小山-美馬
(阪神)
能見-小林宏-藤川-福原-江草
[本塁打]
(楽天)
聖沢1号ソロ

今日から甲子園での4連戦。
初戦の相手は、元阪神監督で、前阪神SDの星野仙一さんが今季から監督を務める東北楽天ゴールデンイーグルス。
従って、オリックス同様に新旧阪神監督対決と相成りました。

先発は開幕投手内定報道が流れた能見篤史。
ただ、個人的にはこの開幕投手を開幕戦のスタメン発表まで隠し通して欲しかったです。
勿論、能見の実力は信じてますけど、タイガースはただでさえ情報がだだ漏れしやすいので、ここはライバルチームである落合中日を見習って、徹底的に秘密主義を最後まで押し通して欲しかったんです。
勿論、目的は勝つ為です。

その能見は、5回を完璧な投球内容で無失点に抑えます。
続く6回からは、今季新加入の小林宏が僅か7球で1回をピシャリ。

打線は相変わらず不調かと思われた3回裏、ブラゼルのタイムリーで先制し、更に続く4回裏にも、今日スタメンマスクの岡崎のタイムリーで追加点を挙げ、2点をリードします。

しかし7回表、小林宏から代わった藤川が聖沢にまさかの被弾。
続く8回には代わった福原が平石にバスターでタイムリーを打たれて振り出しにされ、結局ドローで終わってしまいました。

今日も勝てなかったです。
しかも勝ち試合を追いつかれての引き分けなので、後味の悪い試合です。

球児は決して油断した訳ではないと思いますが、大砲タイプとは言えない聖沢に一発を打たれるのはどうかと思いますね。

更に僕が個人的に不信感を抱いている福原が、悪天候の不運な条件だったとは言え、あっさり同点に追いつかれたのはどうもねぇ…。

失点はしなかったですけど、江草は相変わらず不安定な投球内容で、この状態が解消されない限り、中継ぎ左腕としての信頼性は限りなく低いでしょうね。

再び課題の打線に戻しますますけど、中でも平野とマートンが大スランプ状態なのが気になります。

平野の打率は1割を切り、マートンも2割に満たない打率です。
平野の場合は統一球への対応に苦心してると思われますし、マートンの場合は飛距離を伸ばす為に打撃フォームを改造したようですが、現時点では凶と出てるようです。

勿論、ペナント本番ではこのような事がないと強く信じてますが、早いうちに解消されない事には不安ですね。

明日は、昨日の皇子山での試合で惜敗を喫した対埼玉西武戦です。
とにかく課題をいち早く解消し、ライオンズ相手にお返しをして、勝ちましょう!
  1. 2011/03/09(水) 21:47:54|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 ●阪神0-1埼玉西武○(皇子山)

西 000 010 000=1
神 000 000 000=0
[投手]
(西武)
帆足-小野寺-星野-シコースキー-グラマン-長田
(阪神)
秋山-鄭凱文-加藤-阿部
[勝ち投手]
小野寺 1勝
[負け投手]
鄭凱文 1勝1敗
[セーブ]
長田 1S

今日は舞台を滋賀県大津市にある皇子山球場にて、埼玉西武を迎え入れました。
タイガースの先発は、教育リーグなどの試合で不安定だった秋山でしたが、この試合では素晴らしいピッチングで4回を無失点。
ただ、秋山の後を継いだ鄭が5回表、片岡にタイムリーを打たれ、1点失ってしまいました。
その後は立ち直ったものの、今度は打線がライオンズ投手陣から9安打5つの四死球を選んでチャンスは掴むものの、13もの二桁残塁ではホームが遠く、中盤に失った1点が最後まで重くのしかかり惜敗しました。

投手陣はここでもあまり心配してません。
4人の投手で1失点なら十分に合格点でしょう。

しかし、課題の打撃陣が貧打の次は拙攻ですから、これでは非常にマズいです。
統一球になったとは言え、しっかり自分の打撃を心掛けて欲しいですね。

特にスコアリングポジションにランナーを置いた場面での、フライアウトはいただけません。
少なくとも、芯に当ててゴロかライナー性の当たりをミートして打たないと、飛ばない統一球に今後も苦しめられると思いますね。

明日は今季初の甲子園で、星野仙一元監督・前SD率いる東北楽天と、新旧監督対決を迎えます。

正直、課題はまだ完全に解消されてないので、明日はしっかり考えたケースバッティングを心掛けて欲しいですね。
しかも現時点、12球団でホームランが未だに0のチームは、我等がタイガースなので、明日でそんな不名誉な記録とはおさらばして欲しいです。
  1. 2011/03/08(火) 22:20:29|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 ○阪神3x-2横浜●(9回サヨナラ勝ち)(倉敷マスカットスタジアム)

横 100 000
神 000 000
  100=2
  003X=3
[投手]
(横浜)
山本-リーチ-江尻-阿斗里-山口
(阪神)
スタンリッジ-小嶋-渡辺-江草
[勝ち投手]
江草 1勝
[負け投手]
山口 1敗

タイガースの打線はこの日も元気なく、ベイスターズ投手陣のリレーの前に0行進。
中でもオリックスから移籍した先発の山本と、新加入の助っ人投手・リーチの攻略に苦心したそうです。
そして迎えた最終回、ベイスターズは満を持して守護神・山口を登板させますが、ここに来て内野でミスが連発し、その波が山口を襲い、その山口も暴投と連鎖が止まりませんでした。
その隙をタイガースが突いて、関本の同点タイムリーと、俊介のタイムリーで劣勢をうっちゃっての逆転サヨナラ勝ちでした。

