虎と鴎と太陽王の部屋

阪神と千葉ロッテと柏レイソルをメインに、色々と徒然なるままで書いたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月30日・138戦目 ●阪神3-4横浜(甲子園=今季主催最終戦) 優勝マジック消滅

横 000 100 003=4
神 001 110 000=3
[投手]
(横浜)
大家-寺原-牛田-山口
(阪神)
久保-藤川
[勝ち投手]
牛田 2勝 1敗
[負け投手]
藤川 3勝 4敗 28S
[セーブ]
山口 2勝 8敗 29S
[本塁打]
(横浜)
村田25号ソロ
村田26号スリーラン


逆転優勝の為に、そして矢野さんの引退試合なので、尚更負けられない一戦でしたが、村田1人にスタンドへ2発ぶち込まれ、まさかの逆転負けを喫しました。
これにより、自力優勝が消滅し、マジックも消えました。
そして中日に逆マジック1が点灯し、タイガースは崖っぷちの端っこへ追い込まれました。

敗因は球児と城島のバッテリーでしょう。
それに追加点を奪えなかった事も痛いです。
更に首脳陣の描いていたシナリオが崩れ、まさかの事を想定してなかったのがあからさまになった事もいけません。

今年、球児は逆転勝ち越しを許すホームランを4本も打たれ、防御率が2点台へ落ちました。
そして球児の大一番でのリリーフ失敗と言うと、2007・2008年CSのウッズとの勝負を嫌でも思い出してしまいます。
正直、独り相撲に酔いしれているんじゃないかと疑問すら感じます。(怒)
球児はもう、劇場型クローザーになってしまったと思いますし、豪速球で生きるのは最早限界なのかもしれません。
更に松本、内川へノーアウトから四球を出しているようでは、負けますよ。(怒)

そして、相変わらずイケイケリードで失点を重ねる城島。
これでもしリーグ優勝を逃したら、原因の1人なのは間違いありません。
そうでなければ、防御率が悪化しているはずはありませんよ。(怒)


そして真弓監督含めて首脳陣、試合の流れを無視して、臨機応変に対応出来ない采配ばかり繰り返すようでは、勝てる訳ありませんよ。(怒)
優勝を逃したら総辞職を要求しますわ。(怒)

そして、フロント。
全てにおいて見通しが甘過ぎなんじゃないの?
こんな大一番に弱い伝統なんか、ハッキリ言って要らねぇよ!
伝統を名乗るのは失礼じゃないのか?
そんな悪しき伝統を頑なに死守するぐらいなら、球団の体質改善の為にも、経営権を阪急か他社へ譲渡(身売り)したらどうなんだよ?(怒)

明日から広島との3連戦ですが、広島に敗れた時点でペナントは終戦ですし、土曜日に中日がヤクルトを下した時点でペナントが終戦します。
明日先発の秋山には酷ですし、他力本願でしかありませんが、土壇場での意地を見せて欲しいです。

なお、このブログに関する批判や抗議を一切受け入れませんので、あしからず。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) 22:13:37|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

9月29日・137戦目 ○阪神3-1巨人●(甲子園) 優勝マジック7

巨 001 000 000=1
神 003 000 00X=3
[投手]
(巨人)
ゴンザレス-高木-東野-朝井-山口
(阪神)
能見-久保田-藤川
[勝ち投手]
能見 6勝
[負け投手]
ゴンザレス 5勝 13敗
[セーブ]
藤川 3勝 3敗 28S


阪神も巨人も、逆転でリーグ優勝をする為には全勝しかありません。
しかし、宿敵でアンチ巨人である以上、更にリーグ3連覇中の巨人に、これ以上美味しい思いをさせる訳にはいきません。
それに昨日まで巨人との対戦成績が11勝12敗で、勝ち越しが消えたとは言え、絶対負け越す訳にはいきません。
そんな大事な試合の先発を任されたのは、現在対巨人6連勝中の能見でした。
一方、巨人の先発はゴンザレスでした。

両チームの意地のぶつかり合いは、3回の表裏にそれぞれ動きました。
表にラミレスがタイムリーを放って先制すれば、裏には先頭の今日スタメンの関本がチーム初安打を放ち、同じく今日スタメン出場の坂がライトへホームラン性の打球を放ち、一瞬逆転2ランかと思われましたが、ビデオ判定の結果フェンスの上に跳ね返ってのインプレーと判断され、同点タイムリー三塁打になりました。(苦笑)
その後、マートンのレフトへの犠牲フライで逆転、更に新井のセンター前タイムリーで一気に3点を取り、ゴンザレスをKOしました。(*^-^)b

しかし、その後は両チームとも攻め切れず、関本や坂がしっかり守って能見を助ければ、打線は先発投手要員の東野と朝井から追加点が取れず、緊迫した試合になりました。

能見が6回で降板した後、久保田の2イニングの投球内容が素晴らしかったですね。

松本にヒットを打たれはしましたが、他の6人の打者を寄せ付けず、球児へ繋ぎました。

最終回9回に登板した守護神は松本にまたしてもヒットを打たれ、打者は坂本。
一発のある打者なので、一発同点のピンチでしたが、ライトフライに抑えた瞬間、優勝マジックは1つ減って7。(*^-^)b
更にこの勝利の瞬間、セ・リーグ4連覇を狙ってた巨人の野望を見事に打ち砕きました。\(≧∀≦)/

僅差の痺れる試合でしたが、能見はこれで対巨人戦は2年越しの7連勝。(*^-^)b

攻撃はこの日お立ち台に立った、関本と坂の攻守がそれぞれ光りました。

本来の5番はブラゼルですが、この日先発のゴンザレスとは11打数無安打7三振と相性がかなり悪く、状態面も良くなかったので、今まで出続けたスタメンから外れましたが、結果的にはこの真弓采配が的中しましたね。
そのブラゼルの穴を関本と坂が埋め、前日に無安打3三振1失策と散々だった新井はアニキがスタメンにいるお陰なのか?3点目のタイムリーを放ちましたからね。
そう考えると、アニキのスタメンでの存在は、新井のバットに火を点ける導火線的役割なのかもしれません。(苦笑)

でも新井には、いい加減アニキから独り立ちして欲しいですし、守備のマイナス面を考えると、アニキには代打稼業に専念して頂きたいと思ってるのですが。(苦笑)

優勝マジックは7。
残り7試合を自力で全て勝つしかありません。

そんな明日は横浜と対戦しますが、この試合では矢野さんの引退セレモニーが行われます。
ですから、その意味合いでも絶対に負けられません。

恐らく、久保vs大家だと思われますけど、矢野さんのペナントレース有終の美を飾れるよう、矢野さんに勝利を捧げて、優勝マジックを6に減らしたいですね。(^人^)
  1. 2010/09/29(水) 22:55:10|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月28日・136戦目 ●阪神5-7巨人○(甲子園)

巨 302 100 100=7
神 100 003 100=5
[投手]
(巨人)
内海-久保-山口-クルーン
(阪神)
スタンリッジ-渡辺-福原-久保田
[勝ち投手]
内海 11勝 8敗
[負け投手]
スタンリッジ 10勝 5敗
[セーブ]
クルーン 4勝 2敗 24S
[本塁打]
(巨人)
阿部43号ソロ
(阪神)
鳥谷18号ツーラン
桜井9号ソロ


今日から奇跡を信じての6連戦…でしたが、いきなり初戦で躓きました。_| ̄|○

スタンリッジがまさかの大乱調で、5失点KO。(>_<)
打線も内海をKOしましたが、反撃が遅過ぎました。(´へ`;)ハァ

結果的には、内海に打たれた2点タイムリーが余計でしたね。(-_-メ)
そもそもピッチャーの本業でない、バッティングを許してはいけません。(○`ε´○)
しかも、新井のエラーやバッテリーエラーもあり、失点に繋がりました。ヽ(*`皿´*)ノ
これを新井や城島は猛省して欲しいですね。(;-.-)=3

スタンリッジはここまで良く頑張りましたが、今日は入団当初の不安定な状態に戻ってしまいました。
全ては初回の立ち上がり、松本に打たれた一本のヒットから来たものであり、それが後続にも伝染して狙い打たれたのでしょう。
打者一巡で3点ですから。_| ̄|○

特に長野には打たれ過ぎです。
ちゃんと対策をやってますか?
でなければ、なんで4割以上打たれるんですか?
この点でも、城島には喝!ですね。ヽ(*`皿´*)ノ

明日からは「絶対負けられない戦いが、そこにある」の通りになりました。(;-"-)

全ては明日先発予定の、能見の出来に懸かってます。
巨人や中日相手に連勝中ですが、明日も遺憾なく発揮して欲しいですね。(;-.-)=3

残り8試合、全勝するしかない!(`o´)/
明日勝って、憎き巨人の野望を砕け!ヽ(*`皿´*)ノ
  1. 2010/09/28(火) 21:51:49|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

福岡ソフトバンクホークス、7年ぶりのリーグ制覇

今日、パ・リーグで熱く長い優勝争いへ、遂に終止符が打たれました。

埼玉西武・福岡ソフトバンク・千葉ロッテ・北海道日本ハム・オリックスと、東北楽天以外の5チームに優勝出来るチャンスがありましたが、その中からオリックスと北海道日本ハム、そして千葉ロッテが脱落。_| ̄|○

埼玉西武が先に優勝マジックを点灯させましたが、直接対決で福岡ソフトバンクに3タテを食らい優勝マジックが消滅、逆に福岡ソフトバンクへ逆優勝マジックが点灯し、1になって今日を迎えました。

