虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年日本シリーズ第2戦 ○中日12-1千葉ロッテ●(ナゴヤドーム)

ロ|000 100 000 1
中|433 002 00X 12
ロ|H:5 E:2
中|H:14 E:0

【勝利投手】チェン 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】マーフィー 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:●マーフィー、小野、古谷、吉見=里崎、的場
中:○チェン、河原、三瀬、高橋、浅尾、岩瀬=谷繁、小田

◆本塁打
ロ:なし
中:ブランコ1号2ラン(6回・古谷)

◆戦評
5年ぶりとなった日本シリーズ初戦を幸先よく制した昨日の試合。「結びの三番」から続く勢いそのままに今日も白星をつかみ、連勝での千葉マリン凱旋が期待されます。

第2戦のマウンドを託されたマリーンズ先発はマーフィー。しかし初回、2本の安打で1死1,3塁とされると、和田に適時打を打たれ0対1と先制を許します。なおも2死満塁から谷繁への押し出し四球と大島の2点適時二塁打で計3点を追加され、0対4とリードを広げられます。

これ以上の失点を防ぎたいところでしたが2回、安打と2つの四球で無死満塁とされると、ここで和田に右中間を破られる2点適時二塁打を浴び0対6。マーフィーはマウンドを降ります。後を受けた2番手・小野は2死後、野本に適時打を打たれ0対7と、ドラゴンズ打線を止めることができません。

さらに3回、2本の安打で1死1,3塁とされると、井端の二ゴロの間に1点を失い0対8。なおも連続四球で2死満塁とされ、ブランコに2点適時打を許して0対10と差を広げられます。

前夜の勢いそのままに得点を奪いたい打線も、ドラゴンズ先発・チェンの前に3回まで6番・金泰均の放った1安打のみに抑えられ、得点には至りません。

しかし4回、2番・清田の死球、3番・井口の左前安打で無死1,2塁とチャンスを作ると、1死後から「1点ずつ返す気持ちでつなぐ打撃をした」という5番・今江が投手・チェンを強襲する中前適時打を放ち、1対10。1点を返して反撃の姿勢を見せます。

するとその裏を小野が3者凡退に封じ、5回から登板した3番手・古谷も落ち着いた投球で無失点。追加点を与えません。

ところが6回、古谷は先頭の和田に今日3本目となる安打を打たれると、続くブランコには右翼席に運ばれる1号2点本塁打を浴び1対12とされます。

打線は7回に7番・里崎が1死から四球で出塁。8回には2死から井口が今日2本目となる安打を放ちますが、ともに得点には至らず。9回はドラゴンズ5番手・浅尾、6番手・岩瀬にわずか4球で封じられ試合終了。対戦成績は1勝1敗となり、日本シリーズの連勝記録は8でストップしました。

投打ともに序盤からの劣勢をひっくり返すことができず敗戦。しかし、明後日からは約1か月ぶりとなる本拠地・千葉マリンでの戦いが始まります。千葉マリンに集うファンの大声援を背に受け、何としても第3戦に勝利して本拠地での戦いを優位に進めましょう!

◆私評
昨日初戦を勝って勢いをつけたかったですが、今日は悪い要素が連鎖反応で重なり、惨敗してしまいました。

先ずは先発のマーフィーが相変わらず四球癖を露呈してしまい、打たれ出したら止まらなくなってしまいましたね。
2回途中7失点KOですから、井口のエラーで足を引っ張られたとは言え、擁護は出来ないですね。
これをシーズン終盤から、ポストシーズンに入っても相変わらずですから、今後起用しにくくなった事だけは確かだと思います。
西村監督も「マーフィーは同じ事を繰り返している」と敗戦後に苦言を呈してましたし。
でも、2回に入って傷口を広げられるなら、2回の頭からマーフィーを諦めて欲しかったかなぁと個人的には思いました。
勿論、ピッチャーの無駄遣い防止と、マーフィーの立ち直りに期待しての続投だったとは思いますけど。

次に井口や清田がミスを連発して、これが失点に繋がった事ですね。
特に井口は初回に犯したエラーさえなければ1失点で済んでたんです。
これは、捕球態勢の整っていなかった金泰均にも非がありますけどね。
その後も併殺が取れなくて失点に繋がったりと、守備ではいいとこ無しでしたね。

清田も外野からの返球が逸れて失点したり、ヒットのチェン(投手)を二塁で刺せなかったり、更には攻撃の場面で二塁ランナーにいて、深い外野フライからのタッチアップで三塁へ進塁しなかった事も頂けません。
この3選手は猛省して欲しいです。

ミスの連発やマーフィーの乱調で負けた事もありますけど、先発・チェンを打てなかった事も負けた原因ですね。
そして、前日に負傷した大松の不在も痛かったですね。
病院での診断結果が右太腿裏ハムストリングスの軽度の肉離れと言う事で、最悪シリーズ中の復帰は厳しいかもしれません。(涙)
でも、軽度なので1日でも早い回復を願うのみですね。

結果的には大敗でしたが、良かった点だってありました。
チーム唯一の得点を挙げた今江のタイムリーや、終盤7・8回の2イニングを投げた吉見が唯一無失点に抑えた事です。
これは、捕手を的場に替えたからと言うのもあるからかもしれません。
攻守とも里崎のコンディションがあまり良くなかったから、大事をとって替えたのでしょうけどね。
それに、里崎は半ば満身創痍ですから。

ただ、中日打線で眠っていた主力を叩き起こしてしまったのは事実です。
特にポストシーズンは、不振に喘いで眠り続けてたブランコを、叩き起こしてしまったのは痛過ぎます。

ただ、これだけ惨敗したし、原因はハッキリ分かっているので、気持ちはすぐに入れ替われると思います。
明後日から舞台はホームであるマリンへ移りますからね。

マリンでは中日の思い通りに、決してさせないよう、気を引き締めて戦って欲しいものです。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 23:55:38|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2010年日本シリーズ第1戦 ●中日2-5千葉ロッテ○(ナゴヤドーム)

ロ|012 001 100 5
中|020 000 000 2
ロ|H:13 E:0
中|H:6 E:0

【勝利投手】成瀬 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 0勝 0敗 1S
【敗戦投手】吉見 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:○成瀬、薮田、内、伊藤、S小林宏=里崎
中:●吉見、鈴木、平井、清水昭=谷繁

◆本塁打
ロ:清田1号ソロ(3回・吉見)、井口1号ソロ(7回・平井)
中:和田1号ソロ(2回・成瀬)、谷繁1号ソロ(2回・成瀬)

◆戦評
マリーンズにとって5年ぶりとなる日本シリーズが、ナゴヤドームで幕を開けました。

開幕投手を託された成瀬はシリーズ初先発にもかかわらず堂々たる立ち上がり。初回を3人で封じてみせます。

ドラゴンズの先発・吉見に対するマリーンズ打線は2回、4番・サブローが内野安打で出塁。5番・今江の犠打で2塁に進みます。2死後、7番・大松が放った大飛球は右翼フェンス上部を直撃。適時二塁打となって1対0と先制します。

しかしその裏、成瀬が先頭の和田に1号ソロ本塁打を放たれて1対1の同点とされると、2死から谷繁にも1号ソロ本塁打を浴び、逆転されてしまいます。

直後の3回、初回にシリーズ初安打を放った2番・清田が「高めに入った甘めの球をうまく弾き返すことができました」と振り返る1号ソロ本塁打を放ち、すかさず2対2の同点。なおも3番・井口の内野安打などで1死1,2塁と吉見を攻め立てると、今江が中前適時打を放って3対2。試合をひっくり返します。

その裏、無死1塁から荒木がバントした小飛球を捕手・里崎が飛び込んで好捕。併殺に仕留めたのをきっかけに成瀬は立ち直り、5回まで無失点に抑えます。

すると6回、途中出場の7番・岡田が自慢の脚力で内野安打を勝ち取り、8番・里崎の犠打などで3塁へ。ここで1番・西岡が巧みな打撃で中前に適時打を運び、4対2。「どんな形でもいいからバットに当てて走者を還そうと思っていた。シリーズ初ヒットがいい場面で出てくれて本当に嬉しい」と語るキャプテンの一打で点差を広げます。

その裏からは2番手・薮田が登場。2三振を含む3者凡退に打ち取る快投を見せてチームに勢いを与えます。

直後の7回、先頭の井口が快音を残した打球は、広いナゴヤドームの左中間席に飛び込む1号ソロ本塁打となって5対2。ドラゴンズを突き放します。

その後は3番手・内が7回、4番手・伊藤が8回をそれぞれ3人で片付ける圧巻の投球を披露。中継ぎ投手陣が完璧な仕事ぶりを見せてバトンをつなぎます。

最終回は5番手・小林宏が2安打を放たれながらも無失点で締めくくり、シリーズ初戦を制しました。

これで日本シリーズは1974年、2005年と足かけ8連勝。厳しい戦いを勝ち抜く中で調子を上げてきた打線が13安打を放つと、投手陣もドラゴンズ打線を6安打、ソロ本塁打2本による2失点のみに封じました。明日も投打がガッチリとかみ合った野球を展開して、2連勝で千葉マリンへと戻りましょう!!

◆私評
遂にパ・リーグ3位から、今年史上最大の下克上劇場が最後の幕を開けました。
2回表、大松のタイムリー2塁打で先制したまでは良かったのですが、一塁を回った時点で太腿に違和感(故障?)を発症し、途中交代を余儀無くされたのが残念ですね。
その裏、和田と谷繁に一発を浴び、シーズン中ワースト被弾記録を持つ成瀬が打たれてしまったので、また一発病を発症してしまったのか不安になりました。

しかし、チェンと言う大方の予想を裏切って、奇襲先発した吉見も不調で乱調気味。
そんな吉見から、ポストシーズンにホームランを2本放った清田が、日本シリーズでもホームランを放ち同点に。

更に5年前の日本シリーズ(阪神ファンにとっては悪夢でしかありませんが。涙)で大暴れした今江がタイムリーを放って勝ち越しをし、吉見を3回でマウンドから引きずり降ろしました。

その後、3番手・平井からポストシーズンは不調気味だった西岡がタイムリー、更に井口がソロホームランで追加点を挙げ、リードは3点に。

成瀬はやや不調でしたが、5イニングでソロホームラン2発を被弾しただけの2失点に抑えました。
その後は薮田→内→伊藤→小林宏へ繋げ、日本シリーズ初戦を制しました。

打撃は井口と今江が猛打賞、先発野手の中でキム・テギュンだけ1人が蚊帳の外でした。

そして、途中で負傷退場した大松が、明日の試合に出られるかどうかが気掛かりです。
最悪、南や神戸のリザーブはいますけど、なるべくなら試合に出られるような軽傷である事を願いたいですね。

明日も勝つぞ、マリーンズ!
マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/30(土) 23:46:24|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

日本シリーズの相手は中日に決定!