投手陣は先発のスタンリッジが立ち上がりに失点したものの、後に修正して先発としてまずまずの出来でした。
2番手の小嶋は良かったのですが、その後の渡辺がイマイチで、横浜に追加点を献上してしまいました。

打線は相変わらず低空飛行状態ですし、向こうのミスの連鎖反応で勝ったようなもんです。
更に前の試合もですが、この試合も守備が乱れて失点したので、猛省して欲しいですね。

次の試合は8日、滋賀県大津市にある皇子山球場での、対埼玉西武戦です。
課題をこの試合で解消出来るようにして欲しいですね。
特に打撃と守備は。

逆に投手陣は一部を除き、心配はしてません。
今回はイマイチだった渡辺も、次回登板では必ず修正するはずでしょう。
小嶋だって、今回は出来が良かったんですから。
  1. 2011/03/07(月) 05:14:42|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 ○阪神5-1横浜●(高松・レグザムスタジアム)

横 000 001 000=1
神 500 000 00X=5
[投手]
(横浜)
高崎-福田-藤江
(阪神)
メッセンジャー-榎田-若竹-藤原-阿部
[勝ち投手]
メッセンジャー 1勝
[負け投手]
高崎 1敗

今日明日は横浜との瀬戸内連戦で、今日は四国は香川県高松市にあるレグザムスタジアムでの試合でした。

初回、横浜先発・高崎の立ち上がりを攻め立て、林威助の2点タイムリー。
更に満塁の場面で、期待の大砲候補の若武者・森田の走者一掃タイムリーと、打者11人攻撃で一挙5点を先制しました。

しかし、得点は初回の5点のみと、爆発力はなりを潜めたので、その辺の課題はまだまだですね。

一方、先発メッセンジャーは横浜打線を僅か1安打。
メッセンジャーの後を継いだルーキー・榎田も打たれたヒットは僅か1本でしたが、その1本が吉村に打たれたタイムリーでした。

これで連続イニング無失点記録は38で途絶えました。

しかし、この失点は初回に走者一掃タイムリーを放った森田が、ファウルフライを落球したエラーが絡んでの失点の為、榎田の自責点はありません。

現時点で、ここまで順調過ぎるくらい順調な榎田なので、連続イニング無失点記録は途絶え、1点失いましたが、これくらいの事には気にしてません。
ルーキーがいつか必ず通らなければならない、プロの洗礼だと思ってますから。

ただ、初回にタイムリーを放ったものの、エラーで帳消しにした形になったので、森田には練習に励みながら実戦経験を積み重ねて欲しいです。

横浜に打たれたヒットは僅か2本で、榎田の後を継いだ若竹・藤原・阿部の3投手はヒットすら許しませんでしたから、投手陣の好調さが伺えます。

明日は瀬戸内海を渡って、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムでの試合です。
今日タイムリーを放った森田は岡山県出身で、岡山・関西高校時代から親しんだマスカットスタジアムなので、オープン戦とは言え、明日の試合でも活躍して、故郷岡山に錦を飾って頂きたいもんです。
  1. 2011/03/05(土) 22:25:28|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 △福岡ソフトバンク0-0阪神△(9回引き分け)(福岡Yahoo!Japanドーム)

神 000 000 000=0
ソ 000 000 000=0
[投手]
(阪神)
久保-下柳-小林宏-藤川-江草-若竹
(ソフトバンク)
杉内-森福-岩崎

昨日に引き続き、今日も福岡Yahoo!Japanドームにて、ソフトバンクと対戦しましたが、タイガース・久保、ホークス・杉内の開幕投手候補の投げ合いにより、両チームとも1点が遠かったです。

ただ、安打数はタイガースが4本、ホークスが6本と、ややホークスが押し気味に攻めてたのを凌いだような感です。
やはり、今季は使用球が統一球になり、飛ばない性質の為、昨年のような打撃は期待出来ないと思います。
しかしながら、打てないなら機動力や小技を駆使するなど、頭を使って臨機応変に対応して欲しいですね。

打線が貧打に喘ぐ一方で、今日を終えてオープン戦4試合の中で失点は僅か1点。
それも小嶋が失った1点以外は相手に点を与えてないので、その点は昨年より強みになると思います。

明日は試合がなく、週末は四国は高松のレグザムスタジアムと、倉敷マスカットスタジアムでの、対横浜瀬戸内連戦です。

今季の横浜は新加入の森本稀哲と渡辺直人の効果と、尾花監督の方針転換により、決して侮れないチームになったと思いますので、気を引き締めて戦い、連勝して欲しいですね。
  1. 2011/03/03(木) 22:13:58|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロ野球オープン戦 ●福岡ソフトバンク0-3阪神○(福岡Yahoo!Japanドーム)

神 012 000 000=3
ソ 000 000 000=0
[投手]
(阪神)
能見-岩田-藤原-阿部
(ソフトバンク)
小椋-デレオン-藤田-吉川-大場
[勝ち投手]
能見 1勝
[負け投手]
小椋 1敗
[セーブ]
阿部 1S

小林宏之の獲得で高浜卓也流出と言うショッキングな出来事の翌日、オープン戦3試合目は福岡・博多での試合です。

この試合は開幕投手候補の能見が貫禄を見せ付けました。
後を継いだローテーション候補の岩田も無失点。
更にその後の藤原も阿部も無失点に抑え、4投手による完封リレー勝ちでした。

一方、打線は相手のミスに付け込んで、ソフトバンクの先発・小椋から3点をもぎ取りましたが、安打数は僅か4本。
まだまだ完全に貧打解消には至ってないようです。

3日もホークスとのオープン戦です。
選手達には当たり前の事を当たり前に、臨機応変でプレーして欲しいですね。
  1. 2011/03/03(木) 11:13:24|
  2. 2011年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。