札幌ドームで埼玉西武は北海道日本ハムと戦いましたが、サヨナラ負けで敗れて、この時点で福岡ソフトバンクのリーグ制覇が確定。

一方、Kスタ宮城で東北楽天と戦った福岡ソフトバンクは、地元での胴上げ阻止へ燃えた楽天の猛烈な抵抗に遭い、勝って胴上げとはなりませんでした。
しかし、仙台の夜空に秋山監督が宙に舞いました。

福岡ソフトバンクホークスの皆さん、7年ぶりのリーグ制覇、親会社がソフトバンクになってから初のリーグ制覇おめでとうございます。

一番の勝因は投手陣ですね。
杉内に和田の両左腕が勝ち星を量産し、リリーフにはSBM48ちょ(S=摂津、B=ファルケンボーグ(ブライアンより)、M=馬原(守護神)、48=甲藤(背番号より)、ちょ=森福(チョメの愛称より))と名付けられた5人が脅威的でした。
打線も川崎・本多の機動力にオーティズ・小久保・多村などの長打力が加わり、松中不在でも手のつけられない打線になりましたね。

これにより、埼玉西武が2位に確定し、クライマックス・シリーズ進出は北海道日本ハムと千葉ロッテに絞られました。
千葉ロッテは今日オリックスに敗れて4位へ転落しました(涙)。
が、北海道日本ハムが勝った事により、皮肉にも試合に勝って、クライマックス進出を逃しました。

マリーンズは残り3試合。
日ハムの進出を阻止する為にも、マリンスタジアムでの3試合全てを勝たなければなりません。
しかし、ここまで来たからには、絶対に勝ちたいです。
ただ、マリンスタジアムでクライマックスが開催出来ないのが、残念ですけど。
  1. 2010/09/26(日) 23:23:46|
  2. プロ野球
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

優勝マジック8点灯!

今日、タイガースは試合が最初から組み込まれてませんでした。

しかし、巨人と中日の勝敗如何によっては、まだ2位の身ながら、優勝マジックが点灯するので、動向を逃せません。

3位の巨人はデーゲームで、3年連続最下位が確定している横浜と対戦しました。
横浜は2-2で迎えた終盤、カスティーヨのタイムリーで勝ち越し、そのまま逃げ切りました。
この時点で、巨人の自力優勝が消え、優勝マジック9が点灯しました。

一方、首位の中日はナイターで、苦手にしている4位・東京ヤクルトと対戦し、先発・由規の力投と、青木の今季200本安打となる先頭打者ホームランで勢いをつけたスワローズが、ドラゴンズを下しました。
巨人の敗戦により、優勝マジック9が点灯しましたが、中日も枕を並べて敗れた為、タイガースの優勝マジックは8になりました。

戦わずして、優勝マジックが点灯、更に1つ減りましたから、これこそ寝て待った果報ですね。
しかも、中日は残り1試合。
対戦相手は同じ東京ヤクルトで、舞台はナゴヤドームですが、ヤクルトはナゴヤドームをさほど苦にしてないようなので、メイクミルミルに期待したいですね。(笑)

一方、巨人は火曜日・水曜日に、我等が阪神タイガースと戦います。
この甲子園連戦で、4連覇の野望を潰して、逆に引導を渡して頂きましょう!

勿論、残り9試合全部勝って欲しいですね。
2年前の雪辱を果たす為に、先ずは巨人を粉砕してから、引き続き一戦必勝で戦って欲しいです。 続きを読む
  1. 2010/09/26(日) 23:03:13|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月25日・135戦目 ○阪神8-3広島●(甲子園)

広 100 000 002=3
神 300 003 20X=8
[投手]
(広島)
ジオ-大島-中田
(阪神)
メッセンジャー-渡辺-久保田-西村
[勝ち投手]
メッセンジャー 5勝 6敗
[負け投手]
ジオ 8勝 7敗
[本塁打]
(阪神)
新井19号スリーラン


1日空いて今日の対戦相手は、既にBクラスが決まっている広島です。
阪神の先発は、良い時と悪い時の差が極端なメッセンジャーでした。

初回に1点失いましたが、その後は広島打線を抑え続け、最近の投球内容に不安がある為、6回途中で交代しました。
これは、絶対に負けられない試合が続くので、致し方ないと思います。

攻撃は、攻守に不安を抱えるアニキがスタメンへ復帰しましたが、音は聞こえませんでした。
しかし、このアニキのスタメン復帰を心待ちにしていた弟子の新井大選手(笑)が刺激を受けたのか、広島先発・ジオから逆転の3ランを放ちました。

その後は膠着状態になり、前半は2点リードで折り返します。

後半へ入ってから6回、ブラゼルが三振に倒れ、城島がヒットを打った後、アニキの当たりはサードへの平凡なフライだと思われましたが、これを一軍経験の浅い中谷が落球し、チャンスが広がった所で、今日先発スタメンの坂が2点タイムリー3塁打、更に代打の林ちゃんがタイムリーを放って、ジオをこの回でマウンドから引きずり下ろしました。

タイガースは続く7回にも、不振に喘ぐブラゼルのタイムリーを含む2点を挙げ、更にダメを押しました。

メッセンジャーの後は渡辺→久保田→西村と繋ぎましたが、その西村は最終回、中谷の汚名返上となるタイムリーに振り逃げで、2点を失いましたが、大量リードが効いての快勝でした。

今日の試合は、今までチャンスに不振に喘いでいた新井が、アニキのスタメン復帰に刺激を受けたのか、逆転3ランを放った事から試合を優位に進めたのが大きいですし、、更に中谷のエラーが出た隙を逃さずに、坂が追加点の欲しい所で打ったタイムリーが効きましたね。
勿論、その後も追加点を挙げた事と、過去の反省を踏まえて、メッセンジャーが6回途中まで好投した事も大きかったです。

ただ、それでも僕は攻守に不安があり、結果を出せないでいる、アニキのスタメン復帰をしないで欲しかったですね。
精神的支柱なら、代打でも十分だと思いますし、マトモに打てない上に守れないのなら、もういい加減に若手へ椅子を譲って欲しいですよ。
首脳陣は間違いなく心中するようですけど、僕は不安しか見えません。

今日は中日も巨人も勝ったので、優勝マジックは点灯しません。

明日・明後日は試合がなく、火曜と水曜に宿敵・巨人を迎え撃ちます。
巨人との対戦成績は11勝11敗と五分なので、何が何でも勝ち越す為には、共に勝つしかありません。
それに中日と競っている以上、1つも負けられない戦いが続くので、残り9試合を全て勝つつもりで戦って欲しいですね。
  1. 2010/09/25(土) 22:50:30|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ぶぶかの秋の油そば・草魂餃子




ジョン・レノンミュージアムを見終えた後、久しぶりに外食しましたけど、さいたま新都心に目新しい所が乏しかったので、吉祥寺に本店を置くぶぶかにて、今秋期間限定の秋の油そば(大盛)と、草魂餃子を注文しました。

秋の油そばは、シメジやエノキダケが入っていて、角切りチャーシューと一緒に混ぜて食べ、好みでニンニクとラー油をかけて、再び混ぜて食べます。
タレが極太麺に絡んで、美味しかったです。

そして、サイドメニューとして注文したのが、草魂餃子。
これは、餃子をキャベツにくるんで、豆鼓味噌タレにつけて食べるんですが、僕は餃子にタレをつけて、キャベツにくるんで食べちゃいました。(笑)
餃子の新しい食べ方でしたが、イケました。(*^-^)b

極太麺の大盛は、胃袋へズシンと来ました。(苦笑)

http://www.ajino-mingei.co.jp/business/bubuka.html
  1. 2010/09/25(土) 19:10:12|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョン・レノンミュージアム



引っ越し準備の合間を縫って、さいたま新都心のさいたまスーパーアリーナ内にある、ジョン・レノンミュージアムへ行って来ました。
このジョン・レノンミュージアム、今月末にて閉館する為、今月最後の週末である今日、母親の許可が出たので(父親は祖母譲りの心配性なので内緒です。爆)、行く事にしました。
定期の効く船橋から大宮まで、東武野田線を通しで乗りましたが、遠いのなんの。(苦笑)
さいたま新都心は大宮から一駅ですし、車窓からさいたまスーパーアリーナが見えるので、すぐ分かります。
館内はジョン・レノンの生涯と、音楽について展示されてますが、館内はビートルズ時代やジョン・レノンとしてソロの曲が流れてます。

館内を巡っているうちに、不意に涙が出て来てしまいました。
借家への引っ越しは来週、半年間の改築工事期間とは言え、寂しさとジョンの生涯が入り混じって、涙が出たんだと思います。

およそ10年間の期間限定博物館でしたが、じっくり観させて頂きました。

Thank you,John&Yoko!(T_T)/~~~
  1. 2010/09/25(土) 15:06:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月23日・134戦目 ●中日1-6阪神○(ナゴヤドーム)

神 201 000 111=6
中 000 001 000=1
[投手]
(阪神)
能見-久保田-藤川
(中日)
吉見-小林正-鈴木-平井-清水
[勝ち投手]
能見 5勝
[負け投手]
吉見 12勝 9敗
[本塁打]
(阪神)
マートン17号ソロ
(中日)
森野21号ソロ


昨日のサヨナラ負けで優勝が厳しくなりましたが、今日は意地を見せました。
初回に2得点を挙げた事により、不名誉な連続無得点イニングは30イニングで止まりました。

しかも、マートンはシーズン200本安打まで残り2本でしたが、あっさり今日ホームランで達成し、続く打席では幻の2打席連続ホームラン(落合監督の抗議とビデオ判定により、タイムリー2塁打と判定。怒) で、23度目の猛打賞となり、球団新記録を樹立しました。
火曜日の試合では、タイムリーエラーが響きましたが、ここまでのチームへの貢献度からすれば、マートンが一番だと思いますね。
ですから、ミスが出ても責めるつもりはありません。
それは昨日にも書きましたから。