最近多忙と話題の乏しさにより、ブログ更新が滞ってしまい、すいません。
一部にはまだ未完成のブログがありますけど、早めに必ず仕上げます。


セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージは中日が3勝1敗で巨人を下し、セ・リーグ優勝チームがクライマックスシリーズを制しました。
既にパ・リーグのクライマックスシリーズを制した千葉ロッテマリーンズの対戦相手は、中日ドラゴンズに決まりました。
実は過去、千葉ロッテと中日は、僕の生まれた昭和49年に対戦してて、その時は当時のチーム名がオリオンズだった、ロッテが日本一に輝きました。

それから36年。
中日ドラゴンズの本拠地だったナゴヤ球場は、移転かつ新築されたナゴヤドームへ、ロッテオリオンズはチーム名をマリーンズに変え、当時ジプシー球団と呼ばれてた本拠地は川崎へ、後に今は千葉へ移転しました。

セ・リーグとクライマックスシリーズを制した中日は完全優勝を狙ってますが、今年からマリーンズの応援を掛け持ちした僕にとって、中日を倒さない訳にはいきません。
ただ、巨人にクライマックスシリーズを勝たれるのが嫌で、ファイナルステージはにわか中日ファンと化してましたけど。(苦笑)

5年ぶりの日本一を決め、パ・リーグ3位からの下克上を最後のステージである日本シリーズで完結させましょう!

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/30(土) 23:27:03|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜の献立




今日の献立は三品です。

・四川風麻婆豆腐

・あさりの酒蒸し(バター入り)

・温野菜(中身は緑と白のアスパラガス、プチキャロット、ベビーコーン。味付けはマヨネーズで。)

簡単な物ばかりですが、作ってみました。(^皿^;ゞ
  1. 2010/10/24(日) 19:10:11|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

10月19日・パ・リーグCSファイナルステージ最終第6戦 ●福岡ソフトバンク0-7千葉ロッテ○(福岡Yahoo!Japanドーム) 5年ぶりの日本シリーズ進出決定!! \(T∇T)/ <(・∀・)> _(・∀・)_ \(・∀・)ゝ ┏( ・∀)┛

ロ|000 040 030 7
ソ|000 000 000 0
ロ|H:10 E:1
ソ|H:4 E:0

【勝利投手】成瀬 2勝 0敗 0S
【敗戦投手】杉内 0勝 2敗 0S

◆バッテリー
ロ:○成瀬=里崎
ソ:●杉内、森福、和田、ファルケンボーグ、攝津=山崎、田上

◆本塁打
ロ:大松2号2ラン(8回・ファルケンボーグ)
ソ:なし

◆戦評
崖っぷちから2連勝、逆王手をかけたマリーンズは「結びの三番」のような3連勝でファイナルステージを締め、日本シリーズ進出を目指します。

泣いても笑っても今日で勝者が決まる大事な試合。先制点を挙げたいところでしたが、ホークス先発・杉内の前に2回まで完ぺきに抑え込まれてしまいます。

3回、1死から8番・大松が四球で出塁し、続く里崎のチーム初安打などで1,3塁のチャンスを生み出しますが、相手の好守にも阻まれて後続が打ち取られてしまいます。

一方、中4日での先発となった成瀬も、疲れを感じさせない圧巻の投球を披露。杉内に負けじと3回まで1人の走者も許さない、こちらも完ぺきな立ち上がりを見せます。

この成瀬の快投で流れを引き寄せると、打線は5回、2死から9番・里崎が今日2本目となる安打で出塁。1番・西岡も安打で続くなどして満塁と大きなチャンスを迎えます。ここで3番・井口の押し出し死球で1点を先制すると、続く4番・サブローも押し出し四球を選び2対0。さらに5番・今江が値千金の2点適時打を放ち、この回一挙4点を奪います。

大きな援護をもらった成瀬はその後もホークス打線の反撃を丁寧な投球で封じ続け、付け入る隙を与えません。

すると打線は終盤8回、先頭の今江が内野安打で出塁し、代打・塀内が犠打で得点圏に走者を進めると、7番・金泰均が放った打球が右翼フェンス直撃の適時打となり、5対0。さらに続く大松が右翼席へ運ぶ2号2点本塁打を放ち、7対0と勝利をグッと引き寄せます。

援護をもらった成瀬はその直後のホークスの攻撃、先頭の松田に出塁されるも、続く長谷川を併殺に仕留めます。その後も安打を許しますが、後続をしっかりと打ち取り反撃を許しません。

黒く染まった左翼席からの大声援を受けた成瀬は、9回のマウンドへも上がります。順調に2死まで奪い、最後は小久保の放った打球を主将・西岡がおさえ試合終了! 3位から見事に下克上を果たして5年ぶりの日本シリーズへの切符を手にし、西村監督がヤフードームで宙を舞いました。

このシリーズのMVPに選ばれた成瀬は、9回113球を投げ抜き被安打4、奪三振6の無四球完封勝利。エースの名に恥じない、見事な投球内容を見せました。

大一番での勝負強さを遺憾なく発揮して史上初、3位から日本シリーズへの出場権を獲得したマリーンズ。次は5年ぶりとなる日本一へ挑みます。今年1年を戦い抜いた「和」の力があれば、セ・リーグの王者にも屈することはありません。チーム一丸となって日本シリーズでも思う存分実力を発揮し、日本一への頂を登りつめていきましょう!

◆私評
遂に史上初で、パ・リーグ3位からの下克上を成し遂げました!\(T∇T)/
今年7月からマリーンズサポーターと掛け持ちした僕にとって、この勝利は感動しました。(涙)

成瀬が中4日というタイトな登板間隔ながら、初戦同様ホークス相手に好投したのが一番の勝因ですね。
更に相手の先発・杉内が5回表、制球難で急に自滅したのもマリーンズにとっては大きかったですね。

ホークスは逆王手をかけられ、負けたら後がない状況でフラフラだった杉内を引っ張り続け、本来交代が予測された和田ではなく、前日打たれた森福へ替えた事で、傷口を更に広げてしまいましたね。
で、和田が登板した時には既に手遅れだったと思います。
杉内が最初に与えた連続押し出し四死球の時点で、普通は和田へ替えるはずですが、中3日登板と言う事と、杉内のエースのプライドに賭けたのでしょうが、結果的には裏目に出ましたね。

一度マリーンズに傾いた流れは急加速し、和田から得点出来ませんでしたが、ファルケンボーグからキム・テギュンがタイムリー、大松が2ランホームランと、ペナント後半は不調に喘いだ、この2人による3得点で、試合が決まりました。
最後の打者となった小久保のライナー性の打球が、キャプテン・西岡剛のグラブに収まって、西岡が感極まりしゃがみ込んだのが印象的でしたね。(涙)

これで5年ぶりに日本シリーズへ駒を進める事が決まりました。
西村監督は宙に三度胴上げされましたが、これは恐らく自身の現役時代の背番号「3」に因んでの事でしょうね。

5年前は阪神ファン専任だった僕にとって、日本シリーズは悪夢でしたけど、掛け持ちの今は当時の悔しさなんか、もう消えてしまいましたね。(笑)
マリーンズは地元千葉の誇りですから。

そりゃあ、パ・リーグ3位が日本シリーズに進むのはどうなのかと疑問視されるのは覚悟してますけど、CSのルールに則っての結果だからと言う事を理解して頂きたいと思います。
勿論、これがパ・リーグ優勝→クライマックスシリーズ制覇の流れなら、喜びは更に増しますけど、クライマックスシリーズを制した事実だけは不動ですから。

セ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージは、優勝した中日と、2位の阪神を連勝で蹴落とした3位の巨人(怒)で争われ、マリーンズの日本シリーズでの対戦相手が決まります。
目指すは5年ぶりの日本一以外ありません。
5年前には成し遂げられなかった、マリンスタジアムで胴上げを期待してます。

マリーンズが~本当に好きだから~みんなでこの喜びを~分かち合おう~♪
  1. 2010/10/20(水) 10:46:20|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

10月18日・パ・リーグCSファイナルステージ第5戦 ●福岡ソフトバンク2-5千葉ロッテ○(福岡Yahoo!Japanドーム) 逆王手!

ロ|000 000 302 5
ソ|100 000 010 2
ロ|H:11 E:0
ソ|H:7 E:0

【勝利投手】内 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 0勝 0敗 2S
【敗戦投手】ファルケンボーグ 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:大嶺、小野、○内、伊藤、S小林宏=里崎
ソ:大隣、●ファルケンボーグ、攝津、森福、金澤=山崎

◆本塁打
ロ:清田2号2ラン(9回・森福)
ソ:なし

◆戦評
1つの負けも許されない状況から、起死回生の勝利をもぎ取り日本シリーズ進出に向けて踏みとどまった昨日の試合。逆王手を狙い、今日の試合も勝利を目指します。

初回、7月20日以来の1軍登板となったマリーンズ先発・大嶺は、2死2塁から小久保に適時二塁打を浴びて0対1と先制されます。2回も得点圏に走者を進めますが、粘り強い投球で相手打線の攻撃を断ち切ります。

一方、反撃を狙う打線はホークス先発・大隣を攻略しようと試みますが、3回まで無安打に終わります。

3回からは2番手・小野が登板し、危なげない投球で3者凡退に封じると、5回まで相手打線の攻撃を巧みに退けます。

6回、小野は1死から小久保に安打を打たれたところで、3番手・内にマウンドを託します。内は2死1,3塁とピンチを迎えましたが、最後は松田を見逃し三振に仕留めて流れを引き寄せます。

ピンチを脱した直後の7回、ホークス2番手・ファルケンボーグから先頭の3番・井口が二塁打を放つと、暴投で3塁へ進塁。ここで、4番・サブローが適時二塁打を左中間に運び1対1。「何としても打たないといけない」という責任感から生まれた一打で同点に追いつき、なおも5番・今江の犠打で1死3塁とチャンスを広げます。すると、代打・福浦の適時打で2対1と勝ち越しに成功。「気持ちだけで打った」という一振りがチームを勢いづけます。さらに2死1,3塁から里崎の適時二塁打も飛び出し、3対1と点差を広げます。

打線の援護を受けた内はその裏を3者凡退に封じ、8回からは4番手・伊藤がマウンドへ。伊藤は先頭の本多に安打を打たれると、オーティズに適時二塁打を浴びて3対2と1点差に迫られますが、後続を懸命に封じてリードを守ります。

ダメ押し点が欲しい打線は9回、2死から1番・西岡が二塁打を放つと、2番・清田が左翼席に飛び込む2号2点本塁打を放ち、5対2と突き放します。清田の一撃で勝利へ弾みをつけ、守護神・小林宏が最終回を3者凡退に打ち取り試合終了。ファイナルステージ突破に逆王手をかけました。

初回に先制を許しましたが、救援陣の力投で流れを引き寄せ、終盤の猛攻で逆転勝利。いよいよ、明日は日本シリーズ進出が懸かった、絶対に負けられない大事な一戦です。今こそチーム、ファンが一つとなった「和」の力を結集させて大一番に勝利し、5年ぶりの日本シリーズ出場を勝ち取りましょう!