一方、先発は中4日での登板となった能見ですが、キツキツのローテーションにもかかわらず、鬼門・ナゴヤドームでの試合で、森野のソロホームランのみの1失点に抑え、昨日サヨナラ負けした久保田と球児が雪辱を果たしました。

しかも巨人が敗れた為、再び2位へ浮上しました。
昨日は落胆してましたが、この勝利で少しは元気が出ました。
ただ、ナゴヤドームは今季2勝10敗と、大きく負け越したのは来季への課題となりました。
来季はナゴヤドーム向きの采配をすべきですし、試合の流れをしっかり読んで欲しいです。
それは機動力を絡めた攻撃と、広い守備範囲にあります。
この秋キャンプから、全選手はビッシビシと練習漬けになって欲しいですね。
中日は膨大で豊富な練習量のお陰で、首脳陣も選手達も自信に満ちているんですから。

可能性はまだ厳しいですけど、勝ち続けるしかありません。
勝つ為の最善方法を見つけ出す、懸命な努力を各自でして頂きたいですね。
  1. 2010/09/23(木) 19:20:09|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月22日・133戦目 ○中日1x-0阪神●(9回サヨナラ負け)(ナゴヤドーム)

神 000 000
中 000 000
  000=0
  001X=1
[投手]
(阪神)
久保-久保田-藤川
(中日)
山井-浅尾
[勝ち投手]
浅尾 12勝 3敗 1S
[負け投手]
久保田 6勝 3敗


ナゴヤドームはこの試合でも、タイガースにとっては鬼門でした。

実に30イニング連続無得点では、勝てる訳がありません。

しかも、9回の攻防は謎だらけの采配連発でした。
明らかに、アニキの記録を意識したかのような代打起用、8回まで僅か3安打に抑え、危なげない投球をしていた久保の交代、更に無死満塁のピンチでブランコを三振に斬ってからの球児への交代。
僕にはさっぱり理解出来ません。

それにピンチにもかかわらず、真弓は全く動く気配なく、むしろベンチで談笑していたと言うじゃないですか。
こんなのは監督の資格なんかありませんね。(怒)

何が不動心だ。
何が耐えて咲くだ。
何が苦しい時に笑えだ。
今まで溜まっていた不信感が爆発しましたよ。

監督を腰掛け気分で引き受けているのなら、今すぐ辞めてくれ。

ほとんど動かなかった前監督の岡田ですら、絶対に負けられないと思った5年前の9月7日に動いたぞ。


僕は決して、サヨナラタイムリーエラーを犯したブラゼルを責めません。
今年、どれだけブラゼルに助けて貰ったのかと思うと。
それはマートンとて、スタンリッジとて、同じ事。

ただ、ブラゼルはナゴヤドームで極端に数字が悪いので、何らかの処置を施して欲しいですね。

これで2試合連続で、スタンリッジと久保を見殺しにした貧打線。
和田コーチや、木戸ヘッド、岡コーチは何を指示したの?
特に木戸と岡はベンチの置物かよ?
それともただ単に真弓の話し相手の為にベンチの置物と化しているだけかよ?
選手がいつか打ってくれるだろうという、希望的観測なら首脳陣が誰一人いなくても良いんじゃないの?

だから、アニキの選手達だけで勝とうといった内容の記事が、流出した理由が分かったような気がしましたよ。

希望的観測で試合に勝とうなんて、野球を甘く見ているとしか思えないですね。
試合の流れを無視したような采配を連発しているようでは、勝利の女神もご機嫌斜めでそっぽを向いたままですよ。

野球の神様を馬鹿にするな!
危機感なしの首脳陣とフロントへ、今季限りで総辞職を強く要求する!

僕の中ではペナントレースがこの試合で、およそ7割終戦しました。
まだセ・リーグ優勝チームが決まってないのがその理由ですけど、限りなく絶望的になったのは事実です。

言っておきますが、僕はただ応援していれば良いだけの阪神ファンではありません。
応援しながらも、長年にわたって染み付いた悪しき伝統を変えるべく、何をしたらよいのかを常に考えているんです。
勿論、声が届かないのは分かってます。
けど、いつまでも歯痒いままで居続けるのは、嫌なんです。
同じ失敗を繰り返されるのが嫌なんです。

勿論、ペナントレースの最後の最後まで応援します。

ですが、冷静に考えても阪神が優勝出来るとは到底思えないです。

それにナゴヤドームでCSが行われたら、今季驚異的勝率を誇る中日の思うツボなので、日本シリーズに駒を進められないです。

尚、このブログに関する抗議は一切受け入れませんので、あしからず。
今年ナゴヤドームへ詰め掛けた東海地区の阪神ファンを考えると、気の毒過ぎて可哀想だとしか思えませんから。
  1. 2010/09/23(木) 10:20:27|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月21日・132戦目 ○中日3-0阪神●(ナゴヤドーム)

神 000 000 000=0
中 000 101 01X=3
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-渡辺
(中日)
チェン-浅尾-岩瀬
[勝ち投手]
チェン 13勝 10敗
[負け投手]
スタンリッジ 10勝 4敗
[セーブ]
岩瀬 1勝 3敗 41S


今日から運命の天王山最終決戦でしたが、決定打に貧打、ミスに泣き完敗でした。
先発のスタンリッジはナゴヤドーム初登板ながら、よく頑張ったと思いますし、7回2失点なら上出来です。
が、これがナゴヤドームの中日相手となると、そうはならないんですよね。
と言うのも中日先発・チェンに8回を無得点と封じられ、最終回にも浅尾→岩瀬と磐石のリレーをされての完封負けですから。
タイガースから見たら、追い討ちをかけられる、嫌らしいリレーですもん。
チェンに完封された方がまだマシだったかもしれませんが、そこは勝利に執念深いオレ竜ですので、常識破りな磐石のリレーをする訳ですね。

2007年の日本シリーズ第5戦で、完全試合目前の山井を降ろして岩瀬を出した事で、賛否両論が出たのは記憶に新しいですけど、今日は正しくその出来事に近い磐石のリレーでした。

スタンリッジが良くても0点では勝てません。
ナゴヤドームでの試合は基本的に当たり前の事が出来なければ、負けてしまう事がほとんどで、初回のチャンスを逸した事や、守りにエラーが出るようでは勝てる訳がありません。
今日の敗戦は痛いけど忘れる事にして、明日の試合を絶対に勝たないと、タイガースの逆転優勝への望みはジ・エンドでしょう。

明日は久保vs山井だと思われます。
山井には神戸にてやられたので、絶対にやり返さないと、勝てません。
久保も用心して、絶対相手に点をやらないつもりで、全力投球して欲しいですね。

そして、当たり前の事を当たり前にやる。
ミスは絶対にしない。

これが出来なければ、ナゴヤドームで負けを積み重ねるだけです。

マリーンズも仙台での連敗を16で止めて、今日も勝ちました。

マリーンズに出来て、タイガースに出来ないはずはない!!(キッパリ)

明日と明後日、チーム全体で一丸となって、勝ちたい執念を存分に出して下さい。
そして、臨機応変な采配をして下さい。
それだけを強く望みます。
  1. 2010/09/21(火) 22:39:33|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月20日・131戦目 ○阪神4-2巨人●(甲子園)

巨 101 000 000=2
神 001 200 01X=4
[投手]
(巨人)
グライシンガー-高木-マイケル-山口-越智
(阪神)
秋山-久保田-藤川
[勝ち投手]
秋山 4勝 1敗
[負け投手]
グライシンガー 2敗
[セーブ]
藤川 3勝 3敗 27S
[本塁打]
(阪神)
林4号ツーラン
城島26号ソロ


逆転優勝へ絶対に負けられない戦いが続く中で、今日は弱冠19歳のルーキー・秋山に命運を託します。
その秋山は初回にラミレスのタイムリー、3回に小笠原のタイムリーでそれぞれ失点しましたが、6回を2失点とゲームメイクしました。

攻撃は長年やられ続けている天敵・グライシンガーから3回に平野のタイムリーで反撃し、続く4回にランナーを1人置いて、林ちゃんが逆転2ランを放ち、長年の天敵・グライシンガーを遂に撃沈させました。
その後追加点がなかなか入りませんでしたが、8回に越智から城島がトドメの一発を放ち、ダメを押しました。

秋山が6イニングを投げた後、久保田が2イニングを完璧に近いピッチングで巨人の反撃を全くさせず、最後は球児が締めて巨人とのゲーム差を再び1へ突き放しました。
そして秋山はプロ初先発した東京ドームでの黒星を、今日甲子園で見事にリベンジしました。

秋山は巨人の強力打線に苦しんで本調子じゃなかったですけど、試合を作ったのは流石です。
次回登板でも頑張って欲しいですね。

打線がなかなかグライシンガーを攻略出来ないので、ヤキモキしましたが、林ちゃんの一発でKOして黒星をつけたので、嬉しいですね。

そして、久保田の好投も見逃せません。
不調の時期もありますが、最近はしっかり球児への繋ぎ役を果たしてます。
明日からもフル回転で頑張って欲しいですね。

その明日からは首位・中日相手に、今季僅か1つしか勝ってないナゴヤドームで戦います。
正直、この3連戦が5年ぶりにリーグ優勝出来るか否か、最後の正念場だと思ってます。
勿論、3つとも勝たないと、リーグ優勝は厳しいでしょう。
明日からも3つとも勝つつもりで、いや、残り試合を全部勝つつもりで、戦って欲しいですね。
  1. 2010/09/20(月) 19:05:40|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月19日・130戦目 ●阪神4-6巨人○(甲子園)