◆私評
遂にマリーンズが逆王手をかけました。
久しぶりに先発した大嶺はあまり調子が良くなく、1失点で交代しました。
これは崖っぷちに立たされている状況ですから、交代は仕方ないです。
今回結果を出せなかった大嶺は、次回登板で奮起して欲しいですね。

しかしその後を受け継いだ小野と内が共によく頑張りました。
元々は先発要員で、怪我によりリリーフ転向を余儀無くされた小野でしたが、ロングリリーフをこなして、ホークスに追加点を与えませんでした。
更にファーストステージ第2戦から調子が良くなった内も、好調をキープしました。

打線はホークス先発・大隣を打てず0行進を続けられ、万事休すかと思われましたが、秋山監督が好投の大隣から、自慢のリリーフ陣・SBM48ちょへ交代し、勝利の方程式への継投策に溺れた事から、流れはマリーンズへと変わりましたね。
そのファルケンボーグと摂津、更には森福を打ち込んでの逆転勝ちですから、これは明日の最終戦でも期待したいですね。
内の後を投げた伊藤が崩れはしましたが、失点後の攻撃で飛び出した清田の一発が一番大きかったですね。
更にはポストシーズンで不振続きだったサブローが、同点タイムリーを放った事もプラスでした。

明日は成瀬と杉内のエース対決。
初戦と全く同じ顔合わせです。
明日も勝って、パ・リーグ3位から初のクライマックスシリーズ制覇を成し遂げ、パ・リーグでの下克上を完成させて、5年ぶりに日本シリーズへ進みましょう!

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/18(月) 22:56:35|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月17日・パ・リーグCSファイナルステージ第4戦 ●福岡ソフトバンク2-4千葉ロッテ○(福岡Yahoo!Japanドーム)

ロ|010 101 001 4
ソ|000 000 002 2
ロ|H:8 E:0
ソ|H:7 E:0

【勝利投手】渡辺俊 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 0勝 0敗 1S
【敗戦投手】陽 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:○渡辺俊、S小林宏=里崎
ソ:●陽、金澤、甲藤、藤岡=山崎

◆本塁打
ロ:今岡1号ソロ(2回・陽)
ソ:なし

◆戦評
昨日は打線がホークスの継投策の前に沈黙。日本シリーズ進出に王手をかけられたマリーンズは、背水の陣を敷いて4戦目に挑みます。

9月15日以来の先発登板となった渡辺俊は、初回、本多に四球を許すものの、鮮やかなけん制で刺して無失点に切り抜け、リズムに乗ります。

すると2回、ホークスの先発・陽に対して、1死から6番・今岡が振り抜いた打球はグングンと伸び、左翼ポール付近に着弾。「後がないという試合で貴重な先制につながるホームランを打つことができてよかった」と語る、今岡が放った移籍後初となる1号ソロ本塁打で1対0とします。

4回には先頭の4番・サブローが10球粘って四球で出塁。続く5番・今江の犠打で2塁に進みます。2死後、「数少ないであろうチャンスをなんとかしてやろうという気持ちで」打席に入ったという8番・大松が中前に適時打を弾き返し、2対0と追加点を奪います。

波に乗った渡辺俊はホークス打線を翻弄し、5回まで無失点。緩急自在の投球術で抑え込むサブマリンが本来の姿を披露します。

マリーンズ打線は6回にも3番手・甲藤に対して今江の二塁打と今岡の犠打で1死3塁の好機を作ると、7番・金泰均の内野ゴロの間に今江が生還。3対0と手堅く1点を追加します。

3点の援護を受けた渡辺俊は、6回から8回までの3イニングスをいずれも3者凡退に切って取る会心の投球。ホークス打線に付け入る隙を与えません。

すると9回、4番手・藤岡から1番・西岡がこの日2本目の安打を中前に弾き返すと、盗塁と2番・清田の遊ゴロで3塁まで進みます。ここで3番・井口が猛打賞獲得となる適時内野安打を放ち、4対0と試合を決定づけます。

勝利目前の9回裏、思わぬ落とし穴が待っていました。渡辺俊が本多の二塁打から始まる3連打で1点を失い、なおも無死1,2塁となったところで守護神・小林宏がマウンドへ。2死満塁までこぎ着けたものの、柴原に押し出しの死球を与え、4対2。走者を一掃されれば逆転サヨナラ負けになる緊迫した展開を迎えます。しかし、最後は直球勝負で山崎を捕邪飛に打ち取り、修羅場を乗り越えました。

日本シリーズに進出して千葉に凱旋するため、一つも負けられない状況は変わりません。しかし、今日の試合で見せた、小刻みに加点して試合の主導権を握り、投手リレーで逃げ切る『和』の野球を続けていけば、おのずとその道は開かれることでしょう!!

◆私評
いよいよホークスに王手をかけられ、崖っぷちに立たされてしまったマリーンズでしたが、そんなマリーンズを救ったのは、タイガースでも救世主と呼ばれたあの男でした。

今岡誠・36歳。

現在はバレンタイン前監督の背番号2を付けてますが、タイガース時代は伝統ある背番号7を背負い、時には1番、時には中軸の5番に座り、勝負強いバッティングで、2003年に首位打者、2005年に打点王のタイトルをそれぞれ獲得しました。
しかし、2006年からスランプに陥り、ばね指の発症も加わるWパンチで4年間苦しみ続け、昨年戦力外通告を受けました。

そんな今岡に救いの手を差し伸べたのが、西村監督になったばかりのマリーンズでした。

今年も最初の方で指名打者として試合に出てましたが、結果を出せず二軍落ち。
その間に浦和で若手選手と共にひたすら汗を流して、再起のチャンスに賭けてました。
出番が来たのは、マリーンズがクライマックスシリーズ進出を賭けた最後の最後でした。
最初は代打として出ましたが、結果を出せませんでした。
それでも西村監督は今岡を起用し、ヒットが出た事により、ペナント最終戦のオリックス戦で指名打者として久しぶりにスタメン出場。
結果は期待に応えるマルチ安打にホームへのヘッドスライディングもありで、感動を誘いました。
その今岡が久しぶりにホームランを放ったのですから、同世代の僕としては感無量でしたね。

勿論、先発の渡辺俊介もマリーンズに反撃態勢を整えさせるナイスピッチングでしたね。
最後の最後でヒヤヒヤしましたが、結果的に逃げ切れてホッとしました。

しかし、王手をかけられた状況は変わってませんので、明日勝って逆王手に持ち込んで欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/17(日) 20:22:12|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月17日・セ・リーグCS1stステージ第2戦 ●阪神6-7巨人○(甲子園) 2010年真弓タイガース終戦…。°・(ノД`)・°・

巨 000 020 320=7
神 201 012 000=6
[投手]
(巨人)
朝井-グライシンガー-マイケル-高木-越智-山口
(阪神)
久保-久保田-藤川
[勝ち投手]
越智 1勝
[負け投手]
藤川 1敗
[セーブ]
山口 2S
[本塁打]
(巨人)
高橋1号ツーラン

後がなくなり、崖っぷちに立たされたタイガースですが、奇襲で先発した朝井を攻め立て、更に巨人リリーフ陣からも得点して、6回を終えた時点で6対2と、最大4点リードして、逆王手モード突入かと思った矢先に悲劇は訪れてしまいました。
先発・久保はシートバッティングにて新井の打球を直撃し、万全でない状態だったので、6回にて降板し、7回から久保田に替えましたがこれが悲劇の始まりで、1点差まで差を詰め寄られ、8回から守護神・球児に2イニングを託すプランが、状態は明らかに不調で、ラミレスに逆転タイムリーを打たれ、雪崩の如く崩壊しました。
結局、先手必勝で必死のリレーをした巨人に采配負けし、タイガースの2010年は終戦を迎えてしまいました。


後で真弓阪神の総括をする予定ですが、ハッキリ言って勝負勘は0ですね。(怒)
正直、激怒してますわ。

選手の調子を見極めて、絶不調のクルーンを起用せず、越智・山口・久保に託した采配の原と、どんな事があろうと、自分が構想した久保田と球児に託す、人任せ采配の真弓の差は、経験以上における天と地以上の差でした。
真弓は全て選手任せの采配ですから、ある意味岡田采配と同じですけど、それ以上に酷過ぎです。
脳天気で行き当たりばったり、選手に願望ばかり押し付けるノープラン采配で優勝や日本一を目指そうなんて、自身へ極端に大甘過ぎなんだよ!
ハッキリ言って、真弓明信には監督の才能なんかない!
真弓を取り巻くコーチもコーチだ!
仲良し内閣で勝てると思ったのか?
だから、選手達の心は離れて選手だけで優勝するなんて、報道が流れたんじゃないのか?
お前等は一蓮托生なら、みんな辞めちまいな!

そして、バカフロント。お前等は見通しが甘過ぎだし、危機感がなさ過ぎなんだよ!
ファンを無視して、金儲けと人気に走る位なら、球団経営権を他社へ譲渡しやがれってんだよ!!
球団を持つ資格なんかお前等には全くない!

過激な事ばかり書きましたけど、プロ野球なんですよ?
プロは勝ってなんぼでしょ?
勝ち負けが懸かってるんでしょ?
日本一は長年の歴史の中で、僅か1回しかないんですよ?
タイガースに勝ち負けを求めてないのなら、草野球でも応援してて下さい!(怒)

正直、これだけのメンツを集めながらリーグ優勝出来ず、ヤクルトの援護射撃がなければ3位だったチームなんで、こんな極端に短期決戦に弱過ぎなら、CS出ないで欲しかったですし、首脳陣を更迭して欲しかったですね。

しかもリーグ優勝を逃し、CSで連敗しておきながら、誰一人責任を取る事なく、一蓮托生で全員残留の報道が流れた時点で絶望感が拭い去れません。
正直、暗黒時代の再来を恐れてます。
このチーム(と言うよりフロントや親会社の阪急阪神HDもか。)には学習能力も反省もないですから。(怒)

なお、当ブログへの抗議は一切受け付けません。
長年にわたった、ノムさん曰く伝統なんかない、本当の事を書いたまでですので。
失礼。
  1. 2010/10/17(日) 20:18:20|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月16日・パ・リーグCSファイナルステージ第3戦 ○福岡ソフトバンク1-0千葉ロッテ●(福岡Yahoo!Japanドーム)

ロ|000 000 000 0
ソ|100 000 00X 1
ロ|H:4 E:1
ソ|H:4 E:0

【勝利投手】ホールトン 1勝 0敗 0S
【セーブ】馬原 0勝 0敗 1S
【敗戦投手】マーフィー 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:●マーフィー、薮田、内、伊藤=里崎
ソ:○ホールトン、森福、攝津、S馬原=山崎

◆戦評
清田の一発で幸先良く先制するも、その後が続かず惜しくも落とした昨日の試合。今日の試合で対戦成績を五分に戻し、再び上昇気流に乗りたいところです。

重圧のかかる大事な先発マウンドに上がったマーフィーは初回、先頭の川崎に四球を与えると、自らの失策で得点圏に走者を背負います。その後2死までアウトを重ねますが、暴投で3塁走者が生還。0対1と無安打で先制点を献上してしまいます。

マーフィーを援護したい打線は2回、先頭の4番・サブローが四球で出塁し、2死から7番・金泰均が中前安打を放ち、2死1,2塁と好機を演出。打席にはファイナルステージ初戦で殊勲の本塁打を放った8番・大松が向かいます。しかし、ホークス先発・ホールトンの力強い投球の前に封じられ、得点には至りません。

3回にも1番・西岡のファイナルステージ初安打や盗塁などで好機を演出しますが、あと一歩のところで得点を奪えません。

一方のマーフィーは2回、3回といずれも走者を背負う場面を迎えますが、要所を締める粘りの投球で相手に追加点を与えません。

そして1点差のまま迎えた5回、先頭の山崎の安打などで2死1,2塁としたところで西村監督は早めの継投を決断。2番手・薮田をマウンドに送ります。薮田は小久保を危なげなく抑え、見事ピンチを切り抜けます。

すると直後の6回、2番・今江が二塁打を放ち、同点の場面を作ると相手投手は2番手・森福に交代します。ここで代打・今岡を送りますが、惜しくも得点には至りません。

7回には死球で出塁した6番・里崎を1塁に置き、9番・清田が右中間への二塁打で2死2,3塁としてこの試合最大のチャンスを迎えます。しかし、ここで代わった3番手・攝津の前に西岡が倒れ、同点とはなりません。

逆転のためにこれ以上の失点が許されない投手陣は7回を3番手・内、8回を4番手・伊藤がそれぞれ無失点に抑え、味方の反撃を待ちます。

9回、ファーストステージ同様の驚異の粘りが期待されましたが、この回からマウンドに上がった4番手・馬原の前に3者凡退に封じられ試合終了。これでホークスにファイナルステージ突破の王手をかけられる形となってしまいました。

しかし、「結びの三番」での決戦同様、これ以上負けられない逆境でこそ「和」の力が試される時です。今まで以上にチームの結束力を高め、明日からの巻き返しを図りましょう!

◆私評
今日、いよいよマリーンズは崖っぷちに立たされました。
しかも、昨日のVTRを見てるかのような、ミスでの失点。
それも先発・マーフィーの暴投でした。
これがまさか決勝点になるとは、思いもしませんでした。
ただ、マーフィーはフラフラ不安定ながらも自らのミスによる1失点で食い止めましたが、いかんせん打線がホークス先発・ホールトンの前に沈黙を続け、昨日から17イニング連続無得点では、勝てるはずがなかったですね。

この3試合で挙げた4得点は、全てホームランのみで、決定打不足に喘ぎ続けてます。
この2敗はペン・マーフィー共々、立ち上がりに難があるので、そこにつけこまれたミスに乗じて失点してる為、明日予告先発の渡辺俊介には、立ち上がりに気をつけて欲しいですね。
打線は切り込み隊長である西岡の不振は痛いですし、他の選手もあまり芳しくありません。
実際、初戦は成瀬の投手力で勝ったのであって、打線は大松の一発(3ラン)以外、湿ってました。
とにかく、明日はホークスの予告先発・陽を打ち込んで、ホークスの勢いを止めて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/16(土) 19:30:03|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月16日・セ・リーグCS1stステージ第1戦 ●阪神1-3巨人○(甲子園)

巨 002 010 000=3
神 010 000 000=1
[投手]
(巨人)
東野-ゴンザレス-久保-山口
(阪神)
能見-渡辺-久保田
[勝ち投手]
東野 1勝
[負け投手]
能見 1敗
[セーブ]
山口 1S
[本塁打]
(巨人)
坂本1号ソロ
(阪神)
ブラゼル1号ソロ


待ちに待った甲子園でのクライマックス・シリーズ1stステージでしたが、先手必勝で勝たなければならない初戦を落としました。
しかも、得点がブラゼルの一発だけでは正直しんどいです。
能見も9月の酷使の影響なのか、本来の出来には程遠く、得点直後に坂本に被弾、小笠原に至っては2打点献上と、昨年からの巨人キラーぶりは薄れてました。
しかも、林ちゃんのエラーや能見の暴投など、ミスがことごとく失点に繋がるようでは、勝利の女神がいつまでも、そっぽを向いたままのはずです。

攻撃陣は序盤から不安定だった巨人先発・東野を助けてしまう、ボール球に手を出しての拙攻の連続。
相変わらず攻略出来ないまま、ゴンザレス→久保→山口へ継投され、またしても白星を献上。
本当、いったいいつになったら東野・ゴンザレス・久保・山口をKO出来るんですか?(怒)
同じ相手に何度もやられ続けるのは、プロとしてどうなの?と思いますがね。(怒)
僕はこういう事を黙って見過ごされるのは、嫌なんです。
ウチのスコアラーはしっかり仕事してんの?(怒)
いい加減にしろよ!(激怒)


明日勝たないと、タイガースの2010年は終わってしまいます。
今年は記念すべき虎年で、日航ジャンボ機墜落事故の犠牲になった中埜肇元球団社長へ四半世紀ぶりの日本一報告が出来なくなります。

明日は何が何でも絶対に勝って欲しい。
もし、負けたら責任を取って、フロントと首脳陣は総辞職する覚悟を持って戦って欲しい。
ただ、選手達にはプレッシャーからガチガチにならないで欲しい。

プロは優勝や日本一を目標にして当たり前で、勝ってなんぼの世界です。
そうじゃなければ、プロじゃなく、草野球同然ですよ。
その意味でタイガースは、あまりにも弱過ぎます。

明日こそ、猛虎の意地を見せつけ、逆王手をかけて欲しいですね。
  1. 2010/10/16(土) 19:27:37|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月15日・パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 ○福岡ソフトバンク3-1千葉ロッテ●(福岡Yahoo!Japanドーム)

ロ|100 000 000 1
ソ|021 000 00X 3
ロ|H:2 E:3
ソ|H:4 E:0

【勝利投手】和田 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】ペン 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:●ペン、小野、薮田、内=的場、里崎
ソ:○和田=山崎

◆本塁打
ロ:清田1号ソロ(1回・和田)
ソ:なし

◆戦評
ファイナルステージ初戦は大松の一振りで奪った3点を成瀬が守り抜いて先勝。対戦成績を五分に戻して2戦目に挑みます。

初戦を制した勢いそのままにホークスの先発・和田を攻略したい打線は初回、1死から「少しコンパクトスイングするイメージで待っていた」という2番・清田が「真芯に当っていたので、たぶん入ると思っていた」と自画自賛の1号ソロ本塁打を左中間席に打ち込み、幸先良く1点を奪います。

9月26日以来の登板となるマリーンズの先発・ペンはその裏、走者を許すものの無失点に抑え込みます。しかし2回、安打と味方の失策などで1死満塁とされると、山崎に2点適時打を弾き返されて1対2。逆転を許してしまいます。

さらに3回、先頭の本多に失策で出塁を許すと、1死後、盗塁と悪送球で3塁に進まれます。ここで小久保に犠飛を放たれ、1対3と点差を広げられてしまいます。

一方の打線も、2回に7番・金泰均が三遊間を破る安打を放ってからは和田を攻略することができず、反撃の芽を摘み取られてしまいます。

4回からは2番手・小野が登場。3者凡退に仕留めて試合を落ち着かせると、5回も先頭の山崎に中前安打を放たれますが、安定した投球で後続を打ち取ります。

反撃したい打線でしたが、尻上がりに調子を上げる和田の前に3回以降は走者を出すことができず、試合は投手戦の様相を呈して後半に入ります。

6回からは3番手・薮田がマウンドへ。7回までの2イニングスを力のある直球で抑え込む完璧な投球で追加点を与えず、味方の逆転を待ちます。

しかし、マリーンズ打線も和田の投球術の前に本来の打撃ができません。8回には1死から流れを変えるべく、8番・大松の代打として青野を送り込みますが、左翼に放った大きな飛球は惜しくもフェンスには届かず、この回も3者凡退に終わってしまいます。

その裏、大事な場面で4番手・内が1番・川崎から始まるホークス打線を攻撃的な投球で圧倒。2点差を維持して、ファーストステージで見せた9回表の粘り強い攻撃に期待が集まります。

しかし、最後までテンポ良く投げ込んでくる和田に対し、9回はわずか5球で外野フライ3本に打ち取られ、1対3のまま試合終了となってしまいました。

これで対戦成績はホークスのアドバンテージを含んで1勝2敗となりましたが、中盤以降は救援投手陣が会心の投球を見せました。明日は相手の先発投手を打ち崩してリードを奪い、序盤から試合を優位に運んでいきましょう!!