巨 510 000 000=6
神 001 001 011=4
[投手]
(巨人)
藤井-山口-久保-クルーン
(阪神)
メッセンジャー-福原-渡辺-西村-筒井
[勝ち投手]
山口 7勝 3敗 4S
[負け投手]
メッセンジャー 4勝 6敗
[セーブ]
クルーン 4勝 2敗 21S
[本塁打]
(阪神)
マートン16号ソロ
ブラゼル45号ソロ


今日も大事な試合なのに、序盤からメッセンジャーが大乱調で6失点と、試合をぶち壊しました。(怒)
投げてみないと、好調なのか乱調なのか分からないメッセンジャーは、これだから信用出来ないんです。

一方の打線は1イニングに1点を取るのが精一杯で、マートンやブラゼルにソロホームランが出ても繋がりを欠くようでは、追撃もままならなかったですね。
特に新井の大ブレーキが痛過ぎました。

それもこれも全てメッセンジャーの乱調と、メッセンジャーを起用した首脳陣が悪いんですけど。(怒)
この先大事な試合で、正直メッセンジャーは使えませんね。

更に新井は横浜で死球を受けてから、ヒットが僅か1本とスランプに喘いでいる所を見ると、死球の影響が出ているとしか思えません。
その死球が原因で、もし故障が隠れていたとしたら最悪なので、アニキの影響によるフルイニング出場を止めた方が良いんじゃないかと思いますね。

明日は絶対に負けられません。
そんな試合をルーキー・秋山に託さなければならないのは、あまりにも酷過ぎる事ですが、残り試合の事を考えると泣き言を言ってる場合ではありません。
最終目標の為に、今は勝ち続けるしかありませんから。
今日、鬼門・神宮で中日が勝ちましたから、再び2.5ゲーム差になりましたし。(-_-メ)

巨人の先発が予想されるグライシンガーを、今までの鬱憤を晴らすかの如く粉砕しないと、鬼門・ナゴヤドームでの戦いに進めません。

とにかく、明日は絶対に勝ちましょう!
そして、ヤクルトも中日を倒してアシストして欲しいです!
  1. 2010/09/19(日) 22:07:34|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

9月18日・129戦目 ○阪神1-0巨人●(甲子園)

巨 000 000 000=0
神 000 000 10X=1
[投手]
(巨人)
ゴンザレス-久保
(阪神)
能見-久保田-藤川
[勝ち投手]
能見 4勝
[負け投手]
ゴンザレス 5勝 11敗
[セーブ]
藤川 3勝 3敗 26S


5月2日以来の先発登板となった能見は、強力巨人打線を相手に堂々のピッチングでした。
しかし、打線は巨人先発・ゴンザレスを拙攻で攻め倦ね、試合は投手戦の様相になりました。
そして迎えたタイガースのラッキー7、林ちゃんの代打・アニキが二塁打を放ち、ランナーを三塁へ進め、好投していた能見の代打・ひーやんのタイムリーで遂に均衡を破り、攻略に手こずっていたゴンザレスをマウンドから引きずり下ろしました。
その後、久保田が完璧なピッチングをし、守護神・球児でヒヤヒヤしましたが、スカイマークでの中日戦以来、1点差と言う僅差で逃げ切りました。
能見は4月24日以来の勝ち投手となる4勝目。
今日から、ペナントの行方を占う6連戦となる、巨人との初戦を制し、ゲーム差を1へ広げました。

攻撃で拙攻の連続だったのはいただけませんが、能見には関係なかったようです。
6安打を打たれはしましたが、要所要所で抑えて得点を許さなかったですから。
そして、ゴンザレスを結果的にKOしたアニキとひーやんには、良い結果をだしたので、頭を下げるしかありません。

ただ、アニキの連続試合記録は、一年でも長く現役を続けるのなら、ストップさせるべきだと思いますね。


明日は恐らく、メッセンジャーvs藤井でしょう。
メッセンジャーは良い時と悪い時の差が激しく、安定感を欠いているので、今日のような状態の打線では援護は厳しいです。
8安打で僅か1得点は、拙攻の多さを物語ってます。
しかも、今日平野は送りバントを3つ失敗しました。
安易にアウトを一つ与えるバント策は、止めた方が良いと思いますね。
進塁打でも良いんだし、エンドランでも良いんです。
ただ、今のチームには機動力があまりないので、エンドランを期待しない方が良いのかもしれません。(苦笑)
阪神戦用に藤井を温存してぶつける原巨人を、逆にタイガースの打線で返り討ちにして欲しいものです。
  1. 2010/09/18(土) 20:30:14|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月16日・128戦目 ●横浜1-2阪神○(横浜スタジアム)

神 000 000 020=2
横 000 000 100=1
[投手]
(阪神)
久保-久保田-藤川
(横浜)
加賀-加藤-真田-牛田
[勝ち投手]
久保 13勝 5敗
[負け投手]
加賀 3勝 9敗
[セーブ]
藤川 3勝 3敗 25S
[本塁打]
(横浜)
ハーパー16号ソロ


最下位・ベイスターズ相手に3タテは絶対に避けたいもの。
そんな大事な試合のマウンドを任されたのは、勝ち頭の久保でした。
久保はベイスターズ打線を、6回まで無失点に抑えます。
一方の打線は、ベイスターズ先発のサイドスロールーキー・加賀の制球されたストレート・シンカー・スライダーに翻弄され、なかなか久保を援護する事が出来ません。
結局は、久保と加賀の投手戦となりましたが、試合が終盤へ差しかかったベイスターズのラッキー7、久保は先頭のハーパーにソロホームランを打たれ、先制点を先に許してしまいました。
久保が7回を1失点と力投しながら、味方の援護もないままに迎えた8回表、先頭のマートンが猛打賞となるヒットで出塁し、平野が送り(初回やリードされている場面での送りバントはしない方が良いんですが。(;-"-))、鳥谷のタイムリー三塁打で攻略に苦しんでいた加賀から遂に得点し、同点に追いついた後、今日はチャンスで凡退続きだった新井が、犠牲フライを放って逆転勝ち越しをし、難敵・加賀を遂にマウンドから引きずり降ろしました。

久保から引き継いだ久保田が8回、久保田から引き継いだ球児が最終回を抑え、逆転勝ちでベイの対阪神戦今季初の3タテを阻止しました。
更に2位・巨人と、首位・中日が共に敗れたので、1日で2位を奪回し、中日とのゲーム差を2.5と縮めました。

打線が最後の最後にならないと奮わなかった為、今日の勝因は久保の力投に尽きますね。
この試合が始まる前、セ・リーグ規定投球回数達成投手が僅か9人しかいない中で、防御率は3位、勝ち数は広島・前田健太に続いて12勝。
今日、久保もマエケンもお互いに勝った為、勝ち数差1のままですが、勝ち星を増やしました。
今年のタイガースのエースは、間違いなく久保ですね。
ただ、怪我で満足出来るシーズンを送れなかった能見や岩田が、もし万全だったら、エースが変わってたかもしれません。

打線は加賀の制球された球に苦戦してたので、加賀は虎キラー予備軍なのかもしれません。
加賀の場合、味方打線の援護なく負け投手になっているケースが多く、今日もそのパターンでしたから、打線の援護があった場合は要注意です。

明日はこの先6連戦の為の移動日なので試合がなく、明後日から今季ペナントレースを占う、巨人と中日相手の6連戦が待ち構えてます。
しかも中日とは、今季僅か1つしか勝ってない鬼門・ナゴヤドームでの試合です。

巨人は藤井をウチにぶつける為、高木をスワローズ相手にぶつけて敗れたので、こうなりゃ温存した藤井を粉砕し、原の目論見を打ち砕かなければなりません。
宿敵・巨人の野望を粉砕し、中日にも逆襲する為にも6つ全て勝たなければ、5年ぶりのリーグVは見えて来ません。
完全Vは逃しても、負け越す訳にはいきませんので、6連勝…いや、残り試合を全部勝つつもりで戦って欲しいですね。
  1. 2010/09/16(木) 22:37:12|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月15日・127戦目 ○横浜7-5阪神●(横浜スタジアム)

神 010 000 400=5
横 250 000 00X=7
[投手]
(阪神)
下柳-渡辺-福原-能見-久保田
(横浜)
田中-江尻-加藤-真田-牛田-山口
[勝ち投手]
田中 1勝
[負け投手]
下柳 7勝 8敗
[セーブ]
山口 2勝 8敗 26S
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル44号ソロ


残念ながら試合は序盤2イニングで7失点したのが、最後の最後まで響きましたね。
理由は言うまでもなく、下さんの大乱調です。
年々、コントロールの精度が悪くなりつつあります。
それにリードがあっても守り切れず、KOする事も昨年9月にこの目で、しっかりと見てしまいましたし。

一方、攻撃はブラゼルが単独トップとなるソロアーチを放った後は、3年目の先発・田中の前に封じられ、7回に4点を返すも反撃はそこまでで終わり、田中にプロ初勝利を献上してしまいました。

残念ながら、アラフォーに頼る時代は、今年でおしまいにした方が良いと思いますね。
正直、衰えは隠せませんもん。
依存体質にした前監督・岡田の責任は重いです。
それに自身が40過ぎても代打などで起用されたから、ベテランを重用した真弓監督にも責任はあります。
勝負に情けは不要です。
情けがあったら、勝負に勝てる訳がありません。
功労者と言えども、結果を残せなくなったらおしまいです。

走攻守で足を引っ張っていたアニキが4月18日、奇しくもこの日と同じ浜スタで、スタメン落ちしました。
でも、下さんが自爆してしまった以上、何も関係ありませんでしたね。

前回優勝した2005年以降、これで5年連続、9月に失速してます。
真弓監督、勝負は9月だと言いましたよね?
勝負どころか失速して、巨人にも抜かれて3位へ転落したじゃないですか。
どう説明してくれるんですか?

久保も継投ミスや交代時期の誤りを自らの責任と言ってますけど、アナタ今年何回言いました?
責任を軽々しく言わないで欲しいですね。(怒)
責任は重たいんですよ?

正直、昨年の事もあるので、昨年からいる首脳陣を信用出来ません。
丸ごと総取り替えして、フロントの責任者達も総辞職して欲しいです。

まだ優勝は決まってませんが中日が9月になって、化け物かと言うぐらいに好調なので、正直厳しいと思いますし、この勢いだとヤクルトにも抜かれてしまいそうな、気すらしてしまいます。

坂井オーナー、呑気な事言うてる場合違いまっせ。
場合によってはアナタの首も自らふっ飛ぶかもしれまへんで。(-_-メ)

今朝、首都圏は朝から激しい雨が降ってます。
天気予報からして、雨天中止が濃厚だと思います。
勿論、最後の最後まで応援をしますけど、スタジアムへ駆けつけた阪神ファンの為に、勝つ為のベストを尽くして欲しい。

先発した下さんと入れ替わりで、蕭一傑が一度も一軍で登板する事なく、二軍へ落ちてしまいました。
結果論ですが、こんな結果が目に見える位なら、下さんより蕭を先発させて欲しかったですね。(怒)
蕭で負けたなら、僕は蕭を温かい目で見守れますよ。
決して蕭を責めません。
消化試合になったら、一軍で登板出来る事を楽しみにしてるので、帰って来て欲しいですね。
  1. 2010/09/16(木) 08:06:52|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月14日・126戦目 ○横浜6-3阪神●(横浜スタジアム)

神 021 000 000=3
横 022 101 00X=6
[投手]
(阪神)
スタンリッジ-西村-渡辺-久保田
(横浜)
清水-江尻-加藤-真田-山口
[勝ち投手]
清水 10勝 11敗
[負け投手]
スタンリッジ 10勝 3敗
[セーブ]
山口 2勝 8敗 25S
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル43号ソロ
城島25号ソロ
(横浜)
村田22号ツーラン

今日は残念ながら、横浜地方を襲った突然の大雨により、好調のはずだったスタンリッジに狂いが生じて、痛い逆転負けを喫したのが原因です。

更に守備でも拙い所を見せた上、打撃でもチャンスに凡退したアニキにはガッカリしました。

首脳陣はアニキと最後まで心中するつもりでしょうが、正直チームの足を引っ張っているとしか思えません。

勿論、過去の功績には、深く感謝してますが、今は手負いのアニキを見てるだけでも、痛々しいし辛いです。
けど、心中するしかないのでしょうね。(ある意味絶望的ですけど。_| ̄|○)

攻撃も3回に勝ち越して以降、ヒットの割には得点が入らない拙攻を積み重ねているようでは勝てる訳がありません。

しかも、こんな時に限って中日も巨人も勝ったもんだから、嫌なもんですわ。(´へ`;)ハァ

辛うじて、ごく僅かの差で2位を死守していますが、もう崖っぷち状態です。
とにかく勝つ以外ありません。
勝つ為に最善の方法を、綿密にかつ深く考えて下さい。
こんな試合運びでは巨人・中日相手に、全部負けそうな気がして嫌ですよ。(;-"-)

明日は恐らく、サイドスローの曲者・加賀でしょう。
明日以降は、しっかり頭で考えてプレーして下さい。
ボーンヘッドは、もう二度と要りませんから。
  1. 2010/09/14(火) 23:50:26|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

9月12日・125戦目 ○阪神5-0東京ヤクルト●(甲子園)

ヤ 000 000 000=0
神 200 000 21X=5
[投手]
(ヤクルト)
村中-渡辺-橋本
(阪神)
秋山
[勝ち投手]
秋山 3勝 1敗
[負け投手]
村中 10勝 8敗


得点力不足、中継ぎ投手陣崩壊による連敗地獄を救ったのは、またしても高卒ルーキーの秋山でした。
東京ドームでのプロ初登板初先発は初黒星を喫し、悔し涙を流しましたが、2度目の先発登板となった神宮でのプロ初勝利からこれで3連勝。
しかも、今日は初めて7回を投げ切り、未知の体験となる8回も9回も投げ切って、遠山育成コーチ以来、24年ぶりの高卒ルーキープロ初完投初完封勝利を達成しました。

一方、攻撃は抑え込まれた印象が薄い、スワローズ先発・村中から初回、鳥谷と新井のタイムリーで2点先制し、試合の主導権を握りました。
その後は膠着状態となりましたが、7回に秋山自らプロ初タイムリーを放ち、平野もタイムリーを放ち、2点追加しました。
更に8回、城島のタイムリー2塁打で秋山を援護し、ダメを押しました。

秋山はスワローズ打線を僅か4安打に抑えましたが、スワローズ打線が早打ちだった為、投球数は100球にも満たない、93球だったそうです。

最近は中日戦から得点力不足と、投手陣の崩壊により、引き分けを挟んで連敗した為、モヤモヤ感の抜けない試合が続いてましたが、秋山が危機を救ったので、心理的に救われました。

そして、この秋山の快挙に僕は感動して、涙が出ました。
こんな思いをしたのは、今までになかった事です。

若手の台頭を常に願っていた僕にとって、秋山もそうですが、鶴、西村、藤川俊介、上本、大和などの活躍は嬉しいですね。
勿論、次回登板でも期待したいですね。

引き分けを挟んだ連敗を3で止めたタイガースは、火曜日から最下位・横浜と戦います。
この時期の横浜は、タイガースに抵抗しやすく、注意の必要があります。
恐らく、予想される先発は、火曜日からスタンリッジ→蕭→能見だと思われます。
本来、蕭は土曜日の先発登板が予想されてましたが、メッセンジャーが水曜日の中日戦で、まさかの乱調に加え、森野への危険球退場により、投球数が少なかったので、土曜日に先発した為、初登板初先発はお流れになりました。
しかし、一度も起用しないまま、鳴尾浜へ送り返す訳にはいきませんので、水曜日の試合にてプロ初登板初先発するんじゃないかと思います。

横浜戦は現在9連勝中ですが、この時期に苦戦している為、決して侮れません。
中日も巨人も下位相手に星を落としませんから、一戦必勝で頑張って欲しいですね。

勿論、巨人と戦うヤクルト、中日と戦う広島には、頑張って貰いたいですけど。(笑)
  1. 2010/09/12(日) 18:29:37|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

9月11日・124戦目 ●阪神2-3東京ヤクルト○(甲子園)

ヤ 000 000 030=3
神 000 020 000=2
[投手]
(ヤクルト)
館山-増渕-李-松岡-林昌勇
(阪神)
メッセンジャー-藤川-久保田
[勝ち投手]
館山 9勝 6敗
[負け投手]
藤川 3勝 3敗 24S
[セーブ]
林昌勇 1勝 2敗 29S
[本塁打]
(ヤクルト)
ホワイトセル14号ツーラン


先ずは今までの試合内容に関するブログが、試合に負けた悔しさと怒りに任せて書いたあまり、とんでもない内容になってしまい、見苦しいブログになってしまった事をお詫び致します。
大変誠に申し訳ありませんでした。

最近コメントが激減した理由は間違いなく、これが原因だと思います。
重ね重ね、本当にごめんなさい。

ただ、敗因はしっかり分析させて頂きます。

今日も昨日に続き、痛い逆転負けを喫しました。
正直敗因は2つあります。
1つ目は先発のメッセンジャーから交代するピッチャーを間違えてしまった事です。
正直、球児は一週間に2イニングを3度も投げていたら、流石に疲労感は否めません。
しかも、先頭打者に四死球はマズいですし、ホワイトセルには細心の注意を払って欲しかったですね。
2つ目は、宮本のトンネルエラーで2点を先制して以降、打線がサッパリだった事です。
特に逆転された後のチャンスで、新井とブラゼルが倒れてしまったのが、痛いです。

正直、メッセンジャーがここまで好投するとは思わなかったです。
7回を僅か2安打に抑えましたから。
前回登板、水曜日の中日戦で乱調になり、しかも森野への頭部死球で危険球退場しただけに、正直信用してませんでした。(ごめんなさい。)

この一週間、打線が湿ってます。
1→1→2→4→2と低調だし、ここ4年間と同じ傾向の息切れ感は否めません。
もう、こんな歴史を繰り返すのは嫌です。
トラウマが蘇ってしまうようで、怖いです。

先週同様、過度の期待が酷過ぎる事を覚悟の上ですが、高卒ルーキー・秋山に連敗脱出を期待するしかありません。

明日は頑張って貰いましょう。
  1. 2010/09/11(土) 21:21:03|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

重大発表!