◆私評
昨日の初戦は成瀬が4安打完投しましたが、今日は逆にホークス・和田の前に僅か2安打と完璧に近い状態で抑えられ、完投返しされてしまったのが全てでしたね。

初回は清田のソロホームランで先制したまでは良かったですが、2回に金泰均がヒットを放って以降、和田の前に打線が完全に沈黙するようでは厳しいです。

更に、今江・井口のエラー、的場の盗塁悪送球が全て失点に絡んでいますし、2回山崎に2点タイムリーを打たれて逆転された際は、マリーンズ先発・ペンが与えた四球も絡んでます。
気の毒だったと同時に、早めに修正して欲しかったですね。

ただ、敗れた原因がこれだけ揃って明確である以上、明日へ向けてスパッと切り替われるはずだと思うし、柱の中心となってる杉内・和田以外の投手が抜け出ているとは思えませんので、明日以降は勝てると願いたいです。

そんな明日の予告先発は、マーフィーとホールトンの両外国人投手となってます。
マーフィーは恐妻家である事が知られていて、その奥さんが最近来日したそうなので、気合いを入れて抑え続けて欲しいですね。
そしてミス撲滅を目指し、今日沈黙した打線がマーフィーを援護して欲しいものです。

明日、CSでの対戦成績を再び五分に戻して追いつきましょう!

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/15(金) 22:29:38|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月14日・パ・リーグCSファイナルステージ第1戦 ●福岡ソフトバンク1-3千葉ロッテ○(福岡Yahoo!Japanドーム)

ロ|030 000 000 3
ソ|000 010 000 1
ロ|H:7 E:0
ソ|H:4 E:0

【勝利投手】成瀬 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】杉内 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:○成瀬=的場
ソ:●杉内、金澤、森福、甲藤=田上

◆本塁打
ロ:大松1号3ラン(2回・杉内)
ソ:なし

◆戦評
西武ドームでライオンズに引導を渡したマリーンズは、5年前に優勝を決めた福岡の地で、今日から日本シリーズをかけたホークスとのファイナルステージを迎えます。

先制点を奪いたい打線は初回、ホークス先発・杉内から2番・清田が安打を放つと、3番・井口が四球を選び得点圏に走者を進めます。しかしあと一本が出ずに得点を挙げるには至りません。

その直後、マリーンズ先発・成瀬も安打と四球で2死満塁とピンチを迎えますが、気迫に満ちた投球で失点を許しません。

2回、先頭の6番・今岡が二塁打を放つと、続く7番・金泰均が安打で続き好機を演出します。ここで8番・大松の放った一撃は、右翼席前列に飛び込む本塁打。「なんとか後ろにつなぎたいという気持ちで打席に入った」という「和」の気持ちが生んだ一発で、3対0と大きな先制点を奪います。

先制点をもらった成瀬は3回、安打と四球で再び得点圏に走者を背負います。しかし、ここは巧みな投球で後続を打ち取り、追撃を許しません。

打線は追加点を奪うべく攻撃を試みますが、徐々に立ち直りの気配を見せる杉内の前に追加点の機会を阻まれます。3回以降、毎回のように走者を出すものの得点に結びつけることができません。

成瀬は5回、先頭の松田に不運な内野安打を許すと、犠打で得点圏に進めてしまいます。無失点で退けたいところでしたが、川崎に適時打を放たれ3対1。じわりと点差を縮められます。

しかし、6回には3者連続三振を奪うなど、試合の主導権を明け渡すまいと懸命にリードを守ります。

打線は7回、1死から1番・西岡が四球を選ぶと、マウンドにはホークス2番手・金澤が上がります。西岡が盗塁を決めた後に2死3塁としますが、後が続かず得点に結びつけることができません。8回には4番・サブローがあわや本塁打かという二塁打を放ちチャンスメイクしますが、得点にはあと一歩及びません。

一方の成瀬は8回も3者凡退に封じ、最終回のマウンドにも向かいます。投球の勢いが衰えず、9回も3者凡退に封じた成瀬は、9回を投げ抜いて投球数134、被安打4、奪三振9、与四球3、失点1の好内容でチームを勝利に導き、ファイナルステージ初戦を見事な完投勝利で制しました。

これでファーストステージを含めクライマックスシリーズ3連勝! ホークスに1勝のアドバンデージがあった対戦成績も、1勝1敗のタイに戻しました。この勢いに乗ってホークスを圧倒して連勝を重ね、下克上を果たしましょう!

◆私評
いよいよ日本シリーズへ駒を進めるパ・リーグ代表決定戦。
先発は成瀬と杉内、両左腕エースでした。
初回はお互い先制点のピンチに巻き込まれましたが、マリーンズは拙攻、ホークスには先制点を許しませんでした。
ピンチを脱したマリーンズは2回の攻撃が見事でした。
先頭はこの日、福浦の怪我の状態を見てスタメン起用された今岡が2塁打、金泰均もヒットで繋ぎ、夏場以降不振に喘ぎ続けた大松が、ライトスタンドへ3ランを放ち先制。
杉内の一瞬の隙を突いて得点した3得点が、結果的には最後まで効きました。

一方成瀬は5回、川崎のタイムリーで1点失いましたが、その後は危なげない素晴らしい投球内容。
結局4安打に抑えて、9回最後まで投げ切っての完投で、ホークスに付いていた1勝のアドバンテージを消しました。

この成瀬をリードした的場は、昨年までホークスに在籍してて、今日の大一番で守備面にて古巣を見返す結果になりました。
打撃は目立たなかったですけど、リードで勝利に貢献しました。


成瀬と的場のバッテリーが目立った分、大松の3ランしか得点出来なかったのは残念ですけど、明日以降に期待したいですね。

明日はペンと和田の先発予定です。
明日も勝って、優勝したソフトバンクへのリベンジを続けましょう!

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/14(木) 23:36:56|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月10日・パ・リーグCS1stステージ第2戦 ●埼玉西武4-5千葉ロッテ○(延長11回)(西武ドーム) CSファイナルステージ進出決定!\(T∇T)/

ロ|010 001 101 01 5
西|301 000 000 00 4
ロ|H:12 E:0
西|H:9 E:1

【勝利投手】内 1勝 0敗 0S
【セーブ】小林宏 1勝 0敗 1S
【敗戦投手】小野寺 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:マーフィー、渡辺俊、薮田、吉見、伊藤、○内、S小林宏=的場、里崎
西:岸、岡本篤、長田、●小野寺=細川

◆本塁打
ロ:今江1号ソロ(2回・岸)、里崎1号ソロ(9回・長田)
西:なし

◆戦評
初戦は驚異の粘りを見せて延長戦の末に勝利。第2戦はマーフィーを先発に送り、勝負を決めにかかります。

そのマーフィーは初回、四球と安打で得点圏に走者を背負うと、中村、ブラウンに適時打を許して0対3と先制されてしまいます。

直後の2回、2死から6番・今江がライオンズ先発・岸のカーブを振り抜いた打球は、左翼席に飛び込む1号ソロ本塁打。「3点を先制された直後の攻撃で1点を返すことができたのは、この後の試合の流れを考えても大きい」と語る一撃で1対3と2点差に詰め寄ります。

しかし3回、マーフィーは1死3塁から、ブラウンに中犠飛を放たれて1対4と突き放されます。

4回からは2番手として渡辺俊が登板。9球で締めて試合を落ち着かせ、5回も中島に二塁打を放たれますが、後続を断って無失点に切り抜けます。

すると6回、安打と四球で無死1,2塁とし、続く4番・サブローが3塁線をしぶとく破る適時二塁打を放って2対4。さらに7回には無死2塁から途中出場の9番・里崎が中前適時打を放ちます。「和の力があるから、1点ずつ返していけば必ず勝てる」と確信した里崎の一打で3対4と詰め寄ります。

その裏、渡辺俊が2死1,2塁のピンチを背負った場面で3番手・薮田が登場。代打・大島を三ゴロに打ち取ります。さらに8回には2死2塁とされた薮田の後を受け、4番手・吉見がマウンドへ。栗山に左前安打を放たれますが、左翼手・大松の返球を受け止めた捕手・里崎が走者をはね返し、チーム一体となった守備の「和」で追加点を与えません。

すると9回、先頭の里崎がライオンズ3番手・長田の初球をとらえ、会心の打球は左翼席に着弾。短期決戦に強い男の1号ソロ本塁打で4対4と同点に追いつき、延長戦に突入します。

10回、前の回から登板の5番手・伊藤が2つの四球などで1死1,2塁と一打サヨナラの局面を迎え、6番手・内が登場。佐藤を併殺打に打ち取り、試合の流れを引き寄せます。

そして迎えた11回、4番手・小野寺に対して大松の左前安打を足掛かりに好機を作り、2死1,2塁の場面で井口が中前適時打を弾き返して5対4と勝ち越します。

その裏は7番手・小林宏が先頭打者に安打を許しながらも力の投球で後続をねじ伏せ、激闘にピリオドを打ちました。

懸命の投手リレーと、諦めない気持ちで得点を重ねる攻撃で2連勝。次なる決戦の地・福岡への扉を開きました!!