いきなりですが、個人的な重大発表をします。

今年の会社の夏休みは、どこにも出掛けられない最悪な5日間でした。
辛うじて、最終日にプールで泳いだぐらいですし。

で、何故5日間もその後の休日も部屋の大掃除に明け暮れたのかと言いますと、我が家は木造で築40年近く経っていて、建築基準法の改正や老朽化によって建て替えが必要になり、船橋市に生まれてこの方35年間、ずっと住み慣れた実家を半年間の予定で離れる事になり、その引っ越しの準備に追われていたからなんです。

但し、半年間借りる家は今の自宅から目と鼻の先だし、歩いて行ける距離らしいんですけど。

大変でしたよ。
今までこんなに沢山、僕は無駄遣いしてたのかと。(爆)
本やCDをドバッとブックオフなどに売りましたが、返って来た金額は1万円を辛うじて超えた位でした。(涙)
その10~50倍以上ものお金を無駄遣いしてた事実を、痛感せざるをえませんでした。_| ̄|○

正直、完全には細かい物がまだ片付いてません。
僕が夏休みや先週末、マリンスタジアムの観戦に出掛けられなかった理由は、これが原因なんです。(´へ`;)ハァ
勿論、今日・明日の西武ドーム初観戦も出来ません。

先月観戦した神宮は、チケットが取れたから観戦出来ましたし。

では、引き続き引っ越し準備に明け暮れます。(;x_x)
本音はどこか出掛けたいんですけど。(´へ`;)ハァ
  1. 2010/09/11(土) 09:41:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月10日・123戦目 ●阪神4-7東京ヤクルト○(甲子園)

ヤ 001 000 321=7
神 110 000 011=4
[投手]
(ヤクルト)
石川-押本-李-松岡-林昌勇
(阪神)
久保-福原-久保田-渡辺-桟原
[勝ち投手]
石川 11勝 8敗
[負け投手]
福原 1敗
[本塁打]
(ヤクルト)
飯原15号ソロ
畠山12号ソロ
(阪神)
坂2号ソロ


正直、怒りの収まらない負け方で、首位を今度は中日に明け渡してしまいました。
自らの流れを向こうへあっさり明け渡した首脳陣のアホな采配と、打線が追加点を挙げられず、スワローズ先発・石川を完全に攻略出来なかったのが敗因です。

その首脳陣が犯したアホな采配とは、6回まで僅か81球と100球にも満たないのに、勝ち頭の先発・久保をあっさり降ろして、最近好調だからと言う理由で、福原に代えた事です。
福原は畠山に同点ソロを被弾した後、スワローズ打線の猛攻を許し、結局1つもアウトを取れずKOされ、後続の久保田、渡辺、桟原にも伝染して、ドミノ倒しの如く崩壊しました。

ここで何故、球数が100球にも満たない久保を6回であっさりと降ろすのか、首脳陣の考えはちっとも理解出来ませんね。ヽ(*▼皿▼*)ノ

考えられる理由は、真弓のコメントによると、福原が最近好調だからだそうですが、その背景には久保をまた中4~5日で回す、ヘビーローテーション(AKB48かよ!!)構想が、久保(生)や真弓の頭の中にあったんじゃないかと勘ぐってしまいます。(-_-メ)

正直、もう今季限りで首脳陣は総辞職して欲しいですね!ヽ(*`皿´*)ノ
更にフロントの責任者連中も揃って辞めて欲しいですわ!ヽ(*`皿´*)ノ
更にチーム内の大リストラをして欲しいですな。
正直、何度も同じ失敗をしてる癖に前向きな城島は、野手転向した方が良いと思いますよ。(怒)
これなら、打つ方は城島が上ですけど、守りは狩野や小宮山の方が上ですもん。(○`ε´○)

それに投手陣の防御率を悪化させた久保の責任や、特定選手(三塁線トリオ)と心中させ、謎の采配をしてばかりいる真弓の責任は重いですね。(`へ´)=3

そして、攻撃陣にも3回から7回に得点を挙げられず、石川を逆に立ち直らせてしまった事も原因です。
それだけでなくとも、横浜以外に打線が爆発出来ません。
打線は所詮水物ですから、アテにし過ぎてはいけません。

中日が勝ち、巨人も勝つ最悪なパターンで、首位を今度は中日に明け渡しました。
巨人相手には何度も奪い返しましたが、中日相手には二度と、追い抜きが出来なさそうな、気がしてなりません。ii||ll_| ̄|○ll||ii
プラス思考?そんなん、こんな状況じゃ全く出来ませんわ!゜・(≧皿≦)・°・

ペナントはまだ終わってませんけど、バッテリー陣の責任者である久保と吉田は、防御率悪化の責任を取って、今季限りで辞めて欲しいですね。(;-.-)=3

※怒り心頭だったので、ブログの更新が今朝になりました。m(_ _)m
  1. 2010/09/11(土) 08:55:58|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月9日・122戦目 △阪神2-2中日△(延長12回引き分け)(甲子園)

中 100 100 000
神 001 000 001
  000=2
  000=2
[投手]
(中日)
ネルソン-高橋-浅尾-岩瀬-小林正-鈴木-清水
(阪神)
能見-渡辺-藤川-福原


首位攻防戦は5時間21分の死闘でしたが、引き分けに終わり、今季の対中日戦の勝ち越しは消えました。
この試合で対戦成績が8勝11敗2分け。
残りはナゴヤドームでの試合を3つ残してますが、仮に3つとも勝ったとしても、対戦成績は五分五分止まりになるからです。
しかも、今季のナゴヤドームでの試合は僅か1勝ですから、負け越しは濃厚だと思います。
それもこれも、中日戦に向いた采配を取らない真弓内閣が全て悪いんですけど。(怒)

この試合でも怒り満載でした。

先ずは4回に勝ち越しの原因となったアニキの守備。
荒木の放った打球を顔面で弾いて、エラーが付きましたし、攻撃でもノーヒットですから、攻守で足を引っ張りました。

次に城島。
相変わらず、中日打撃陣にバレバレの意固地・片意地リードで打たれましたし、攻撃でも併殺王ぶりを発揮。

そして新井。
攻守ともプレーが粗いし、その象徴的なプレーが延長12回2死1塁から盗塁失敗で試合終了。

最後に首脳陣。
9回を終わった時点で、控え野手を全て使い切ってしまい、続く延長10回裏1死満塁で浅井がショートライナー、飛び出していた一塁走者のブラゼルが戻ったものの、際どい判定で併殺に終わり、激高したブラゼルが一塁塁審・真鍋に猛抗議して退場になった為、投手の西村が外野の守備に就く、非常事態となってしまった事。
(真鍋め~~~~~!あれはセーフだろ!?ふざけんな、この野郎!!)
更にブラゼルの猛抗議の際に、側にいた一塁コーチャーの久慈も真弓も他の首脳陣も、退場覚悟の猛抗議に出なかった事。

更に3試合とも、決定打不足や併殺等の拙攻を連発してた事。

これだけ列記しましたが、怒り心頭ですわ。

三塁線トリオは、揃ってチームの足を引っ張るんじゃねぇよ!!
足を引っ張る位なら、揃って自らスタメン落ちを志願してみろや!!

選手一人を守れない首脳陣(和田は過去平野を守りましたけど)、もし優勝出来なかったら総辞職しやがれってんだよ!!
そもそも、お前等は危機管理が全然なさ過ぎるんだよ!!


しかし、良かった点だって、全然なかった訳じゃないんです。

先発の能見は、骨折からの復帰初戦でしたが、7回2失点とまずまずの結果でしたし、敗戦濃厚となった9回2死ランナーなしから、藤川俊介が中日の守護神・岩瀬から3塁打、続く代打・ひーやんが、ライトへの詰まった当たりのタイムリーを放ち、土壇場で同点に追いつきました。
そして、延長の3イニングを球児と福原が、ヒヤヒヤしながら無失点に抑え、タイガースの負けを消した事ですね。

西村は福岡工大城東高校時代、外野手の3ポジションを経験してたそうですが、本職は投手なので、打球が西村の所へ飛ばないか心配でしたが、首脳陣の打者の利き打ち毎に平野と守備位置を替える配慮のお陰で、守備機会が幸いにも一度もなかったですし、バッテリーが西村の所へ打球が飛ばないように配慮した配球でした。

小宮山のリードは、矢野さんを彷彿させるリードでしたね。
基本はアウトロー、球児の時は中腰に構えたりして、矢野さんが球児の良さを引き出したリードを小宮山が再現したような格好でした。
基本、初球からストライクを放らせ、同じ球種、同じコースを繰り返して投げさせる、意固地・片意地リードの城島より、少しは安心出来ました。

今日からは東京ヤクルト相手ですが、石川・館山・場合によっては中4日で村中が来ると思われます。
中でも館山と石川は強敵ですけど、絶対に勝って欲しいです。
こっちは久保、プロ初登板初先発予定の蕭、高卒ルーキーの秋山が先発すると思われます。
ただ、久保が最近不調気味なので、少し不安ですね。

なお、首位を死守したタイガースですが、今日阪神○巨人●で優勝マジック18、更に中日△or●で優勝マジック17になります。

注:試合終了時間が極端に遅かった為、ブログ更新が翌朝になりました。m(_ _)m
  1. 2010/09/10(金) 07:21:49|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

9月8日・121戦目 ●阪神1-10中日○(スカイマークスタジアム)

中 500 200 300=10
神 010 000 000=1
[投手]
(中日)
山井-小林正-鈴木
(阪神)
メッセンジャー-福原-西村-上園-桟原
[勝ち投手]
山井 7勝 4敗
[負け投手]
メッセンジャー 4勝 5敗
[本塁打]
(中日)
森野19号ツーラン
(阪神)
ブラゼル42号ソロ


正直、初回の5失点が、ズシリと重く響きましたね。
それもメッセンジャーの大乱調に、相変わらずの城島のワンパターンリード。
更に鳥谷も記録に出ないミス。

真弓監督、勝ちたいのは口だけなんですか?
勝つ為の最善の采配を、なぜやろうしないんですか?
特定選手と心中する位ですから、優勝したくないんですか。
そんな監督は要りませんし、プロ失格ですな。(`へ´)=3
今季限りの解任を要求する!ヽ(*`皿´*)ノ

城島、責任をかぶるのだけはポーズだけなんか?
相変わらず同じ失敗ばかり、やらかしてるなら、狩野や小宮山・清水・岡崎に譲って野手へ転向したら?(`へ´)=3

メッセ、今すぐ荷物とパスポート持って、神戸空港からアメリカへ帰れや!ヽ(*▼皿▼*)ノ
大乱調の上に危険球退場って、ジャン・ボーグルソンと全く同じ事をしているようでは、お前はダメ外人だな!ヽ(*`皿´*)ノ
二桁勝利したスタンリッジを見習えよ!(`へ´)=3

投手コーチの久保やい!
お前は西村をどうしたいんだよ!
見境もなしに酷使して、元巨人・條辺のように潰す気か!ヽ(*`皿´*)ノ
それだけでなく、いろんなピッチャーを魔改造したり、依怙贔屓したりしやがって…。(`へ´)=3
来年からゴルファーの双子の娘のキャディでもやってろや!ヽ(*▼皿▼*)ノ

拙攻を繰り返す打線!
ええ加減にせぇよ!(`へ´)=3
どんだけ効率の悪い攻撃を繰り返したら気が済むんや!ヽ(*`皿´*)ノ

中日戦を勝ち越す為には、残り4戦を全勝するしか方法がなくなりました。
しかも、そのうち3試合は、今年僅か1つしか勝ってないナゴヤドームでの試合…。
それもこれも、ナゴヤドームに適した采配をとらない首脳陣が全て悪いし、選手も悪いんですけど。(`へ´)=3

悔しかったら残り4つ全て勝てよ!!ヽ(*▼皿▼*)ノ

なお、このブログに関する抗議は一切受け入れませんので、あしからず。
ミスや勝てる試合を落とすなど、悪い負け方が多いので、激怒しているんですから。(;-.-)=3
昨年の観戦7連敗の事があるので、僕は鬼と化しているんですし、真弓を若手起用の面以外信用してませんから。(キリッ)
  1. 2010/09/09(木) 05:34:08|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月7日・120戦目 ○阪神1-0中日●(スカイマークスタジアム)

中 000 000 000=0
神 000 010 00X=1
[投手]
(中日)
チェン-高橋
(阪神)
スタンリッジ-藤川
[勝ち投手]
スタンリッジ 10勝 2敗
[負け投手]
チェン 11勝 10敗
[セーブ]
藤川 3勝 2敗 24S


今日から僅か半ゲーム差の2位・中日との天王山決戦を迎えました。
今から丁度5年前、今日と同じ中日とナゴヤドームで戦いました。
二度の判定トラブルに巻き込まれながらも、延長戦の末に中村豊(現二軍コーチ)のホームランで死闘を制し、これがきっかけでリーグ優勝しました。
その因縁の試合から丁度丸5年。
今日と明日は、神戸市のスカイマークスタジアムで戦います。

序盤から天王山に相応しい、投手戦による0行進でしたが、タイガースは併殺など拙攻の連続で、なかなか中日先発・チェンから先制点が奪えません。
一方、阪神先発・スタンリッジは味方の援護を待ちながら、中日打線を無失点に抑えます。

試合が動いたのは中盤の5回裏。
先頭打者のマートンが2塁打を放って出塁。
続く藤川俊介がマートンを3塁へ送って、鳥谷が犠牲フライを放ち、待望の先制点をチェンから遂に奪いました。

しかし、その後は追加点をなかなか奪えませんでした。

スタンリッジは結局7回を無失点で投げ、絶対に負けられない試合なので、8回からではありますが真弓監督は守護神・藤川球児を投入します。
球児は台風の影響から来る雨風の所為からか、不調気味でしたが、悪いなりに粘り、虎の子の1点を守って逃げ切りました。

先制点のチャンスは作れど、併殺などでチャンスを潰す拙攻の連続は不満でした。
特にダントツ併殺王の城島はまたしても併殺、更に無死満塁のチャンスでは上本が倒れ、スタンリッジが併殺。
スタンリッジは更に送りバントを失敗しているので、攻撃面ではイライラしました。

そんな試合を決めた鳥谷は、今日8月の月間MVP受賞が決まりましたが、勝負強かったですね。
チェンが完璧な出来なら、負けを覚悟しましたが、攻めて攻めて攻め続けた後での拙攻の連続だけに、ガッカリしました。

スタンリッジはこれで二桁10勝目。
今季途中から入団して二桁勝利ですし、ソフトバンク在籍時代にも二桁勝利を達成してませんので、素晴らしいです。
最初の頃は正直頼りなかったですけど、今はひたすら頭を下げるしかありません。
チームとしては、久保に次ぐ勝利数ですからね。

俗に1対0は、野球が一番面白いスコアだとされてますが、実際に見たらヒヤヒヤして寿命が縮むかもしれません。(苦笑)

明日の先発は、メッセンジャーvs山井だと予想されてます。
台風の影響による試合開催が心配ですけど、今季の中日戦を勝ち越す為に、まだまだ勝たなければならないので、明日も明後日も勝って欲しいですね。

ちなみに明日阪神が中日に勝ち、巨人が横浜に敗れると、優勝マジック18が点灯します。(阪神引き分け・巨人負けの場合はマジック19。)
  1. 2010/09/07(火) 22:54:44|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月5日・119戦目 ●広島5-11阪神○(マツダスタジアム)

神 005 200 013=11
広 000 000 500=5
[投手]
(阪神)
秋山-久保田-藤川
(広島)
斉藤-今井-チューク-大島-岸本
[勝ち投手]
秋山 2勝 1敗
[負け投手]
斉藤 3勝 5敗
[セーブ]
藤川 3勝 2敗 23S
[本塁打]
(阪神)
ブラゼル41号ツーラン
(広島)
広瀬11号スリーラン
会沢1号ツーラン


今日はチームの危機を若虎達が救いました。

先発の秋山は6回まで僅か1安打ピッチングと、3試合目の登板にして最高の出来でした。

そして、今日は2番で先発スタメン出場した藤川俊介が先制タイムリーを含む2打点。

平野が前日の死球によるスタメン落ちにより、代わりに8番・セカンドのスタメンで初出場した上本がプロ初の猛打賞と、広島県福山市出身の上本は、故郷広島で錦を飾りました。

しかし、今日の勝利でも不満はありました。

それは言うまでもなく、真弓監督と城島と新井ですね。

昨日に続いて、今日もアニキが死球で狙われました。
広島バッテリーから、何度も死球を狙われているにもかかわらず、真弓監督は抗議すら出ませんでした。(-_-メ)
これでは、チームの士気なんか上がる訳がありませんよ。┓( ̄へ ̄;)┏

そして相変わらず、意固地で片意地なリードばかり繰り返す城島。
廣瀬はインコースに強い傾向があるのに、インコースを秋山に投げさせて、ものの見事に被弾しました。
反省なら猿だって出来るのに、性懲りもなく繰り返すのだから、来年は謙虚に野村ノートに穴が空くまで読んだら、どうなんですか?
メジャーで干された理由が、これで分かったような気がしますね。
いい加減、いつまで相手に撒き餌を与え続けるつもり?(`へ´)=3

新井はチャンスに弱いし、岩本の打球をトンネルで後逸して、その後会沢にプロ初の一発を食らい、2点差まで迫られたんですから。
アニキの影響でフルイニング出場しているとは言え、こんなお粗末な内容でフルに出て貰っても嬉しくもないですね。(`へ´)=3

火曜日から2位・中日と直接対決を迎えます。
中日は巨人に3タテを食らわせて、勢いに乗ってます。
普段あまりプレーしない、オリックスの準本拠地・スカイマークスタジアムにて、火曜と水曜に戦い、木曜は甲子園で戦います。
なお、エース・吉見が、今日で出場選手登録を抹消された事により、このカードでの登板は不可能になりました。
この一番が今後を占うカードになるかもしれないので、最低限勝ち越しを狙って欲しいですね。
  1. 2010/09/05(日) 21:25:11|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

9月4日・118戦目 ○広島8-3阪神●(マツダスタジアム)

神 210 000 000=3
広 121 000 13X=8
[投手]
(阪神)
鶴-桟原-渡辺-福原-上園
(広島)
ジオ-大島-横山
[勝ち投手]
ジオ 7勝 6敗
[負け投手]
桟原 1敗
[本塁打]
(阪神)
坂1号ソロ
(広島)
ヒューバー7号スリーラン

今日も広島に敗れ、広島戦はこれで3連敗となり、2カード連続で負け越しが決まりました。
今日の試合には、不満な点がいくつもあります。

先ずは真弓監督。
広島先発のジオが、初回だけで3つも死球を与えたのにもかかわらず、真弓監督は広島ベンチにも審判にも、抗議にすら出なかった事です。
監督は選手達を守るのも仕事の一つでしょ?
正直、自分の保身に走る位なら、今年限りで辞めて頂けませんか?(-_-メ)

そして、城島。
リードは相変わらず同じ事を繰り返し、攻撃ではガンガン狙って三遊間に引っ張る癖が、併殺打の多さに繋がる。
そして同じ失敗をしているのにもかかわらず、口だけで謝って、同じ事を繰り返す。
それに加えて、暴投時のキャッチングが下手ですもん。
打つ方は城島が断然上ですけど、守備面なら昨年の狩野の方がまだまだ上ですよ。(○`ε´○)

そして、今日先発の鶴。
流石に同じ失敗を繰り返しているようでは、信用しづらくなりつつありますね。
なぜ味方の打線に援護して貰った後で、すぐさま失点するんですか?