◆私評
昨日のミラクル逆転勝利の勢いで今日の試合も勝ちたい所…でしたが、マリーンズ先発・マーフィーが大乱調と誤算でした。
結果、3回4失点でしたし、四死球を与えるなど制球もダメでしたから。

しかし、初回いきなり3点失った後の2回に今江のソロホームランで反撃し、乱調のマーフィーから受け継いだサブマリン・渡辺俊介が、ライオンズの更なる追加点を許さなかった事が、結果的には大きかったと思います。

その後、点差を更に縮めますが、あと一押しが足りなくて、正直歯痒かったですね。

昨日同様、リードされてる場面で9回を迎えましたが、里崎の同点ソロホームランで、昨日の再現あるんじゃないかと、この時点で少しは思いましたね。

俊介の後、薮田→伊藤へリレーし、伊藤が延長10回裏に一打サヨナラ負けのピンチで降板し、球場のコールは昨日の試合で炎上してしまった内でした。
昨日の事があるので正直不安でしたが、内は佐藤友亮を併殺に斬って落とし、僅か2球で昨日のリベンジに成功しました。
正直、ホッとしました。
このリベンジが、内にとって自信になった事は間違いないと思いますね。

ピンチの後にチャンスありとはよく言うもので、延長11回に井口が勝ち越しタイムリーを放ち、その裏には守護神・コバヒロがピンチもありましたけど、しっかり締めて昨日に続くミラクル逆転勝利で、連勝して福岡行きを決めました。

これぞ昨日に続く、チーム全体の「和」で掴んだ勝利です。
この連勝でファイナルステージへの進出が決まり、福岡で待ち構える福岡ソフトバンクと戦う事になりました。
ただ、1stステージと違う点は、予めソフトバンクにアドバンテージとして、先に1勝を与えられた時点から、ファイナルステージが始まります。
5年前になかった、1勝のハンデですけど、実戦感覚が空くのも優勝チームのハンデだと思うので、連勝の勢いでシーズン負け越したホークスへリベンジして欲しいですね。

鍵はホークスリリーフ陣5人(摂津・ファルケンボーグ・馬原・甲藤・森福)が、マリーンズリリーフ陣より比較的安定しているので、攻略が難しいと思われる杉内や和田以外の先発攻略にあるのではないかと思います。
攻撃で要注意は川崎・本多の機動力、オーティズ・小久保・多村の長打力でしょうか。

5年ぶりの日本シリーズ進出を賭けて、連勝の勢いでパ・リーグCSを勝ち抜いて欲しいですね。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/10(日) 20:04:01|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

10月9日・パ・リーグCS1stステージ第1戦 ●埼玉西武5-6千葉ロッテ○(延長11回)(西武ドーム)

ロ|000 000 014 01 6
西|010 000 040 00 5
ロ|H:11 E:2
西|H:13 E:0

【勝利投手】小林宏 1勝 0敗 0S
【敗戦投手】土肥 0勝 1敗 0S

◆バッテリー
ロ:成瀬、内、伊藤、○小林宏=的場、里崎
西:涌井、シコースキー、小野寺、岡本篤、●土肥、長田=細川、銀仁朗

◆本塁打
ロ:西岡1号ソロ(8回・涌井)、福浦1号ソロ(11回・土肥)
西:中村1号ソロ(2回・成瀬)

◆戦評
「結びの三番」では勝利への執念を見せ3連勝。クライマックスシリーズ出場権を得たマリーンズは今日から首位・ホークスへの挑戦権を手に入れるべく、西武ドームでのライオンズとの決戦、ファーストステージを迎えます。

この大一番の先発マウンドに立った成瀬は初回を無失点で切り抜けますが、2回に先頭の中村に叩かれた打球はバックスクリーン脇へ飛び込む1号ソロ本塁打となり、先制を許してしまいます。

成瀬を援護したい打線は4回、ここまで打ちあぐねていたライオンズ先発・涌井から3番・井口が左翼線に二塁打を放ち同点の好機を演出しますが、得点には至りません。

その後成瀬は集中力を切らすことのない投球で凡打の山を築きます。5回、7回に招いたピンチも粘り強く投げ抜き、追加点を許しません。

すると8回、2死から1番・西岡の振り抜いた打球はバックスクリーンへ飛び込む1号ソロ本塁打。「成瀬が頑張っているので、なんとか援護をしたかった」というチームをけん引するキャプテンの一発で、1対1の同点に追いつきます。

ここまで我慢強い投球を続けてきた成瀬は8回裏、先頭のフェルナンデスに安打を許したところで2番手・内にマウンドを託します。内は制球に苦しみながらも2死までこぎ着けますが、満塁から大島の適時打に味方の失策が絡むなど、1対5と4点差とされてしまいます。

意地を見せたい打線は9回、2番手・シコースキーから先頭の井口が安打で出塁すると、福浦、6番・今江の連打で満塁のチャンス。ここで7番・金泰均の中前へ運ぶ2点適時打で3対5とし、さらに代わった3番手・小野寺から今日1軍に復帰した途中出場の9番・里崎も中前2点適時打を放ち、5対5。ついに同点に追いつきます。

直後のライオンズの攻撃もしのぎ、試合は延長戦へ。3番手・伊藤、4番手・小林宏が9回、10回をそれぞれ無失点でライオンズ打線を退けると、迎えた11回、先頭の福浦が5番手・土肥の変化球を振り抜き、打球は右翼席を真っ黒に染め上げたマリーンズファンの歓喜の渦の中へ。6対5と勝ち越しに成功します。

その裏、ライオンズの攻撃を小林宏が3人で切って取り試合終了。マリーンズがホークスへの挑戦権に王手をかけました。

「結びの三番」から続く勢いに乗って大逆転勝利。明日もライオンズを飲み込み、福岡行きの切符を手にしましょう!

◆私評
成瀬と涌井による横浜高校の先輩後輩対決でしたが、成瀬がおかわり中村に先制弾を被弾してから、涌井が淡々と好投していてマリーンズ打線のバットが芯に当たらないので、完封負けを覚悟した8回に選手会長・西岡の一発で同点に追いついたので安堵しました。
しかし、その裏先頭打者・フェルナンデスに打たれると成瀬は降板し、オリックス戦で2つ勝った内に託しますが、その内がエラーが絡んだ4失点とまさかの炎上。
ラジオ情報によると、内はライオンズ戦初登板だったそうですし、こういう短期決戦初体験なので、少し荷が重過ぎたのかもしれません。
4点差がついたので、正直諦めてましたが、こういう時に限って、最後まで何があるのか分からないもの。
9回、ライオンズの守護神・シコースキーを攻め立て、金泰均の2点タイムリーでKOし、代わった小野寺から、今日一軍へ復帰した里崎の2点タイムリーで同点に追いつく土壇場の粘りを見せました。
金泰均は夏場以降不振に喘ぎ、4番→7番へ降格しましたが、最後の最後でやや復調気配を見せたのが、この場面でも生きましたね。
里崎は怪我で戦線離脱し、マスクを的場や斉藤に譲る事が多かったですけど、やはりマリーンズのマスクは里崎が相応しいと思いますね。

更に延長11回、福浦の勝ち越しソロアーチが飛び出した時、昨日の巨人vs東京ヤクルト戦を思い出しました。
敗戦の窮地に立たされながら、土壇場で同点に追いつき、延長で勝ち越す内容があまりにも酷似してるからなんです。

最後は守護神・小林宏之が締めて、逆転勝利で初戦を制しましたが、僕は劣勢になった時点で諦めてしまった事を情けなく思いますね。
野球とは、最後まで何があるのか分からない事を、そのまま再現した試合ですし、昨日の東京ドームでの試合もよく似た内容の試合ですから、最後まで勝利を信じて応援しなければならない事を痛感しました。
これはマリーンズもタイガースも、他の球技で応援するチームも同じ事ですね。

この短期決戦での1勝は、マリーンズにとって正直大きいですし、逆にライオンズは福岡での3タテショックから、まだ立ち直れていないんじゃないかと思いますね。

福岡行きへ王手をかけた、明日の先発はマーフィーです。
相手はストレートにカーブを織り交ぜて武器にする岸。

今日のような展開も考えられる為、明日は最後まで絶対に諦めないで、マリーンズの福岡行きを願うのみです。

マリーンズ、ファイティン!!o(`o´)o
  1. 2010/10/09(土) 20:40:35|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

阪神タイガース、2位&CS1stステージ甲子園開催確定!

昨日、最終戦を最下位・横浜に敗れて、順位が確定してなかったタイガースですが、今日CS開催権とセ・リーグ2位を争う巨人が延長戦の末、東京ヤクルトに4-7で敗れた為、他力本願と言う形ではありますが、セ・リーグ2位が確定し、更にCS1stステージの開催球場が甲子園と決まりました。

本来は昨日の最終戦を勝って自力で決めて欲しかったので、悔しいし残念ですけど、巨人が負けた事により、悪運がツイてたんでしょうね。

個人的な事で恐縮ですが、今年は神宮でのヤクルト戦4試合を観戦して、3勝1敗でした。
昨年まで、神宮で1つも勝ち試合を見られなかった僕にとってみれば、今年は幸せでした。

ヤクルトの対巨人戦の成績は借金1。
今シーズン途中から小川監督代行へ替わり、高田前監督時代に積み重なった借金を完済し、結果的にはセ・リーグ4位ながらも、貯金でペナントレースを終える事が確定したので、来年は注意しておく必要があると思いますね。

更に、このヤクルトのアシストのお陰で、2位とCS甲子園開催が実現したので、今年は足を向けて寝られません。(苦笑)

CS1stステージは16日から甲子園球場で行われ、先に2つ制したチームが、2ndステージで待ち構える、今季セ・リーグ優勝チーム・中日ドラゴンズと鬼門・ナゴヤドームで戦うのです。

舞台はセ・リーグペナントレースからCSへ。
先に2つ勝って、中日ドラゴンズへの挑戦権を得ましょう!
  1. 2010/10/08(金) 23:21:24|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

10月7日・144戦目(今季最終戦) ○横浜2-0阪神●(横浜スタジアム)

神 000 000 000=0
横 000 100 10X=2
[投手]
(阪神)
秋山-渡辺-久保田-藤川
(横浜)
高崎-牛田-山口
[勝ち投手]
高崎 1勝 1敗
[負け投手]
秋山 4勝 3敗
[セーブ]
山口 2勝 8敗 30S
[本塁打]
(横浜)
松本2号ソロ
筒香1号ソロ


今日は泣いても笑っても、今季ペナント最終戦で、勝って2位を確定したかったんですが…、ここぞと言う時の弱さが露呈してしまい、自力2位が消滅、更に巨人が広島に勝った為に(怒)、3位へ転落し、中日と同率2位になれませんでした。

しかも、秋山が浴びた初安打が、よりによって松本の先制弾でしたから、痛恨の一球でした。
こんな時は打線が秋山を援護して欲しかったんですけど、好機にことごとく拙攻の山を築き上げ、ホームベースが遠かったです。

僅か1失点で秋山を降ろしましたが、なかなか得点出来ないまま、ベイスターズのラッキー7に3番手・久保田が、高卒ルーキー・筒香に痛恨の一発を浴び、リードを広げられてしまいました。