そして、投手陣を預かるコーチの久保には、どんな事があろうと、今年限りでタイガースを辞めて頂けませんか?
先発をロクに育成出来ない上に、防御率が4点台と悪化したのは、一も二にも全てあなたの所為ですよ。(`へ´)=3

それに大荒れのジオを、なかなか攻略出来なかった攻撃陣にも、不満はあります。(○`ε´○)

明日は先発が予想される秋山には酷ですけど、絶対に負けられない戦いになりました。
中日が高い勝率のホーム・ナゴヤドームを味方につけ、巨人相手に連勝して、眼下に急接近したからです。
明日の試合の勝敗次第では、中日に首位を奪われる恐れもあります。(´へ`;)ハァ

ですから、ここは何が何でも広島に勝たなければなりません。
あと2つ勝てば、今季の広島戦の勝ち越しが決まるのに。

明日は絶対、広島に勝て!!ヽ(*`皿´*)ノ
  1. 2010/09/04(土) 22:01:18|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

矢野燿大捕手現役引退

http://hanshintigers.jp/news/topics/info_1505a.html

http://hanshintigers.jp/news/topics/info_1506.html

http://yano39.tblog.jp/?eid=257588

http://www.sanspo.com/baseball/news/100904/bsb1009040506009-n1.htm

アラフォー・カルテットの時代も、いずれいつかは終わりを告げるものだと割り切ってましたが、改めて寂しいですね。
そして、引退記者会見を見た時、僕も涙が止まりませんでした。

http://www.youtube.com/watch?v=p6hHmiMfXSk

生観戦で個人的に、記憶に残っているのが、初めて甲子園で観戦した2005年9月10日の対広島戦で、先発・大島がKOされた後に出て来た森から、3ランホームランを放ち、後でその森から頭部に死球を受け、やむなくベンチへ下げられた事と、最初で最後の広島市民球場で観戦した2008年9月6日、2番手・青木勇人から同点タイムリーを放った事ですね。

他の場面では、2003年6月17日の対横浜戦にて放った、走者一掃の逆転サヨナラタイムリー3塁打、同じ2003年9月5日にて放った、逆転サヨナラ2ランホームランですね。
そのハシャぎっぷりや、嬉しさを爆発させた事を、今でもDVDを見る度に思い出しますね。

それだけでなく、暗黒時代には、当時の横浜の守護神・佐々木に1998年7月7日(横浜がセ・リーグ優勝と日本一になった年、矢野さんの移籍元年)、唯一の黒星を付けたサヨナラタイムリー、そして2006年5月4日の巨人戦での、三塁ベースに当たるラッキーなサヨナラタイムリーなど、ここぞという場面での勝負強さや、サヨナラ勝ちには矢野さんありでしたね。

元々は1990年にドラフト2位で指名された中日の選手ですが、失礼ながら当時の印象は薄かったですね。
1998年、大豊さんと一緒に、久慈さん(後のチームメイト)・関川さんとの交換トレードで、出身地の関西へ帰って来てからの活躍が印象深いですから。

ひとまずは、20年間の現役選手生活、お疲れ様でした。
まだ、ペナントレースも、今季の阪神タイガースも終わってませんので、本当の意味でのお疲れ様は今シーズンのプロ野球の全行程が終わった時にでも。

こうなったら、何が何でも絶対に5年ぶりのリーグ優勝、四半世紀ぶり2回目の日本一を目指すしかありません。

昨日敗れましたが、これから巨人・中日・東京ヤクルトとの死闘を制し、日本シリーズも制して、矢野さんの花道を飾って欲しいです。
  1. 2010/09/04(土) 07:48:51|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月3日・117戦目 ○広島5-4阪神●(マツダスタジアム)

神 021 000 100=4
広 001 002 20X=5
[投手]
(阪神)
久保-西村-久保田-福原
(広島)
中田-今井-チューク-岸本-横山
[勝ち投手]
チューク 2勝 1S
[負け投手]
西村 7勝 3敗
[セーブ]
横山 3勝 1敗 8S
[本塁打]
(阪神)
鳥谷17号ソロ


今日の試合は先月24日、京セラドーム大阪にて行われた、広島戦のデジャヴでしたね。
勿論、先発は篠田ではなく、プロ未勝利の中田でしたけど、試合展開も先発の久保がリードを守り切れない事も、逆転負けを食らった事も全く同じでした。

いくら先発が足りないからと言って、中4日で普通ローテーションを回しますか?(;-"-)

首脳陣の頭の中身がさっぱり理解出来ません。┓( ̄へ ̄;)┏
それに西村は昨日もピンチを招いて降板し、今日も1イニングを投げ切る事なく、マウンドを久保田に譲ってます。

正直、ここまで酷使した事による、スタミナ切れなどの疲労感は否めないと思います。
この場面では、渡辺を起用して欲しかったです。

打撃陣も折角中田から3点をもぎ取りながら、追加点がなかなか奪えなかった事も敗因でしょう。
特に2番手・今井を攻略出来なかったのが全てだと思いますね。_| ̄|○

3番手・チュークからブラゼルのタイムリーで1点勝ち越しはしましたが、タイガースに僅差を逃げ切れる力は、他球団より劣ってますね。
それもこれも全て、球児へ繋げるピッチャーが、完全に固定化されてないのが原因でしょう。
最近になって、久保田にメドがつきましたが…。

明日は、先週の神宮でプロ初勝利を挙げた秋山が、中6日で先発登板すると思います。
前回の反省点(5回まで、四死球が4つ)を改善して、前回よりも長い回を投げ、試合を作って欲しいですね。
そして、打線は秋山へ援護射撃して欲しいです。
ただ、初めて踏みしめるマツダスタジアムのマウンドで、しかも蒸し暑い広島での試合ですから(出身が四国なので、慣れてるかも?)、カープ相手に負けないピッチングをして欲しいですね。
  1. 2010/09/03(金) 23:43:19|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

9月2日・116戦目 ○阪神6-3横浜●(甲子園)

横 100 100 010=3
神 010 002 30X=6
[投手]
(横浜)
加賀-真田-弥太郎
(阪神)
メッセンジャー-西村-久保田-藤川
[勝ち投手]
メッセンジャー 4勝 4敗
[負け投手]
加賀 3勝 8敗
[セーブ]
藤川 3勝 2敗 22S
[本塁打]
(横浜)
ハーパー14号ソロ


横浜戦にて現在5試合連続二桁得点中でしたが、今日は中盤まで、横浜のサイドスロー右腕・ルーキーの加賀に苦戦し、打線は前半まで、2回裏に打ったマートンのタイムリーによる1点のみに抑えられました。

一方、先発のメッセンジャーは初回にタイムリー、4回には勝ち越しホームランと、ハーパー1人にやられましたが、ベイスターズに更なる失点を許しません。

後半へ入って6回裏、前半を90球、5被安打4奪三振1与四死球と、タイガース相手に好投していた加賀へ襲い掛かり、二死2・3塁で真弓監督は藤川俊介に代打・林ちゃんを送りますが、ベイスターズベンチからの指示は敬遠。
二死満塁の場面で、メッセンジャーの代打・ひーやんを起用します。
ひーやんは目の前で林ちゃんが敬遠されて燃えたのか、2点タイムリーヒットを放ち逆転に成功し、攻略に苦戦していた加賀を、この回でマウンドから引きずり降ろしました。

続くラッキー7には、ブラゼルの犠牲フライ、アニキのタイムリーに加え、7回途中からリリーフした久保田が自らタイムリー内野安打を放ち、点差を4点へ広げました。

久保田は8回、村田にタイムリー2塁打を打たれて1点失いましたが、久しぶりにセーブのつく場面で守護神・球児へ繋げて快勝。
チーム5連勝、対横浜戦9連勝を決めました。

流石に対横浜戦6試合連続二桁得点と言うのは、虫が良過ぎましたね。(苦笑)
ただ、加賀のサイドスローから放られる、140km/h台のストレートと、スライダーに苦しめられた感がありますね。
しかも、コントロールが良いタイプで、大崩れしてませんから、決して侮れない1人だと思います。

先発・メッセンジャーに、およそ1ヶ月ぶりの白星が付きました。
ハーパー1人にやられ、2点失いはしましたが、試合を作ったと思います。

明日から広島相手ですが、前回京セラドームにて対戦した時は負け越しているので、最低限勝ち越しを狙って欲しいですね。
  1. 2010/09/02(木) 23:16:15|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月1日・115戦目 ○阪神10-3横浜●(甲子園)

横 001 000 011=3
神 420 200 20X=10
[投手]
(横浜)
藤江-江尻-弥太郎-加藤-高宮-福田
(阪神)
下柳-福原-江草-桟原
[勝ち投手]
下柳 7勝 7敗
[負け投手]
藤江 2勝 3敗
[本塁打]
(横浜)
内川8号ソロ
(阪神)
ブラゼル40号ツーラン
新井18号ツーラン


今日の試合は序盤からの猛攻撃で試合が決まりましたね。
初回、鳥谷と新井大選手(笑)がタイムリーを放ち、ブラゼルが3試合連続アーチで遂に40号へ到達し、打者9人攻撃で4点を先制して、試合を優位に進めると、続く2回にも新井大選手(笑)とブラゼルの連続タイムリー2塁打で2点を入れて、横浜の先発・藤江を2回で粉砕。
4回には2番手・江尻から新井大選手(笑)が2試合連続ホームランとなる2ランを放ちました。
今日の新井大選手(笑)は、3塁打さえ出ればサイクル安打という大活躍で、5打数5安打と大暴れでした。
打線はラッキー7にも代打・関本のタイムリー等で2点を追加した時点で、対横浜戦5試合連続二桁得点を記録しました。

タイガースの先発・下さんは3回、内川にソロアーチを浴びただけの1失点で、6回を投げて試合を作りました。
終盤横浜の反撃に遭いましたが、序盤の大量リードが効いて、これで4連勝。
今季の対横浜戦を、先週の東京ヤクルトに続いて、勝ち越しを決めました。

下さんらしい、老獪なピッチングが帰って来ました。
正直、もうダメじゃないか、年齢による衰えじゃないかと思いましたが、同じベテラン左腕・山本昌の活躍が、下さんの刺激になったのかもしれませんね。

明日も横浜相手に二桁得点で勝って、次の戦いの場・広島のマツダスタジアムへ行って頂きたいものです。
  1. 2010/09/01(水) 23:03:18|
  2. 2010年阪神タイガース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。