結局、高崎→牛田→山口のリレーの前に僅か5安打に封じられ、最下位・ベイスターズに完封負けを喫し、順位が確定しないままの状態で、今季のペナントレースを終えました。


このチームはホント、悪しき伝統的に、ここぞと言う勝負のかかった試合や、短期決戦には極端に弱過ぎますね。
しかも、高崎に今季初勝利を献上したり、筒香にプロ入り初アーチを浴びたんですから、情けない以外に言葉が見つかりません。(怒)

75年間、チームを続けていて、日本一が僅か1回なのは、プロチームとしてあまりにも情けなさ過ぎだとしか思えません。
楽天を除けば、11球団の中で最弱ですし、1985年に球団唯一の日本一がなければ、合併で消滅した近鉄と並んでのどん底状態ですもん。
この現状を、阪神電鉄本社は、昔のように優勝争いだけして、年俸が上がるのを理由に優勝しないで、金儲けしたから別にいいやと言う考えを今でも変えないのなら、今すぐ球団経営権を阪急か他社へ譲渡して下さい。(怒)
金儲けへ走るあなた方に、球団を経営する資格はありませんね。(激怒)
だから、ノムさんに「タイガースは伝統なんかなく、ただ古いだけのチーム」なんて著書で叩かれるんですよ。
恥ずかしいと思わないんですか?
情けないと全く思わないんですか?
いい加減にして下さい!!ヽ(*`皿´*)ノ


明日、巨人が負けない限り、CS1stステージの舞台は敵地・東京ドームになってしまいます。
甲子園で実現するには、明日巨人と対戦する、東京ヤクルトスワローズに勝って貰う以外、方法はありません。

ペナントは今日で終わりましたが、戦いはまだ終わってません。
CSで巨人と戦わなければならないからです。
ホームランの出やすい東京ドームより、甲子園の方が断然良いに決まってます。
CSまでの期間中、チーム全体で防御率の悪化や、近年変わらぬ決定力不足(日本サッカーかよ!!怒)など、今季の反省をしながら、迎える短期決戦への準備を心掛けて欲しいですね。(;-.-)=3
  1. 2010/10/07(木) 22:56:01|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

10月6日・143戦目 ●横浜0-5阪神○(横浜スタジアム)

神 000 030 011=5
横 000 000 000=0
[投手]
(阪神)
久保
(横浜)
加賀-桑原謙-木塚-阿斗里
[勝ち投手]
久保 14勝 5敗
[負け投手]
加賀 3勝 12敗


今日・明日の横浜戦で、ペナントが終了します。
現状、CS1stステージの開催権を巡って、巨人と争ってますが、今日巨人は最初から試合の予定がないので、勝って甲子園開催と2位確定へリーチをかけたい所です。
しかし、そんな阪神の前に立ちはだかったのは、ベイスターズの先発・加賀でした。
なかなか先制点が奪えない上に、タイガースの先発・久保は先月、打線の無援護や真弓監督の拙い采配で勝ち星に恵まれなかったので、不安でした。
しかし中盤5回に、やっと打線が加賀を攻略し、城島のタイムリー、鳥谷の2点タイムリーで3点を先制。
更に8回には、今季限りでの引退が決まった横浜3番手・木塚から新井がタイムリーを放ち追加すると、更に最終回には横浜4番手・阿斗里から坂の犠牲フライでダメを押しました。
久保は結局9回を無失点で投げ切り、散発4安打完封、三塁を踏ませない好投で、チームは4連勝しました。

先月30日は矢野さんの引退試合だったのに、肝心の主役が出なかった上、横浜の4番・村田選手に逆転3ランを打たれ、痛い星を落としました。
今日は横浜・木塚投手の引退試合ですが、阪神の4番・新井がタイムリーで、言い方は悪いですけど、皮肉にもお返しする形になりました。
そこはプロによる真剣勝負ですし、木塚投手が打たれはしましたけど、これで良かったと思います。
引退試合なのに、試合に出られなかった矢野さんの事を考えれば。

ただ、村田選手の件は冷静になってみたら、勝負に情けをかける事自体が間違いであって、プロによる真剣勝負なんだから、打たれても決して何も言える立場にないですね。
その点では反省したいと思います。
村田選手、ごめんなさい。m(_ _)m

そして、横浜ベイスターズ・木塚投手。
現役選手生活、お疲れ様でした。m(_ _)m
第二の人生(二軍投手コーチ)にて幸ある事を、心から願ってます。

明日はいよいよ144試合の最終戦。
勿論、勝てばセ・リーグ2位が確定し、甲子園でのCS1stステージ開催が実現します。
セ・リーグ制覇の夢は破れましたが、勝てば中日と同率で2位となるだけに、最後の意地を見せましょう!
  1. 2010/10/06(水) 21:56:04|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

10月5日・142戦目 ●東京ヤクルト4-17阪神○(神宮)

神 092 100 023=17
ヤ 001 030 000=4
[投手]
(阪神)
能見-渡辺-メッセンジャー-杉山
(ヤクルト)
中沢-橋本-増渕-李-デラクルス-渡辺
[勝ち投手]
能見 8勝
[負け投手]
中沢 7勝 9敗
[本塁打]
(阪神)
金本16号スリーラン
ブラゼル46号ソロ
ブラゼル47号ツーラン

今日から、神宮・横浜での残り3試合を全て勝って、2位を確定させ、甲子園でクライマックス・シリーズを開催させたい所ですが、今日は記録ラッシュの1日でした。

先ずは先発の能見が9月の月間MVP投手部門で初選出された事。
しかも、今日も味方打線の大量援護に助けられて、これで今季は無傷の7連勝。

続いて、マツダスタジアムにて、イチローがオリックス在籍時代に記録したシーズン210安打に並んでいたマートンが、2回表に東京ヤクルト先発・中澤から2点タイムリーを放ち日本新記録を樹立し、川藤さんの生涯安打数に並びました。www
それだけでなく、川藤さんの記録を超えwww、今日は猛打賞でシーズン213安打。
明日・明後日のハマスタで、どれだけ安打を量産するのか楽しみです。

次は通算1000本安打まであと1本だった鳥谷が、同じ2回表に先発の中澤から代わった2番手・橋本からタイムリーを打った事により達成、到達しました。

そしてアニキが同じ2回表に3ランを放ち、通算安打数で中日・落合監督の記録に並び、11位タイになりました。

そして城島は、ヤクルト・古田さんが記録したセ・リーグの捕手最多安打記録を超えました。


なお、試合は2回に打線が爆発し、打者一巡の猛攻撃で一挙9点を取り、リベンジに燃えていた中澤をいとも簡単に早くKOし、その後もヤクルト投手陣から点を奪いに奪って17点。

そして、最近の試合で不振に喘いでいたブラゼルが、今日の試合で2発ぶち込み、復調気配を見せました。
ただ、ホームラン王争いのライバルである、巨人・ラミレスが1本放ったので(怒)、差は1本あります。
明日・明後日に開催されるハマスタで、ブラゼルはよく打つので、この2試合で量産し、憎きラミレスを追い越して欲しいと思ってますが、一発狙いで再び調子を崩すのが怖いので、単なる個人的願望に留めておきます。www

開催球場を争う巨人もしぶとく勝ったので、残り2試合とも負ける訳にはいきません。
残り2試合、横浜を粉砕し、勝って締め括りましょう!
  1. 2010/10/06(水) 00:03:20|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月3日・141戦目 ●広島2-7阪神○(マツダスタジアム)

神 100 203 001=7
広 000 001 010=2
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-渡辺-久保田-藤川
(広島)
今井-大島-上野-中田
[勝ち投手]
スタンリッジ 11勝 5敗
[負け投手]
今井 4敗
[本塁打]
(阪神)
鳥谷19号ソロ
金本15号ツーラン
城島28号ツーラン


今日も、引っ越し作業中の最中なので、試合経過はTwitterで知りました。

驚いたのはデーゲームの防御率が二桁台と極端に悪いスタンリッジが、今日のマツダスタジアムでのデーゲームにて7回を1失点と好投した事です。
てっきり、デーゲームに弱いと思い込んでいたのでビックリしましたが、これは途中加入したての頃、日本でのブランクが空き過ぎて、完全に埋まってなかったと解釈する事にしました。

しかも、これで11勝目。
タイガースの過去の助っ人では、マット・キーオ以来の快挙だそうです。
スタンリッジがいなければ、優勝争いはなかったと思います。
そもそも、メッセンジャーとフォッサムが期待に応えてくれなかったので、スタンリッジを獲得したのであって、メッセンジャーとフォッサムの2人が期待に応えてくれたら、スタンリッジの獲得はなかったでしょうね。

更に、当時オリックスに在籍したイチローが記録した1シーズン最多安打の210本に、あと1と迫っていたマートンが、今日のこの試合で広島2番手・大島からヒットを放ち、これで最多記録に並びました。
しかも、今日はマートン自身の誕生日なので、快挙達成を自ら祝った事になります。
おめでとう、マートン!\(≧∀≦)/

打線は1番に座った鳥谷が広島先発・今井から先頭打者弾を放ち、その後アニキと城島もホームランを放って、効果的に得点を取りました。

この試合の勝利で、今日試合のなかった巨人を追い抜き、勝率の差で2位に浮上しました。
残すは横浜と東京ヤクルトとの3試合ですが、甲子園でCSを開催する為にも全勝して欲しいです。
  1. 2010/10/03(日) 20:06:49|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月2日・140戦目 ●広島4-11阪神(マツダスタジアム) CS進出決定!(;^o^)=3

神 200 050 211=11
広 100 000 012=4
[投手]
(阪神)
メッセンジャー-能見-渡辺-福原-筒井-久保田
(広島)
ジオ-青木高-梅津-武内-大島
[勝ち投手]
能見 7勝
[負け投手]
ジオ 8勝 8敗
[本塁打]
(阪神)
城島27号ソロ


5年連続でリーグ優勝を逃してから一夜明けて、今日からCS1stステージを甲子園で開催する為、巨人と2位を争う試合になりましたが、優勝のプレッシャーから解放されて気楽になった所為か、打線が遅れながら爆発した試合でした。

皮肉なもんですよね。
もっと早く爆発していれば、優勝を逃さずに済んだんですから。
5年連続で優勝争いの重圧に負けているんですから、この5年間は情けない事の繰り返しですね。
やはり、リーグ優勝を決めた中日のように、猛練習をして自信をつける以外ないのかもしれませんね。
中日の首脳陣や選手を見ていると、猛練習の蓄積に裏付けされたかのような、自信満々な面が顔から出ているようで、かえって不気味ですもん。
タイガースのキャンプはヌルいとの悪評が、いつまで経っても絶えないのですから、精神的にタフになりたいのなら、ひたすら猛練習するしかないんじゃないかと思いますね。

ただ、スコア的には圧勝でしたが、リリーフ登板の筒井は制球に苦しんだ挙げ句、1つもアウトを取れずに降板と、あまりにも情けなさ過ぎでした。
今季不調だったから、左のリリーフ不足に苦しんだんですよ。
江草は相変わらず不調、川崎は途中からの加入ですし、藤原もそこそこやってましたが、故障しちゃいましたし。
この調子が続くようなら、来年オフに首筋が寒くなる思いをするんじゃないですか?
いい加減、早く覚醒して欲しいですね。(○`ε´○)

なお、この勝利でタイガースは2年ぶりにクライマックスシリーズ進出を決めました。

甲子園でCSを開催する為に、残りあと4試合を全勝して欲しいですね。
東京ドームでCSを戦いたくないですから。(;-.-)=3

ただ私事ながら、今日僕は誕生日を迎えましたが、いつも誕生日当日には試合がなく寂しかったですけど、今日の勝ち試合は素直に嬉しかったです。(*^-^)b
  1. 2010/10/02(土) 18:46:36|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

10月1日・139戦目 ○広島5-0阪神●(マツダスタジアム) 終戦… ゜・(≧д≦)・°・

神 000 000 000=0
広 100 400 00X=5
[投手]
(阪神)
秋山-筒井-福原-杉山
(広島)
ソリアーノ
[勝ち投手]
ソリアーノ 1勝 3敗
[負け投手]
秋山 4勝 2敗
[本塁打]
(広島)
梵13号ソロ


正直、昨日の敗戦で緊張の糸がぶっつり切れたんでしょうね。

これまで秋山がチームの危機を何度も救いましたが、崖っぷちの戦いではあまりにも酷過ぎました。
初回、梵に先頭打者弾を打たれてから試合が段々重くなり、自らのエラーで傷口を広げてしまい、またしても梵に2点タイムリーなどで、5失点KO。゜・(≧д≦)・°・

一方の打線は初回、2回とチャンスは掴むものの、肝心の中軸がブレーキだったりと拙攻を繰り返すようでは、秋山にプレッシャーをただかけるだけでした。

結局、ソリアーノの前に何も出来ず、最後はアニキが三振に倒れ、今季を象徴するような、あまりにも皮肉な終戦を迎え、中日ドラゴンズの4年ぶりのリーグ優勝が決まりました。

中日ドラゴンズの皆さん、リーグ優勝おめでとうございます。m(_ _)m
投手を中心とした固い守りと、キャンプでの豊富な練習量、更に多彩な攻撃には毎度の事ながら参りました。m(_ _)m

秋山は久しぶりに敗戦投手となってしまいましたが、この悔しさをバネに成長して欲しいです。

それに比べ、打撃陣はあまりにもだらしなさ過ぎでした。
個人が違った方向へそれぞれ視線が向いてるから、一致団結なんて出来る訳がありませんでした。
主力の各選手が個人プレーに走るようでは、日本一どころか優勝なんて、夢のまた夢でしかありません。
野球はあくまで、チーム全体の和を大事にする団体競技なんですから。

正直、個人主義は今季限りで終わりにして欲しいですし、特定選手依存症も今季限りにして欲しいです。

打撃力はアップしても、肝心な時に沈黙するようでは意味ないです。

更に投手力は昨年より防御率が悪化し、ぶっちゃけ首脳陣がワンパターンの思考しかしてない為、まさかの時に融通が利かなくなる事が多々ありました。

5年連続で優勝を逃した現実、フロントや首脳陣はしっかり責任を取ってくれるんでしょうね?

真弓監督は残念ながら監督の器ではありません。(怒)
コメントがどこか他人事で有言不実行なので、口だけにしか聞こえなかったですし、何よりも選手の支持を得られていないのが現実でした。
だから、「選手だけで優勝する」発言も飛び出したんでしょうね。
首脳陣は責任をしっかり取って欲しいですね。

その発言をしたと思われるアニキ、結局優勝出来なかったじゃないですか。
言い訳はもう聞きたくないですね。(怒)
もういい加減、記録の為に個人プレーへ走る位なら、チームの足を引っ張る位なら、見たくないですね。
チームプレーの為に、衣笠さんの記録更新はもう、諦めて下さい。

更に城島はイケイケリードの所為で、オープン戦時からの撒き餌リードはここまで続き、防御率が前年よりも悪化。
しかも、自分の責任と何度も言いながら、全く改善されてないので、所詮口だけなんだとしか思えませんね。(怒)

新井も結果を出せないなら、フルイニング出場を止めて欲しいですね。(鳥谷はしっかり結果を残しましたが、競争の為にフル出場は控えて頂きたいです。)


そして、危機感を全く感じなかったフロントの言動や行動。
この責任、みんなでちゃんと取ってくれるんでしょうね?(激怒)

もう、チームでの聖域化を止めにしませんか?
チーム内でちゃんと競争しませんか?
そして、日本一になりたければビッシリ練習漬けになって頂けませんか?
アラフォーや特定選手に頼る時代は、今年でもう終わりにしませんか?
世代交代を早いうちにさせないと、また肝心な所で息切れしますよ?

5年連続優勝を逃した事で、短期決戦での息切れ感は否めませんね。

ペナントが事実上終戦したので、クライマックスへ向けての、更に甲子園開催を賭けての残り5試合ですけど、そこは巨人に譲らないで欲しいですね。
既に進出を決めた巨人だけでなく、ヤクルトもクライマックスの切符を争うライバルですから、その辺をしっかり戦って欲しいです。

なお、このブログに関する批判・抗議は一切受け入れませんのであしからず。
  1. 2010/10/02(土) 00:04:29|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

10月1日・144戦目(今季最終戦) ○千葉ロッテ5-4オリックス●(千葉マリンスタジアム) CS進出決定!! \(T∇T)/

オ|200 000 101 4
ロ|300 100 10X 5
オ|H:8 E:1
ロ|H:10 E:0

【勝利投手】成瀬 13勝 11敗 0S
【セーブ】伊藤 1勝 2敗 1S
【敗戦投手】伊原 0勝 3敗 0S

◆バッテリー
オ:●伊原、鴨志田、古川、香月、比嘉=伊藤、前田大
ロ:○成瀬、内、S伊藤=的場

◆本塁打
オ:なし
ロ:今江10号2ラン(1回・伊原)

◆戦評
昨夜の雨天中止から一転して秋晴れとなった空の下、レギュラーシーズンの千秋楽「結びの一番」を迎えました。

クライマックスシリーズ進出のかかった大一番はエース・成瀬が先陣を切りますが、初回、1死1,3塁されるとT-岡田、北川に連続適時打を放たれ、0対2と先制を許します。

しかしその裏、2番・清田の四球から1死2,3塁とバファローズの先発・伊原を攻め立てると、4番・サブローの遊ゴロの間に1点を返します。なおも2死1塁の場面で5番・今江が振り抜いた打球は、快音を残して左翼席へ。「2点を先制された直後に逆転をできたのは試合の流れを考えた上で、めちゃくちゃ大きい」と振り返る10号2点本塁打で3対2。試合をすぐにひっくり返します。

2回以降は立ち直り、完璧な投球を見せる成瀬は3回、2死を奪ったところで今季200投球回を達成。その後もバファローズ打線をねじ伏せて、得点を与えません。

4回、5月2日以来の先発出場を果たした6番・今岡の中前安打と四球で1死1,2塁となります。ここで8番・大松が中前適時打を放ち、2塁走者・今岡が気迫のヘッドスライディングで生還。4対2と突き放します。

その後も順調な投球でバファローズの反撃を断ち切ってきた成瀬でしたが、7回1死1,3塁となった場面で3試合連続登板の2番手・内に後を託します。内は代打・前田大に犠飛を放たれて4対3と詰め寄られますが、続く代打・由田を三振に打ち取り、反撃を食い止めます。

その裏、先頭の清田が安打を放ち、1死2塁となって4番・サブローが逆方向に弾き返した打球は、前進守備の右翼手・森山の頭上を越える適時二塁打。5対3と再び突き放します。

8回も続投した内は2死から安打と四球で2死1,2塁とされますが、北川を遊ゴロに仕留め、無失点で切り抜けます。

最終回は2点リードの場面で3番手・伊藤がマウンドへ。先頭・一輝に三塁打を許し、バイナムの遊ゴロの間に1点を失って5対4と詰め寄られますが、続く前田大を三振、代打・喜田剛を二ゴロに打ち取って、歓喜の瞬間が訪れました。

西村監督1年目の結果は75勝67敗2分で3位。2007年以来となるクライマックスシリーズ進出を果たした指揮官は、試合後「日本シリーズでこの球場に帰ってきます」と力強く宣言しました。自身初の首位打者、そして最多安打を獲得したキャプテン・西岡を先頭に「結びの三番」を3連勝したような強い戦いぶりを見せれば、必ず実現できるはずです!!

◆私評
今季7月からマリサポと掛け持ちしたので今まで、試合に関するブログを観戦した1試合以外更新しませんでしたが、今日はこのような結果になり、苦しんだ末にクライマックスシリーズへの進出が決まりましたので、この試合からマリーンズの試合に関するブログを更新したいと思います。

先発の成瀬は、今季の対オリックス戦6勝無敗と、キラーぶりを発揮してますが、今日は立ち上がりに2点失いました。
しかし、逆転をして貰った後のピッチングは流石でした。

打線の中で嬉しかったのは、初回の今江の逆転2ランもそうですが、今日6番DHでスタメン出場した元虎戦士・今岡がマルチヒットを放った事です。
新天地での活躍ぶりを今年のペナントにて、生で見られなかったのは残念でしたけど、それでも嬉しかったです。(T∇T)

これで全日程が終了し、選手会長の西岡が首位打者を獲得しました。

これから先はクライマックスシリーズですが、3位に確定したマリーンズは、ファースト・セカンドステージ共にビジターなので、マリンスタジアムで試合をやれるのは、日本シリーズへ進んだ時までお預けです。(´へ`;)ハァ

最初は西武ドームで、ライオンズとの対決です。

この対決を制して、福岡で待ち構えるホークスと戦いたいですね。
  1. 2010/10/01(金) 23:18:51|
  2. 2010年千葉ロッテマリーンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。